YoshihiroKuboさんの映画レビュー・感想・評価

YoshihiroKubo

YoshihiroKubo

「素敵な映画との出会いは人生を豊かにしてくれる」と思っています。映画なら何でも見たい映画ファンです。

2015年〜 よしもと南の島パニパニシネマコメンテイター
2014年 東京国際映画祭WOWOW賞選考委員
2013年 日本アカデミー賞協会特別会員
2013/2012年 ぴあフィルムフェスティバル 映画ファン賞審査員

アイスドラゴン(2012年製作の映画)

3.5

スウェーデン大使館で映画「アイスドラゴン」の試写会。ご近所なのに普段立ち入ることのできない大使館内に初めて入りました。

10月11日から渋谷のユーロスペースで開催される「スウェーデン映画祭」で上映さ
>>続きを読む

愛しのゴースト(2013年製作の映画)

3.8

近所にあったことすら初めて知ったソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント試写室でタイでNo.1のヒット作と言う「愛しのゴースト」を見てきました。試写室前ではソニーだけあってスパイダーマンがお出迎え。>>続きを読む

ミリオンダラー・アーム(2014年製作の映画)

3.5

今日の試写会は「ミリオンダラーアーム」。

インド全土で「ミリオンダラーアーム」という一番速い球を投げたら100万ドルというイベントを仕掛けて、インド初のメジャーリーガーを育てたエージェントの実話をデ
>>続きを読む

劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2016年製作の映画)

3.0

第20回文化庁メディア芸術祭にて鑑賞。

悪くはなかった。それなりにおもしろかった。ただ、①かわいい女子高生、②新しい部活顧問、③急に上手くなって感動、のよくあるパターン。

ソロパートを賭けたエピソ
>>続きを読む

バッド・ウェイヴ(2017年製作の映画)

3.0

9月8本目の試写会はブルース・ウィルス主演「バッド・ウェイヴ」(原題:Once Upon A Time in Venice)

冒頭、いきなり全裸ハゲのスケボーに驚く! ああ、これ、笑う映画か! そう
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

最初はノーチェックだったんですが、あまりに評判がいいので「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を見てきました。

3Dで見たかったのですが「猿の惑星」に押されてか3D版は吹替版の一回のみ。吹替版だとア
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

5.0

「2049」前に久しぶりに旧作を「ファイナル・カット」で鑑賞。

音楽「ヴァンゲリス」だったんだ。

「2019年」! 再来年の話だったんだ。「ネクサス6型」のリオンって2017年製造だって! 今年じ
>>続きを読む

ほとりの朔子(2013年製作の映画)

3.0

深田晃司は「さようなら」「淵に立つ」と見てきたので、暗いイメージがあったけど、こんなのほほんとした作品も撮ってたのね。

私は二階堂ふみが大好きだし、今一番見たい女優さんだ。本作では彼女が演じる「朔子
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

4.0

何とも嫌な映画だ。すごい映画であることは確かだし評価は高いが、もう一度見たいとは思わない。

横暴でガサツな父。依存性が高くただ子供に甘い母。優しすぎる兄。劣等感に苛まれる弟。

ひとりひとりを見れば
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

3.0

WOWOWで「黒沢清」としてやってたから見ちゃったけど、何だこれ?

妙に短いし、何かと思ったら前田敦子のPVを膨らませて長編にしたと。

どんでん返しはよほど素直な人以外はだいだい予想がついちゃうだ
>>続きを読む

枝葉のこと(2017年製作の映画)

3.0

「ぴあフィルムフェスティバル」の特別上映にて鑑賞。

二ノ宮隆太郎監督とは2012年に審査員を務めたPIFFで準グランプリをとった「魅力の人間」以来。「魅力の人間」でもそうだったが、彼の作品には、何と
>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

3.8

黒沢清をもう一本、「ダゲレオタイプの女」を鑑賞。フランス人俳優を使ってフランスで撮ったというので、異色の作品かと思いきや、これが全くどうして、これぞ「黒沢清」という作品だった。

舞台となる洋館もアパ
>>続きを読む

蜩ノ記(2013年製作の映画)

5.0

今日は映画「蜩ノ記」の試写会に行ってきました。

葉室麟の直木賞受賞作の映画化で、役所広司と岡田准一のダブル主演となれば面白くないわけがない。

新旧の日本映画を背負って立つ名優の競演。役所広司は当然
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.8

今日のレヴューは、やっと見てきました「関ヶ原」。

見始めて、しばらく続く違和感。台詞回しが速い、速すぎる。台詞と台詞の「間」もほぼ無い。詰め込んだような掛け合い。

原田眞人は「駆け込み女と駆け出し
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

4.0

公開初日に「猿の惑星 新世紀 ライジング (原題:Dawn of the Planet of Apes)」を3Dで見てきました。

前作もよかったですが、さらにCGの技術がアップした今作はすごい映画に
>>続きを読む

父を探して(2013年製作の映画)

3.2

第88回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされ、第20回文化庁メディア芸術祭でアニメーション部門の優秀賞に輝いた「父を探して」を鑑賞。

綿花の摘み取りの出稼ぎに出かけた父親を探しに旅に出
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

「聲の形」を「文化庁メディア芸術祭」にて鑑賞。

いや〜、すごいアニメだった。昨年「君の名は。」の裏であまり注目もせずにスルーしていた作品だったけど、中身は「君の名は。」どころではありませんでした。今
>>続きを読む

幻肢(2014年製作の映画)

