きぬきぬ

ハーモニーのきぬきぬのレビュー・感想・評価

ハーモニー(2015年製作の映画)
4.0
社会に管理される前の思春期の少女たちの自我、意識、感性の豊かさ、これらは成人すると幸福のバランスを保つ為に失われ、型にはめられてしまうことを子どもたちは恐れ絶望する。
意識を持たない自我喪失の中には合理的な幸福があっても、それは死とどれ程違うのか、その状態で生きる意味はあるのか。
自我を意識を抱き続ける少女たちは、思春期のままにエゴイスティック。悲劇性を持つ異端分子が管理社会という調和の中に投げ込まれ、変調を来す。昇華であり破滅である残酷だが美しい物語。
伊藤計劃氏がこの作品を、どのような状態で書いたかと思うと余計に痛みが増す。

原作未読の方にも解るようモノロ-グや対話場面が説明的に多くなるのは仕方がないと思える。原作を知る方程、不満はあるだろう。これは一番映像化が難しい作品ではなかろうかと思う。だが、作画の美しさも世界観の構築も原作の魅力を損なっていないし、個人的にはとても素晴らしく、震えた。