KUBOさんの映画レビュー・感想・評価

KUBO

KUBO

法廷遊戯(2023年製作の映画)

3.5

なかなかおもしろいプロットだったけど、主演のキャスティングが違ったらずっと良いものになっていたかもしれない。

北村匠海は良い。杉咲花の熱演もすごいが、最終的にここまで重くなるんなら、演出やら何やら、
>>続きを読む

化け猫あんずちゃん(2024年製作の映画)

4.0

『化け猫あんずちゃん』

いや〜、変なアニメだった。いや、最初から変な感じに惹かれてたんで、これは期待通りにどストライクだったということで(笑)。

もう情報出た最初期の頃に、このビジュアルで「化け猫
>>続きを読む

ウィ、シェフ!(2022年製作の映画)

3.8

『ウィ、シェフ!』

一流レストランのスーシェフだったカティ・マリーが、オーナーシェフと大喧嘩をして店を辞め、求人情報を見て出向いた先が、レストランではなく、未成年の移民の自立支援施設の給食担当だった
>>続きを読む

私が俺の人生⁉(2024年製作の映画)

3.7

今日は、剛力彩芽主演、中前勇治監督最新作『私が俺の人生!?』公開初日舞台挨拶付き上映に行ってきました。

中前監督は、私の教え子「武田航平」も出演した『てぃだ』の監督さん。今回はコロナ禍も終わりの頃を
>>続きを読む

エア・ロック 海底緊急避難所(2024年製作の映画)

3.8

今日の試写会は、『エア・ロック 海底不急避難所』マスコミ試写。

これはおもしろかった。こんな暑い日には最高の映画だ!

単なるサメ映画じゃなくて、パニック映画+サメ映画のコラボ進化系!

とてもイン
>>続きを読む

ヒューマン・ポジション(2022年製作の映画)

3.6

今日の試写会は『ヒューマン・ポジション』 マスコミ試写。

ノルウェーって、こんなに時間がゆっくりと流れてるのかなぁ?

構図の取り方にも、編集の仕方にも、おもしろい癖がある。

冒頭からそうなのだが
>>続きを読む

ディア・ファミリー(2024年製作の映画)

4.0

『ディア・ファミリー』

公開からだいぶ経っちゃったし「もういいかな」なんて思ってたんだけど、見に行った映画友達がみんな薦めるから、今頃になってやっと見てきたら、やっぱり良い映画でした。

ただ、宣伝
>>続きを読む

メイ・ディセンバー ゆれる真実(2023年製作の映画)

3.8

『メイ・ディセンバー』

タイトルの『メイ・ディセンバー』、「5月、12月」?と思ったら、「親子ほど歳の離れたカップル」という意味の慣用表現だとか。

本作は、1990年代のアメリカで実際に起きた、教
>>続きを読む

山女(2022年製作の映画)

3.8

「次は、人さ生まれてきたらダメだよ」

口減らしのために、生まれたばかりの赤児を川に流す。飢饉が続いた寒村ではよくあった話だろうが、景気が悪くて子供すら産めない今の時勢にも繋がる話だ。

そんな赤児を
>>続きを読む

THE WITCH/魔女 —増殖—(2022年製作の映画)

3.8

遺伝子操作によって作り出された超人間同士のバトルを描いたシリーズ第二弾。

前作とは異なるヒロインが主人公。

突然急襲された研究所から、瀕死の状態で抜け出した少女。記憶や感情がないのか、血みどろの服
>>続きを読む

小さき麦の花(2022年製作の映画)

3.8

中国人というと、ブランド品爆買いしてるって印象が強いけど、農村部ではまだこんな生活してるんだね。

寡黙で人付き合いが苦手な男ヨウティエと、肢体不自由で失禁症が治らない女クインが、親族から厄介払いのた
>>続きを読む

HOW TO HAVE SEX(2023年製作の映画)

3.6

今日の試写会は、『HOW TO HAVE SEX』シネマカフェ独占試写会。

バージンを捨てるための高3女子仲良し三人組のギリシャ・クレタ島への卒業旅行の4日間を描いた作品。

「一晩で一番多くセック
>>続きを読む

クワイエット・プレイス:DAY 1(2024年製作の映画)

3.8

『クワイエット・プレイス:DAY1』

『DAY1』ということで、あのどんな小さな音でも立てると襲ってくるモンスターが地球に跋扈するようになった最初の一日を描く作品ということだから、

「何が起きたの
>>続きを読む

バルーン(2024年製作の映画)

