アタラクシアの猫

ディセンダントのアタラクシアの猫のレビュー・感想・評価

ディセンダント(2015年製作の映画)
3.8
Dlife。
ディズニーの悪役(ヴィランズ)の子供達の学園ミュージカル。

美女と野獣の王様が統治するオラドン合衆国。悪のヴィランズ達は魔法の使えないロスト島に閉じ込められていた。
ベン王子の提案でロスト島の子供達をオラドン高校に招待する事に。
ロスト島から留学生に選ばれたのは…
“眠れる森”マレフィセントの娘マル。
“白雪姫”イーヴィルクインの娘イヴィ。
“101匹”クルエラの子、カルロス。
“アラジン”ジャファーの子ジェイ。

邪悪な親は、子供達に託す。
フェアリー・ゴッド・マザー(シンデレラの『ビビデバビデブー』の魔法使い)の魔法の杖を奪ってくる事。
その杖で、世界を征服する!

歴史博物館に有った杖は、魔法で一歩も近づけない。
魔法の杖は、王子の戴冠式に使用されると聞いたマル達。
彼らは戴冠式の最前列に並ぶ為に、惚れ薬を作り始めるのだが…。

マレフィセントの娘マル(ダヴ・キャメロン)の魅力が爆発してる。
ダヴ・キャメロンは、ホームコメディ「うわさのツインズ~リヴとマディ~」で活躍中の、注目の若手コメディエンヌ。
とっても表情が豊か。
今後のダヴ・キャメロンに期待。