westtribe

シネマの天使のwesttribeのレビュー・感想・評価

シネマの天使(2015年製作の映画)
3.3
これまで見た本郷奏多は、
・ドラマ「なぞの転校生」→感情の見えない不思議系の役
・ドラマ「弱くても勝てます」→かなりクセのある自意識過剰キャラ
・映画「進撃の巨人」→ありえない世界観の中で、極めて知的かつ常識人
と、とにかく周囲に比べて異彩を放つキャラでした。
今作で初めて「フツーの青年」を演じているのを観ました。

その素朴な演技は決して悪くなかったのですが、
彼が演じた役って、この映画にホントに必要だったのかな、と。
最後の「決心」と、ヒロインとの恋愛要素を除いては、
彼の葛藤と大黒座閉館との関連性はあまりなかったような。
恋愛要素も、最初と最後以外はあまり物語に絡まないし。
恐らく初めて観る藤原令子がなかなかいい感じだっただけに惜しい。

脚本が、「お仕事モノ」と「ファンタジー」の、
どっちつかずになってしまったような気がする。
お仕事モノなら、映画館の仕事のやりがいと苦労を、
セリフではなくエピソードで語ってほしかったし、
本郷奏多も「書いても書いてもデビューできない」的な役で観たかった。
ファンタジーなら、「天使」だけでなく、「仙人」「アシスタント」をもっと描いてほしかった。

でも、開かずの間のシーンは「わー」っとなりました。
残された帽子と鍵、天使自身も「オペラ座の怪人」を意識していたのかな?
ミッキー・カーチスのひょうひょうとした雰囲気が、役にぴったりでした。