ラスト・ナイツの作品情報・感想・評価

ラスト・ナイツ2015年製作の映画)

The Last Knights

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:115分

3.3

あらすじ

戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に取って変わろうとしていた封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣への不正な賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、反逆罪に問われ、最も残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は、武士の掟…

戦士の時代は終わりを迎え、よこしまな政治が栄誉に取って変わろうとしていた封建的な帝国。権力欲に取り憑かれた非道な大臣への不正な賄賂を堂々と断り、刀を向けたバルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、反逆罪に問われ、最も残忍な処刑による死罪を勧告される。それは、愛弟子であり、自身の後継者として信頼するライデン(クライヴ・オーウェン)による斬首。絶対に出来ないと断るライデンに対しバルトーク卿は、武士の掟を全うし、自身亡き後の一族を守れと諭す。ライデンは震える手で主君の首を落とした。 一年後。気高い騎士達は、その日が来るまで刀を捨て、身分を隠していた。隊長であるライデンは酒浸りの日々を過ごし、宿敵の目を欺く。すべては、忠誠を誓った主君バルトーク卿の仇を討ち、堕落し、不正がはびこる権力への報復のために。死を覚悟し挑む、気高い騎士達の戦いが今、はじまる。

「ラスト・ナイツ」に投稿された感想・評価

見飽きた感のある忠臣蔵ストーリーだけど、ハリウッド版となると…これ日本人じゃなくても好きだよねっ特に男性には!w
モーガンフリーマン鉄板w
伊原剛志かっこよし‼️
忠臣蔵を基とした主君の仇討の話し。忠義を尽くして、復讐を果たす。
ファンタジー要素もあり、好きな人は好きかも。
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.0
「英雄気取りか。」

ほとんどセリフがない。
しばらくセリフがないシーンが続くと次の一言についつい期待してしまう。

こうじゃない感がすごい。
あえてCG抑えたのかな?迫力に欠ける。

でも相変わらず画ヅラは綺麗。
santasan

santasanの感想・評価

3.4
忠臣蔵のプロットを中世の騎士道に上手く置き換えたと思う。時を待って主君の仇を撃つ忠臣蔵は日本人にとって感情移入しやすいストーリーだが、ハリウッドではこの忠誠心を重んじる武士道(騎士道)精神をどう捉えたんだろうか。中世ものによく使われるゴシック調のダークな色彩は美しく、日本人である紀里谷監督ならではの忍者っぽいアクションなど映像的にも面白かった。
masayama

masayamaの感想・評価

3.0
ちょっと忍者入っとるよね。
騎士というか。

全体的にグレイッシュな画で、
紀里谷節だなー。

ノリは47人。
たぶん意識というか、オマージュなんじゃないかな。

昼行灯だし。

完全に洋画だとは知らんかった。

俺の名はぁぁぁぁぁあ!!!!

掟ポルシェ似とるよね。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
西洋版SAMURAI!!
と思ってレビュー見たら忠臣蔵と書いてあってなるほど納得。フィクションの世界線なのにあまり説明なくても入り込めたから、時代劇の感覚で見れたのかな。
最初の話のイメージからもっと政治的な感じかと思ったら、見た目かっこいい上に、男の生き様を見せてもらって満足。
紀里谷さんは極彩色のイメージが強かったから、モノクロっぽい映像が新鮮だった。ただ見にくいとかいうことはなかったから、差し色?の赤とかが綺麗に映えてたなあ。
伊原さんかっこよすぎです。
忠義とか師弟とか継承とかいつの時代も見ていてグッとくるものがあるなあ。
kouichi

kouichiの感想・評価

3.8
赤穂浪士のリメイクみたいな感じですかね。

この作品の封切り当時、評論家に駄作だと紀里監督がこけ下ろされていたのをみて、観賞せずにいましたが、いやいや普通に面白い!!

