KUBO

フェリーニに恋してのKUBOのレビュー・感想・評価

フェリーニに恋して(2016年製作の映画)
3.6
3月3本目の試写会は「フェリーニに恋して」。上映前に「フェリーニを見てなくても楽しめます」って言ってたけど、見ていた方が絶対に楽しめる!

20歳になるまで箱入り娘のように育てられたルーシーが、ひょんなことからハマったフェディリコ・フェリーニに会うために、イタリアまで行っちゃうお話し。

ひとりイタリアの街に迷い込んだルーシーの前に「不思議の国のアリス」の白ウサギよろしく現れるのは「道」のザンパノ。ルーシーは差し詰めジェルソミーナだろう。「道」のアイコンとも言うべき三輪オートも登場してルーシーを運ぶ。

パーティでルーシーが出会う映画監督はグイド(「8 1/2」)。終盤に迷い込む仮面舞踏会は「カサノバ」か?

元々、現実と幻想とが交差するフェリーニの作風を、ルーシーがフェリーニ作品の中に迷い込んだ様にに置き換える、オシャレで粋な演出。フェリーニの映画を見ていれば見ているほど楽しめる。

脚本家ナンシー・カートライトが若い頃にフェリーニ作品と出会ったエピソードを元に映画化された、(ほぼ)実話。