2.5

今日は映画「幻肢」の試写会に行ってきました。

原作者の島田荘司さんのトークショー付きということで楽しみにしていましたが、実はそれだけでなく、入場者全員に原作本のハードカバーなどの入ったお土産が配られ
>>続きを読む

ツナグ(2012年製作の映画)

4.0

「ツナグ」試写会に行ってきました。

原作の4つのエピソードから一つだけカットして上手く構成してあります。原作の雰囲気にピッタリあった最高のキャスティングだと思います。

もちろん原作の方がそれぞれの
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.5

今日はカンヌ国際映画祭で審査員章を受賞し話題の是枝裕和監督作品「そして父になる」ジャパンプレミアに行ってきました。

会場はほぼ福山ファンの女子だけ。舞台挨拶に立った福山雅治、かっこよかったですよ、男
>>続きを読む

劇場版 零 ゼロ(2014年製作の映画)

2.5

今日は「劇場版 零〜ゼロ〜」の試写会に行ってきました。

「リング」や「着信アリ」と並べて宣伝してますが、この作品、そもそもホラー映画かな? 「バイロケーション」の安里麻里監督だったのでもう少しすごい
>>続きを読む

We Love Television?(2017年製作の映画)

3.5

冒頭「俺が死んだら葬式で流してくれ」というセリフで始まる。

舞台挨拶で欽ちゃんは「人に見せるつもりで撮ってないから、映画の感想を人から聞きたくない」と言う。「あまりネットなどであれこれ言われたくない
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

U-NEXTの「あゝ、荒野」完全版配信の第一回を鑑賞。

孤児院育ち〜オレオレ詐欺〜少年院のシンジ、日韓のハーフで父子家庭&DVのコージ、震災被害者でラブホで男の財布を盗むヨシコ。

ベタベタな設定と
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

冒頭「ウルトラセブン」の「怪しい隣人」ぽいなぁ、と思ったら、原作者の前川知大さんが大のウルトラセブンファンだとか。やっぱりな、という感じで、ふんふん。

また、黒澤清監督が長谷川博己に「これまでの僕の
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

待望のリドリー・スコット監督最新作「エイリアン:コヴェナント」を公開初日に鑑賞。

前情報を全く入れずに鑑賞したが、冒頭マイケル・ファスベンダーが登場し「デイヴィッド」と呼ばれることで、これが完全な「
>>続きを読む

震動(2013年製作の映画)

3.5

今日からぴあフィルムフェスティバルのコンペ部門の上映が開始されました。私が選ぶ今日の一本は平野朝美監督の「震動」。耳の聞こえない少女との恋、手話を交えた演技を取り入れ「BECK」ばりの音楽映画になって>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

9月6本目の試写会は「スクランブル(原題:OVERDRIVE)」。

まず主演がスコット・イーストウッド。確かに若い頃のクリント・イーストウッドに似てる。お父さんの目元を優しくしてイケメンにした感じ。
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.8

評判の悪いのはわかっていて、岩井俊二の作品がどうアニメになってか、どうしても確かめたくて鑑賞。

元々、実写版のあの少女だった奥菜恵をアニメで再現できるわけない、と思っていたのだが、結果、思った通りだ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.2

今日のレヴューは是枝裕和監督最新作「三度目の殺人」。

この作品、見る前に一番興味を持ったのが、なぜ殺人鬼の役をあの役所広司にやらせたのか?だった。見終わって、その意味が十二分にわかった。

なぜ殺し
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

9月5本目の試写会は「僕のワンダフル・ライフ」。

この映画、大穴です。ちょーおもしろいし、泣けます!

主人公は犬のベイリー。ベイリーのモノローグで物語は進み、犬版の「吾輩は猫である」といった感じ。
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

4.5

今見るとコンピューターデバイスの描き方が古すぎて笑う。設定の時系列で見ちゃうと科学技術的には「プロメテウス」から繋がらないな〜。(79年の作品だから、仕方ないことだけど)

「2001年」以降、白くて
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

5.0

待ちに待った「るろうに剣心 伝説の最後編」を公開初日朝一で見てきました。

おもしろい! 文句なし! 邦画で手放しにこんなにのめり込める作品はあんまりない。このすごいアクションは佐藤健はじめキャストは
>>続きを読む

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

4.5

予告編で一目惚れしてずっと待ってた「舞妓はレディ」。鹿児島弁の田舎娘が京都弁を習って舞妓を目指すシンデレラ・ストーリー。

大好きな周防正行監督の新作ですが、何と言っても新人の上白石萌音がかわいい。最
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.6

9月4本目の試写会は乃木坂46主演「あさひなぐ」。

試写会場は珍しく(^^)若い男女だらけ。原作のマンガも読んでないし「乃木坂46」も知らない私は全くのフラットな気持ちで鑑賞。

タレント映画には、
>>続きを読む

キャプテンハーロック(2013年製作の映画)

3.0

映画「キャプテン・ハーロック」見てきました。

松本零士の伝説的作品の映画化だが、福井晴敏(「機動戦士ガンダムUC」)が脚色して、監督の荒牧伸志(「アップルシード」)がリブートして全く新しいハーロック
>>続きを読む

ゲッタウェイ スーパースネーク(2013年製作の映画)

3.0

今日の試写会はイーサン・ホーク主演「ゲッタウェイ スーパースネーク (原題はあの名作と同じ「GETAWAY」)。

いわゆるカー・アクションものですが、潔いのは冒頭から走り始めて90分ほぼ走りっぱなし
>>続きを読む

>|