KUBOさんの映画レビュー・感想・評価

KUBO

KUBO

「素敵な映画との出会いは人生を豊かにしてくれる」と思っています。

2014年 東京国際映画祭WOWOW賞選考委員
2013年 日本アカデミー賞協会特別会員
その他、ぴあフィルムフェスティバル、TAMA NEW WAVE、池袋みらい映画祭などの各映画祭審査員、シネマコメンテーターとして活動

映画(2420)
ドラマ(4)

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.6

4月6本目の試写会は、ガス・ヴァン・サント監督作品「ドント・ウォーリー」。(原題:Don’t worry, he won’t get far on foot.)

飲酒運転からの交通事故で半身不随とな
>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

3.0

4月5本目の試写会は、水谷豊監督作品「轢き逃げ」完成披露試写会。

良い意味で素人臭い映画だった。

ポスターのイメージで轢き逃げを起こした方と被害者家族とのヒューマンドラマかと思い込んで見ていたら、
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

4.0

今回のコナン、ミステリーとアクションのバランスが上手く取れていて、シリーズ最高傑作じゃない?

前回は安室人気で大ヒットだったけど、公安がらみの話がディープ過ぎて子供はついてこれなかったはず。今回はキ
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.3

これ、おしい映画だなぁ。このストーリーならもっとおもしろく作れただろうに。

予告編の雰囲気よりまじめにドラマしてるんで、それほどゲラゲラ笑えない。最近は「超高速!参勤交代」とか、かなり振り切れた邦画
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

一昨年話題になっていた作品をWOWOWの放送でやっと鑑賞。

美しい。徹底的に美しい映画だった。

北イタリアの田舎町の草木の緑。あえて補色や、原色の対比を強調した色彩。

印象的なテーマが繰り返し使
>>続きを読む

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

3.6

泣ける映画なんだと思う。

柔道の韓国代表と期待されていたドゥヨン(弟)が試合中の事故で失明してしまう。刑務所に服役中だった兄ドゥシクは、弟の面倒を見なければと口八丁で仮釈放を得る。

最初のうちは身
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

「シャザーム!」おもしろかった〜!

4月4本目の試写会は、DC最新作「シャザム!」。

予告編から期待する通りの、ユーモアいっぱいのスーパーヒーロー映画だった!

DCは「バットマン VS スーパー
>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

3.8

4月3本目の試写会は「僕たちのラストステージ」。

ほぼノーチェックだったのだが、思いのほか良い映画で、とてもホッコリした気持ちになった。

「ローレル&ハーディ」という1930年代〜50年代に活躍し
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.7

ある程度知っているつもりだったけど、知らないことってあるな〜。イラク戦争はブッシュが起こしたと思ってたけど、副大統領のチェイニーの陰謀だったなんて、またまた映画で勉強しました。

9.11以降、アメリ
>>続きを読む

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

3.0

この映画、「麻雀放浪記」の名を冠していていいのだろうか? 白石和彌が園子温になったみたいだ。どこからどこまで素人臭い。その上、それほどの熱量も感じない。最初に「それを言っちゃあお終いよ」的なことを言え>>続きを読む

ゴジラ対メカゴジラ(1974年製作の映画)

3.2

一昨年大ヒットした『シン・ゴジラ』も記憶に新しいが、長〜い歴史の中で、沖縄を舞台にしたゴジラ作品がある。『ゴジラ対メカゴジラ』だ。

本作が作られたのは1974年。沖縄本土復帰(1972)から2年後、
>>続きを読む

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影(2017年製作の映画)

2.8

シャア?

サザビーかと思ったらザク3?

「引き金を引けない奴は戦場に送るわけにはいかない。操縦技術は一級品だが残念だよ」

? 「永遠の0」のパクリか?

ファーストガンダムや「逆襲のシャア」との
>>続きを読む

麻雀放浪記(1984年製作の映画)

4.0

「2020」鑑賞前に旧作を鑑賞。実はこれが初見。当時は働き始めた頃で、映画なんて見てる時間なかったからな〜。

おもしろかった。おもしろかったけど、共感は全くできない世界。

戦後、GHQ管理下の東京
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.7

4月2本目の試写会はジェラルド・バトラー主演「ハンターキラー 潜行せよ」。

この人の出演映画は、いつも難しいことは何も考えずに楽しめる安心マーク付き!

今回は潜水艦の艦長。ロシア近海で米潜水艦が突
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

4.0

4月最初の試写会は「ザ・プレイス 運命の交差点」。

これは、おもしろかった〜! マジで大穴です!

カフェの一番奥のテーブルにいつも静かに座っている男。男の元には入れ替わり立ち替わり願いを叶えたい男
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.0

おもしろかった! こんなにおもしろい映画が一昨年の作品で、今まで公開がされていなかったことにびっくり! こういう真面目な作品はアカデミー賞に引っかからないと配給つかないのかな?

原題の「SHOCK
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.5

ティム・バートンが「ダンボ」を撮ると聞いたとき、どんな「ダンボ」になるんだろう(?)、純粋に子ども向けに撮るんだったらティム・バートンにやらせる意味あるの(?)、という期待(20%)と不安(80%)の>>続きを読む

殺人鬼を飼う女(2019年製作の映画)

3.6

3月10本目の試写会は、中田秀夫監督最新作「殺人鬼を飼う女」完成披露試写会。

KADOKAWA「リミッターを外せ! ハイテンション・ムービー・プロジェクト」。監督にR指定など気にせずに、やりたいよう
>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.0

3月9本目の試写会は、ドイツ映画「希望の灯り」。

深夜のウォルマートみたいな大型マーケットで「美しき青きドナウ」に乗せて整然と動きまくるフォークリフト。「2001年宇宙の旅」を意識してる?

