さっき

クリード チャンプを継ぐ男のさっきのレビュー・感想・評価

4.0
12月11日 神保町の一橋会館にて試写会にて視聴しました
ロッキーの1作目の日本公開が自分の産まれた歳で早40年
今週公開のSWより回数だけならロッキーシリーズの方が沢山観ていますので
自分の思入れの分初めから興奮で見入ってしまいました
それも最初のほうからボクシングPFP現在2位の「神の子」アンドレ ウォードが出演している豪華ぶり
世界中のボクシングファンから愛されているなと!関心しました
ちなみにリングアナウンサーもアメリカHBOの名物アナウンサー マイケル バッハーを使う豪華ぶり!
バッハーはパッキャオvs.メイウェザー戦のリングアナウンサーでもありました
素晴らしい友情出演
本作はというと病気と歳のせいで枯れていくロッキー バルボアを寂しく思いながらオールドファンにはたまらないオマージュに溢れていて
やはりスタローン = ロッキーだよね!
と思いつつみていました
途中の山場の「1日だけでいいから妻と過ごしたい」というようなセリフには
ぐっと熱いものがこみ上げてきました
タリア シャイアはコッポラ一族なんだよな〜と思いつつ1作目のエンディングのロッキーが「エイドリアン〜〜」と叫ぶシーンがよみがえりました
ただ残念たったのがいついつ流れるかと待っていた「ゴナ フライ ナウ」ローキーのテーマが流れない事でマイナス1点しました
ローキのテーマは聴きたかったな〜
ですが満足の一本でした
GGの助演男優賞のノミニーもおめでとうございます!
生きてるうちに必ず
フィラデルフィア図書館の階段を登るぞ!と思い出した「クリード」でした