Oliver

ぼくとアールと彼女のさよならのOliverのレビュー・感想・評価

3.8
結末が最初から分かっているのに、悲しいというよりも心が温かくなる青春映画。

普通だったら、恋に落ちてしまうようなグレッグとレイチェルが最後まで熱い友情という確固たる絆で結ばれてるところがまたこの映画のいいところ。そこに、親友のアールがジョインしていい味出してる。3人でアイス食べてるシーンとかまさに青春。

レイチェルのために撮り残した映画のあとに、レイチェルがグレッグに残してくれた大切な手紙が出てきたときはさすがにグッと来た。