赤穂浪士も映画やテレビで何作も作られてきましたが、架空の中世ヨーロッパに舞台を変えうまく作ってあったと思います。
take

takeの感想・評価

3.2
数年前に見たのを思い出して記録。
日本人には馴染み深い忠臣蔵。
これを無国籍と言うか世界の忠臣蔵として監督は出演者の方々の顔ぶれを多くの国の方々で創り上げてた。
日本の忠臣蔵の刀の殺陣(←コレ大好き)とはまた違うカンカンとテンポよい剣術的殺陣なのもカッコイイ感じだった。
チェコで撮影されたという城はしんしんと降る雪により墨絵のようで美しかった。
高潔な君主と騎士の絆に、何の為に生きるのか…本当に大切な物は何なのかと思うことができる作品だった
「名誉を傷つけるのは己だけだ」

『デビューわずか3秒で解散⁉︎大江戸アイドルAKU48銃刀法違反で深夜の一斉検挙‼︎』
( かわや版1703年 07/21 より抜粋 )

↓あらすじ
動乱の時代が終わった平和な時代。皇帝が治める都では悪の宰相が賄賂政治を行い腐敗していた。諸侯の1人バルトーク卿は騎士道精神に生きる古風な武人だった。宰相から上洛するよう命じられる。都に着くと卿は宰相から賄賂をよこすよう強いられる。不正を良しとしない卿はこれを拒絶、逆上した宰相に殴りつけられて応戦、乱心騒ぎになり、裁判にかけられ死罪を課せられる。卿の治める領地は取り上げられ家臣領民は露頭に迷う。卿に絶対の忠誠を誓うライデン隊長は酒に溺れる堕落した日々を送り、主から頂戴した宝刀さえも質に入れるまで落ちぶれる。家臣の敵討ちを恐れる宰相は隊長の素行に安堵するが都では旧臣たちが仇討ち計画を練っており…

・概要
キアヌ・リーブス(現在はグループを脱退しジョン・ウィック名義でソロ活動中)を筆頭とする伝説のニンジャ・アイドル・グループ『42RONIN』に対抗するために結成されたはいいが、肝心のデビュー当日に銃刀法違反でメンバー全員が逮捕されてしまい、ついに陽の目を見ることがなかった悲運の伝説の大江戸アイドル・グループ『AKU48』の知られざる秘話を明かすドキュメンタリー超大作‼︎所詮数で対決しても質が良くないと意味が無いのだ…歴史は繰り返すとはこのことか…浪人42集団の如き既視感満載のトンデモ和洋折衷チャンバラ・バラエティまたまた開演。騎士道精神と武士道精神をミックスさせた得体の知れない世界観は賛否両論だろう。颯爽とマントをなびかせ「Yeahhh〜‼︎」と妙竹林なイントネーションでカタナを振り回す西洋人のチャンバラが観たい篤信な方には「ヤッチマイナ〜‼︎」と素直に言いたいが世界観に拒絶反応を起こす方にはオススメ出来ない。特に刀さばきが凄いものでもないし、外国人特有の誤ったトンデモ日本観で笑わせてくることもないし、西洋風にアレンジした王道の勧善懲悪時代劇という感じで捻りもない。得体の知れない違和感に終始まとわりつかれた。

・AKU48
今作が赤穂浪士が下書きになっていることは何となく察することが出来る。武士を騎士に置き換えてアレンジする面白い試みだと思ったが、その国の伝統的な作品をよその国の人間が演ずるのはハードルが高い。例えばジェームズ・ボンドを日本人が演じると非難が殺到するかも知れない。逆に水戸黄門をアメリカ人が演じると違和感しかないだろう。そのまま人間だけ入れ替えてアレンジするなら無理があるだろう。もう少し捻る…例えば七人の侍に対する荒野の七人とか刑事コロンボに対する古畑任三郎みたいな具合に。捻りがあれば成功する例もある。今作はあまりアレンジがうまく行っていない気がする。主君が無念の死を遂げ、家臣が殉死を考える場面があるが西洋には殉死の風習があったかな。あまり騎士道精神に詳しくないので、的外れな言いがかりだが、騎士の忠誠心、正義がやけに強調されていてしっくりこなかった。武士道精神と騎士道精神は共通する部分はあるだろうけど似て非になるものではないか、無理に武士道精神に寄せる必要は無いし、そこは騎士道精神の独自性を描くべきでは無いか。西洋人がブシロード・スピリッツを語る様子には違和感を感じざるを得なかった。騎士の魂である刀も捻りが無い。日本刀から鍔を外しただけの代物でニンジャ・ソードとしか見えなかった。どうせなら鎧を着て騎士らしく決闘をするようにしたら実物なのに。西洋人が武士(というかニンジャ)の格好をさせられてチャンバラをしている風にしか見え無くて残念だった。キル・ビルをミナライナ〜‼︎
aya

ayaの感想・評価

4.0
面白かった!中世の映画は好きです🤗途中、ライデンの様子にはイライラしたけどやはりそういう事か!と。
最後はちょっと悲しい💧映像も綺麗で素敵でした。
>|