クリード チャンプを継ぐ男の作品情報・感想・評価

クリード チャンプを継ぐ男2015年製作の映画)

Creed

上映日:2015年12月23日

製作国:

上映時間:137分

4.0

あらすじ

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと…

永遠の名作『ロッキー』を正統に継ぐ、新たな感動ストーリー。アドニス・ジョンソン(ジョーダン)は、世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだった父アポロ・クリードのことを何も知らない。彼が生まれる前に死んでしまったからだ。それでも、アドニスは明らかに父の才能が受け継がれている。そして彼は、父の伝説的な戦いの地フィラデルフィアへ向かう。そこで亡き父は、タフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げたのだ。フィラデルフィアへ着いたアドニスは、そのロッキー(スタローン)を捜し出し、トレーナーになってくれと頼む。ボクシングからは完全に手を引いたと断りつつも、ロッキーは、かつての宿敵であり、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見いだす。そしてロッキーはトレーナーを引き受け、若いボクサーを鍛え始める。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。

「クリード チャンプを継ぐ男」に投稿された感想・評価

亡き父親のアポロ・クリードが、どんなハートを持った男だったかをもう少し伝えて欲しかったです。
赤足

赤足の感想・評価

3.7
ロッキーのライバルであったアポロ・クリードの息子のアドニスのトレナーにロッキーがつき新たなロッキー伝説が始動。

老いたロッキーだが、言葉には重みが増してかつてチャンプであった存在感なども健在かと思われたが、寄る年波には勝てぬと病気に倒れ諦めようとした際、アドニスがロッキーを父のようにしたい一緒に闘おうといったシーンは印象的でアドニスも父アポロの悩みや過去の葛藤と闘う時などロッキーの助言等が彼を助け成長する姿は若き日のロッキーを見てるかのようであった。流れ的にロッキーセオリーはあり少し退屈になるかと思うが、最後の試合は本当に熱くなり、アポロの名をそしてロッキーの魂を受け継ぐ男を見る事になるだろう。
HaDoSon

HaDoSonの感想・評価

3.3
主人公ドニーが伝説のボクサーロッキーの指導の元、不敗のチャンピオンリッキーに立ち向かう物語。

過去のロッキー作品未鑑賞でも俺は楽しめました。純粋にボクシングのシーンでは男なら熱くなれるものがあり興奮しました。ただ心情面をもっと丁寧に描いてほしかった。。 https://t.co/dlCOrwSbhf
MMR

MMRの感想・評価

3.8
レビュー点数を参考に見てみたが、、、

ファイトシーンはかなり迫力があった。

一方でドラマとしての掘り下げがもう一つ。ストーリーも単調でヒネリもないと感じた。
Tomoki

Tomokiの感想・評価

3.9
意外と良かったぞ!
さすがスタローン!

番外編としては100点!
正式な続編みたいな気で見なけりゃ中々の良作!

『俺は過去の過ちじゃない』ってとこは涙がウルウルしたのは紛れもない事実です。はい

若干の主人公、ご都合主義はご愛嬌次ことでお許しくださいくださいませ
chinatty

chinattyの感想・評価

4.5

ドニーに引き込まれた

迫力と熱に負けそうになるくらいアツくて
でも優しい すごく いい 映画だった
スポーツでよく言われる、敵は鏡に映る睨みをきかす奴、つまり本当の敵は自分自身であるということが、ボクシング/親の七光り/恋愛など様々な側面から感じられた作品。
また本当の敵と戦うためには
・メンター(ロッキー)
・ライバル
・心の支え(彼女)
が有効的であった。
ロッキーシリーズを見たことはなく、サラーっとストーリーだけ知ってる程度ですが、、、
とても熱くリアルなファイトシーンは興奮しました...!
some57

some57の感想・評価

-
ロッキーシリーズからのこれ。過去の作品を知ってなくても観れる
Han

Hanの感想・評価

4.0
ファイトシーンが非常にいい。迫力があり、盛り上がる

ボクシング・スポ根・アメリカンドリーム物にありえそうな展開がこれでもかと詰まっていて、飽きない。ただその分個々のエピソードの掘り下げが少し甘く、全体的に主人公の成長やロッキーとの心の交流、ヒロインとの接近などが駆け足気味なのが少し残念。

全体的には非常によくまとまっていて、楽しめる
>|