クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

あ

あの感想・評価

4.0
王道スポ根だった
演技すごいな〜
いや短気すぎるだろって思ったけどそんなもんなの?
ロッキーシリーズは見た事がなく、ボクシングにも疎い自分ですが、普通に楽しめました。次作も見ようと思います。
以前、ロッキーシリーズを一挙に観てからクリードへ🥊
ロッキーの遺伝子を受け継いだ
クリード、
ロッキーもまた、彼の熱い心に
老体になった心とカラダにまた火が灯る!!日本のスポ根より質が断然いいです。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.3
まさかの続編上映に慌てて本作鑑賞。
オリジナルシリーズを凌ぐ出来栄えでは無いけど、、、
ま、こんなもんかな。。
5のことをしっかりとは表に出さないが、それを踏まえてロッキーの苦悩も観れる。認めてあげることの大事さ。
しかしあくまで辛い練習。

人として正すことも含めてコーチをしている。
なん

なんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

良いんだろうな あんまり感動出来ず悲しい…

ロッキーがパカパカ割ってる卵が今作ではちゃんと友人のための目玉焼きになってるのはよいよね
Masumi

Masumiの感想・評価

4.0
ロッキー観たことないけど...これは面白いですわー!

話の本筋と少しずれるが、愛人の息子(自分と血がつながらず、隠したい存在ではないかというような子ども)を自分の息子として愛情いっぱいに育てた母さんがすごいなと私は感心しちゃう。
金持ちだから心にも余裕あるのかしら。豪邸すぎますし。笑
Takuto

Takutoの感想・評価

3.3
Michael B.Jordanがカッコいい
Rockyもカッコいい
試合でメチャ興奮した!
miholy

miholyの感想・評価

3.5
ドクターストップや消化不良のない完全燃焼試合が熱い! 人は何故ボクシングに惹かれるかをストレートに体現した王道ストーリー。ロッキーは最初の一本しか見ていないのだが、とても楽しめた。

主人公は「偉大なチャンプの血を継ぐ」青年で、ボクシング物に多い栄光→挫折系・成り上がりハングリー魂系ではない。幼少時は庶子として苦労したものの、以降は恵まれた環境できちんとした人生を送った、いわばシンデレラボーイ。ボクシングへの絶ち難い情熱・誇りとコンプレックスをあわせ持っていて、恋人の女性共々好感が持てる。

「チャンプの血が彼を立たせる!」というアナウンサーのセリフがこの話の肝。生まれながらに特別な才能を持つ存在が、自分の運命を悟り、必然的に栄光への道を歩みだす…ってやっぱグッとくるじゃないですか! しかもあの「ロッキーのテーマ」が一瞬の雷鳴のように鳴り響くときちゃ、これが泣かずにいられましょうか。

ロッキーというかスタローンは年相応に老けてますが、それが円熟した人間の魅力になっていて、「ああこんな風に年を取るのも悪くないよね」と思わせてくれる。ロッキーシリーズがこんな新展開に繋がっていくとは、スタローン自身も予想してなかったでしょうね。
AI

AIの感想・評価

3.9
ロッキーシリーズに新たな伝説が誕生。
『お前が次のチャンプだ。
その名前に誇りを持て。』

主人公アドニスはアポロクリードの非嫡出子。
クリードの妻から育てられ、お金には何一つ不自由はないが、どこかに孤独を感じている。
またボクシングに諦めがつかず、
スクリーンに父親の試合を流し、
シャドーする姿がはじめに観客の感情を掴む。
親の七光りや"過ち"で出来た子など不遇な境遇だがロッキーとの出会いが彼を変える。
アドニスは超人なんかではなく普通の青年。だが誰よりも努力しきつい訓練を耐え抜く。
そんな彼の個性に感情移入させられる。
恋人ビアンカの名演もあり、試合シーンまでの完璧なステージが整う。
ファイトシーンは涙なしには見れない。ボクシングの良さが全面的に伝わるカット。2人の闘志が画面を越え、臨場感溢れる殴り合いに興奮を覚える。

監督は『ブラックパンサー』で一流監督の仲間入りをしたライアンクーグラー。
クリードを演じたのは同作の主演も張ったマイケル・B・ジョーダン。
若い2人のタッグがまさに奇跡を産んだ。
>|