かずシネマ

息ができないのかずシネマのレビュー・感想・評価

息ができない(2015年製作の映画)
3.6
サンドアニメ。
「息ができない」心理状態がよく表現されていた。
他人からの視線って案外思い込みだったりもする。自分の後ろめたい気持ちや罪悪感があるから必要以上に気になる。

ショートフィルムの「野獣」の感想とも似ているのだけど、万能感からか実際とても危ない遊び方をするよね、子供って。
「危ない」の程度の差はあっても、誰でも。躾云々は関係なく。
最後も傘で遊んでいるあたりが「子供」だと感じた。