のん

靴職人と魔法のミシンののんのレビュー・感想・評価

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)
2.9
代々続いている靴屋の主人公に起こるファンタジックな物語だと思っていたら、ちょっと意外な感じだった。
魔法に気付いてからの、やんちゃな大暴れな展開や人助けやらはお約束でよかったけど、事件的なものは、それやっちゃうの!?大丈夫なの!?と。
そして、あれ結局どうなったのかなとなんとなくモヤモヤしているまま、終わりに向かうんだけど、あれならないほうが良かったと思うようなラストだった。ラスト5〜10分くらいの展開がもう少し違ったら、と思ってしまった。結局見終えてモヤモヤした!惜しいなぁ。

2015-171