クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと…

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

激アツ
ロッキーの意志がまた違った形で継承されたことに驚き
続編の2も楽しみ
tamai

tamaiの感想・評価

4.0
最初はアドニスに感情移入できませんでした。豪邸に住んで良い会社にも勤めてるのに、なんでボクシングにこだわるん?って。でも後々わかってきます。ファイターの血を引く者の本能的なものが。

敵役がまたいい顔してやがんの。いかにも最強っぽくて試合始まる前からすごいハラハラしました。

ストーリー展開は予想通りって感じやけど、終盤の盛り上がりはすごい。本家のスピリットちゃんと受け継いでます。
続編楽しみ
最近サボりがちな筋トレを頑張るために見た(笑)。シルベスタスタローンとのトレーニングシーンは燃える。主人公クリードの筋肉のつきかたが好きだ。12ラウンドの闘いがアツい。
Michihiro

Michihiroの感想・評価

4.2
ロッキーシリーズ全部見直して、ようやく鑑賞。すごく面白かった。ストーリー展開は、勝てそうもない相手と試合をすることになって、必死でトレーニングして、最後にいい試合をするといった王道ロッキーパターン。例の曲がかかるタイミングが抜群で、不覚にも泣いてしまった。クリード2が楽しみ。
なんだろう、展開に何も期待しないのに、やっぱり、最後、感動してしまう。最高の定番映画。
Ryuku

Ryukuの感想・評価

4.9
あらゆる葛藤、批難、過去、生まれ、自分と戦うことをボクシングを通して表現されている。ボクシング映画だけど全ての人に向けられた作品。
あつい〜あつすぎる〜腕立て伏せせずにはいられなかった。片手ではできなかった。
映画JP

映画JPの感想・評価

4.0
原点回帰のロッキーシリーズ。アポロの血を継ぐ隠し子。ロッキーがまたセコンドに立つ姿は勇ましい。
Usamaru

Usamaruの感想・評価

4.2
公開前、ロッキーシリーズが「ロッキー・ザ・ファイナル」で終わりだと思っていただけに、さらに新作が作られ、しかもそれがアポロの息子の物語になると知ったときは、「さすがにもうそこまでせんでも…」と感じたのが正直なところでした。


しかし実際はとても良かった!!

随所随所に過去のロッキー作品を想起させる場面があったり、アドニスの中に父、アポロの片鱗を見ることができたりと、シリーズを何度も観てきた私にとってはグッとくる熱い作品でした( ゚∀゚)
ボクシング映画としてストーリーが
ベタ過ぎる点も過去の作品への
リスペクトを感じられる。
マイケル・B・ジョーダンに
持ってかれた女性も多いのではないでしょうか。笑
ラストシーンであの音楽が流れた瞬間は
鳥肌。
他にも計算し尽くされた点が多くあり、
どれも繊細で素晴らしい。
>|