これ、
>>続きを読む

JK☆ROCK(2019年製作の映画)

3.6

3月8本目の試写会は「JK☆ROCK」。

「JK☆ROCK」なんてタイトルだから、チャラい映画かと思っていたら、ラストでは感動してた! 熱い映画でした。

冒頭、主役の桜役のチヒロの個性に圧倒される
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

おー、いきなり「風と共に去りぬ」だ〜!
南北戦争の終わりを「風と共に去りぬ」のワンシーンから始めるセンス! 皮肉なんだろうけどね。

そうそう「ブラック・パンサー」って、元々は過激思想の黒人解放運動
>>続きを読む

レゴ(R)ムービー2(2019年製作の映画)

3.0

3月7本目の試写会は「レゴムービー2」。

おもしろくないわけじゃない。ただ…

前作はいわばレゴ版「レディ・プレイヤー1」。レゴが商品化権を持っている全てのキャラが出てきたから、DCのみならず、ハリ
>>続きを読む

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で(2016年製作の映画)

3.6

高級娼婦から、小説家に転身して話題を呼んだネリー・アルカンの実話に基づく作品。

美しい。主演のアイリーン・マッケイももちろん美しいが、実物のネリー・アルカンが女優以上に美しいかも。

仕事としてセッ
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

昨日公開の「バンブルビー」、1日遅れで見てきました。

スピンオフ的な作品かな(?)と思ってあまり期待せずに見たけど、おもしろかった! 闘いの派手さとかはマイケル・ベイ作品に及ぶべくもないが、何がおも
>>続きを読む

ウェイキング・ライフ(2001年製作の映画)

3.8

おもしろい(interesting)作品ではあった。

ただ、酔いそうにはなった。

「6歳のボクが、大人になるまで。」のリチャード・リンクレイター監督が2001年に作った実験的アニメ。

一度実写で
>>続きを読む

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018年製作の映画)

3.0

公開時のFilmarksの評価が低かったんでスルーしてた「劇場版 七つの大罪」をアニマックスでやってたんで、やっとこさ鑑賞。

ざっくり言っちゃうと、バトルはそれなりに熱いけど、ストーリーはよくある特
>>続きを読む

コードギアス 亡国のアキト/第2章 引き裂かれし翼竜(2013年製作の映画)

3.5

「亡国のアキト」2作目。

ん? スザクが出てきた⁉︎ ゼロじゃないってことはR2の前?

ん? ジュリアス・キングスレイ? 皇帝陛下の命により? この時の皇帝って誰だ?

アキトは「死ね」、スザクは
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

優雅な映画だなぁ。衣装、美術、音楽…。

あら、土瓶? ティータイムに土瓶を使ったり、日本文化への傾倒が見られておもしろい。

「ドレスに勇気づけられる」

この言葉わかるなぁ。私は男だけど洋服が好き
>>続きを読む

ルート42(2012年製作の映画)

3.0

【2013 アーカイブ】

今日は教え子の武田航平くんが出演している「ROUTE42」のプレミア上映に行ってきました。

武田航平くんは「仮面ライダーキバ」「劇場版ROOKIES」を始め、NHK朝の連
>>続きを読む

僕の帰る場所(2017年製作の映画)

4.0

素晴らしい作品だった。

津田寛治が出てるからフィクションであることはわかってるはずなのに、どんどんドキュメンタリーなのかフィクションなのかわからなくなってくるほどリアル!

この子どもの生き生きとし
>>続きを読む

バースデー・ワンダーランド(2019年製作の映画)

3.6

3月6本目の試写会は、大好きな原恵一監督の最新作「バースデー・ワンダーランド」ジャパン・プレミア。

上映前の舞台挨拶には原恵一監督の他に、松岡茉優さん、杏さん、市村正親さん、東山奈央さんが登壇。松岡
>>続きを読む

コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた(2012年製作の映画)

3.5

最近「コードギアス」をまとめて見たんで、だいぶ前にWOWOWで録画してハードディスクに入れっぱなしになっていた「亡国のアキト」を、見るなら今しかないってノリで見始めました。

戦闘時の音楽が「サンダー
>>続きを読む

時間回廊の殺人(2016年製作の映画)

3.5

何がダメって邦題(ってより韓国語題)がダメ! ありえないでしょ、全く!

先日見た傑作ホラー、ベネズエラ映画「マザーハウス 恐怖の使者」の韓国リメイク版。

オリジナルにかなり忠実にリメイクしてはいる
>>続きを読む

シュウカツ(2015年製作の映画)

2.6

ライダー俳優総出演のワンシチュエーション、オムニバス・ムービー。

ホテルのVODで何か見ようと思ったんだけど、ほとんど見てたんで、数少ない見ていない作品の中から本作を鑑賞。

タイトル画面のロゴの出
>>続きを読む

お米とおっぱい。(2011年製作の映画)

2.5

いや〜、実につまらなかった!(^^)

ーお米とおっぱいー

「この世からどちらかが無くなるとしたら
どちらを残すべきか」

とてつもなくくだらなく、絶対おもしろそうな着想。上田慎一郎って人は常に「着
>>続きを読む

ホフマニアダ ホフマンの物語(2018年製作の映画)

3.8

3月5本目の試写会は「ホフマニアダ ホフマンの物語」。

ものすごく人は選ぶが、素晴らしい作品だった。まさに芸術作品だ。これ、ティム・バートン好きだろうな〜。

先日ディズニーによる実写映画化された「
>>続きを読む

>|