AIRI

グレン・ミラー物語のAIRIのレビュー・感想・評価

グレン・ミラー物語(1954年製作の映画)
4.0
やっぱスウィングジャズは格好いい。誰もが1度は耳にしたことはあるグレンミラーの名曲たちは全て愛妻への想いを表現したものだったと思うと、非常に奥深く愛に溢れて胸が満たされた。結婚までの流れはあり得ないぐらいトントン拍子で進んだが、妻はどんな時も夫の夢を信じて支え続け、夫はそれに見事に答えて妻への愛を自分のサウンドにしていく。その実に円満な夫婦像から、この2人は結ばれるべくして結ばれたのだと確信した。そんなグレンミラーのサウンドは時代を超えて受け継がれ、今でも尚多くの人々の心を躍らせ楽しませてくれてることに改めて感動した。
「ムーンライトセレナーデ」と「チャタヌガチューチュー」が好き。家にグレンミラーのアルバムがあるらしいからとりあえず一通り聴こうと思う。