ラスト・ナイツの作品情報・感想・評価

ラスト・ナイツ2015年製作の映画)

The Last Knights

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:115分

3.3

あらすじ

戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に取って変わろうとしていた封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣への不正な賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、反逆罪に問われ、最も残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は、武士の掟…

戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に取って変わろうとしていた封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣への不正な賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、反逆罪に問われ、最も残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は、武士の掟を全うし、自身亡き後の一族を守れと諭す。ライデンは震える手で主君の首を落とした。 一年後。気高い騎士達は、その日が来るまで刀を捨て、身分を隠していた。隊長であるライデンは酒浸りの日々を過ごし、宿敵の目を欺く。すべては、忠誠を誓った主君バルトーク卿の仇を討ち、堕落し、不正がはびこる権力への報復のために。死を覚悟し挑む、気高い騎士達の戦いが今、はじまる。

「ラスト・ナイツ」に投稿された感想・評価

会話シーンが単調に続いて戦いまでがかなり長い。途中で何度も見せ場を作ればよかったのに。
創

創の感想・評価

3.0
ものすごく申し訳ないと思いつつ、案外物語として見れてしまって物足りない。

もっとなんかこう…
キャシャーンみたいな、ごめんなさい伝えたいこと収まらなかったわ!とか、
ゴエモンみたいな、こだわり過ぎて見難くてごめんね!とか、
両者に通じる物語としては破綻している描きたい事、見せたい事の詰め込み過ぎ感とか、

そういうの一切無い、
落ち着いた美しい色と絵と、わりと整理された物語で、なんだか普通。

振り切ったものが好きなのよ

すごい美しさ
すごい詰め込み感
すごい訳わからない
すごい疲れるけどなんか惹かれる

みたいな。

人間、好きな人のためには頑張れるよね。
例えそれが恋愛感情じゃなくても、好きという気持ちがあればなんだってできるよ。
忠臣蔵ですね

映像も美術もすごい良い
でもなんかカメラワークが微妙
殺陣も微妙

ストーリーはヨーロピアン忠臣蔵でいい感じ
しゃる

しゃるの感想・評価

4.8
予備知識ゼロで観始めて
衣装・小道具・景観やたらと好みで
なにこれ大好きなんだけど!って思ってたら紀里谷さんだったのね。
なるほど納得。
彼の映像センス、どストライクだからね!

内容は、序盤で「忠臣蔵」やん。て、すぐわかったけど、かなり忠実で
馴染みも思い入れもあるお話しだけど
一切不快感なく観れた。

わりと酷評だったみたいだけど
アタシは、おもしろかったし
かっこよかったし、満足!

やっぱ紀里谷作品好きだわーって
再確認した。
momoji

momojiの感想・評価

2.2
良い作品だった。しかし、稼げないと感じた。
きりや監督、大金積まれて自分が作りたかったもの作った感がある。
私が外人でこの人が監督だって出資したなら、GOEMONくらい弾けたやつ見たいよな。
キョン

キョンの感想・評価

3.0
モデル忠臣蔵だよねー
うん。
なんか色々格好良かったけど、やっぱり紀里谷作品は五右衛門だなー
ベン

ベンの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

忠臣蔵であることは確かだが、クライブオーウェン主演のキングアーサーを知る人は、あのキングアーサーに通づるメンバー構成であり、空気感である事に気付くであろう!

また、終わってみればチェスの段階で既に伏線が貼られ、終わってみれば全てライデンの掌で転がる皇帝と大臣...
こちらでいう武士道を騎士道ととらえ、リメイクというにふさわしいクオリティで描かれた忠臣蔵。
世界観と雪と青味がかった画がなんとも綺麗、大臣のクソムカつく演技も良かったです。
戦いまでが長い長い
2時間ない映画なのに疲れてたから2回休憩挟んだ
カルト映画「キャシャーン」の紀里谷和明だからぶっ飛んだ映画を想像したが地味すぎる
殺陣はハリウッド映画としてはかなり頑張ってるただ内容がつまらない
だってラスト30分にしてようやくちゃんとした殺陣が観れるしそこに行き着くまでが長い!つまらない!中盤に見せ場を挟んで欲しかった!「ランブルファイト」かよ!


殺陣だけは良かった
しま

しまの感想・評価

-
何も知らずに観始めたので、
序盤で忠臣蔵っぽいねえ…
あれ、これ忠臣蔵じゃね?
やっぱ忠臣蔵だよね…
あの人日本人ぽいね。見たことある俳優だ
最後で日本人監督かよ!
という感じでした

外国の忠臣蔵というと47RONINという恐ろしい映画が蘇ってくるけど、これは随分忠実な感じ。
クライブ・オーエンの顔の大きさも大石内蔵助っぽさを感じる

なんちゃって感はあるけど忠臣蔵好きな私には十分な面白さだったし
伊原剛志かっこよかったし
外国で作るのに精一杯の忠義だったんじゃないかなあ
>|