ヤックル

ラスト・ナイツのヤックルのレビュー・感想・評価

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)
3.0
紀里谷監督の映画は今まで観たことなくて、これが初の紀里谷作品。なので紀里谷監督の持ち味とか全然わかりません。
っていう前提での感想となります。

結論から言うと、つまらんと切って捨てるほどの映画でもないけど、これと言って面白いわけでもない映画って感じでした。
まずストーリーについて。
何も情報も入れずに観たけど、これ忠臣蔵だねって思ったくらい忠臣蔵したストーリーで、驚きはない分、安心して観ていられる感じ。
だけど、セリフ回しがずいぶんと説明っぽく、どこか邦画を観ているような気分になってしまいました。

ビジュアルの方はと言うと、彩度の低く全体的に冷たい画と美術レベルの高さで、中世のヨーロッパらしさが出てて雰囲気はあったと思います。
うん、まあでもそれくらいです。このビジュアルすごい!っては正直感じませんでした。
(と言うかビジュアルのインパクトなら『CASSHERN』のポスターの方がインパクトあるよなぁって思います。)