4.0

数年前にあった中国のスパイ気球がアメリカ各地で目撃された事件に着想を得て、アジア人へのヘイト、人種的偏見や民族による対立などを、そこに居合わせた若者たちの会話の中から浮き彫りにする趣向。これでハッピー>>続きを読む

OKARUTO~オカルト(2024年製作の映画)

4.0

7月19日(金)公開の藤井秀剛監督最新作『怨泊』の前日譚となるショートムービー。

座敷わらしが住むという話題の民泊。一週間行方不明だった弟が持ち帰ったのは、不気味な包みと一冊の手帳。

「絶対に中を
>>続きを読む

フェラーリ(2023年製作の映画)

3.8

最初に言っておくと、ペネロペ・クルスが奥さんだったら、私、絶対、浮気しません(笑)。

まずフェラーリを演じているのがアダム・ドライバーなんだけど、アダム・ドライバーに見えない。それだけキャラクターへ
>>続きを読む

先生の白い嘘(2024年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

『先生の白い嘘』

もちろん共感できればいいってもんじゃないのはわかっちゃいるが、ここまでどこにも共感できない映画も珍しい。

親友だって言うなら、犠牲者であっても美鈴(奈緒)はひどい女だし、

あれ
>>続きを読む

女子大小路の名探偵(2023年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

秦建日子脚本の地域創生映画、名古屋編。

前半にほぼミステリーの構造がわかってしまうようにミスリードしておいて、終盤一気にひっくり返すのは、ちょっと唐突ではあるけど上手い。

剛力彩芽ありきの映画では
>>続きを読む

蛇の道(1998年製作の映画)

3.5

現在公開中の『蛇の道』が黒沢清監督自身の作品のセルフリメイクだと知って、オリジナル版を見てみた。

同じっちゃあ同じだが、違うっちゃあ違う。

リメイクを見た上で言えば、柴咲コウの役が哀川翔なんだから
>>続きを読む

悪は存在しない(2023年製作の映画)

3.5

『悪は存在しない』

いろんな考察も出てるようだけど、素直な感想は「ラスト、意味わからん!」

山間の静かな村に持ち上がったグランピング場の開発話。最初は悪徳開発業者と地元住民の対立ってよくあるパター
>>続きを読む

蛇の道(2024年製作の映画)

3.8

『蛇の道』

最初に”CANAL” って出て「あ、これフランス映画か」と。

『蛇の道』って、黒沢清監督のセルフリメイクらしいけど、オリジナルは未見。そのオリジナルは哀川翔主演のVシネって、黒沢清がV
>>続きを読む

きみの色(2024年製作の映画)

4.0

『けいおん!』の山田尚子監督最新作『きみの色』を試写会にて鑑賞。

まず注目したのは、その色使い。原色はほとんど使わず、光の明度の微妙な差を、光の濃淡で表現した淡い色使いがとても素敵だ。

またスマホ
>>続きを読む

身代わり忠臣蔵(2024年製作の映画)

3.7

沖縄からの帰りの飛行機で鑑賞。

ムロツヨシの巧みさが光るエンターテイメント時代劇。いろんな忠臣蔵見てきたけど、コメディとはいえ、ここまでの翻案は見たことない。

吉良上野介に考証という弟がいたことは
>>続きを読む

FLY!/フライ!(2023年製作の映画)

3.3

元々、予告編見て『ミニオンズ』よりも子供向けだな、と思って見ていなかった作品だが、飛行機の機内サービスにて鑑賞。

私が冒険より安全第一の人なので、父親のマックの気持ちがよくわかっちゃうんだけど、
>>続きを読む

ULTRAMAN: RISING(2024年製作の映画)

3.6

特に『ウルトラマン』と思わずに見たら、それなりにおもしろい作品だとは思う。

『ウルトラマン』は既にマーベル傘下に入っていてコミックスでもアベンジャーズと共闘してるわけだから、何でもありとは思うけど、
>>続きを読む

仕掛人・藤枝梅安2(2023年製作の映画)

4.5

ここのところの時代劇専門チャンネル制作のオリジナルムービーの出来の良さは特筆ものだ。

シリーズ前作の『仕掛人・藤枝梅安』に続く本作は、前作のラストで京へ向かう梅安(豊川悦司)と彦さん(片岡愛之助)の
>>続きを読む

花腐し(2023年製作の映画)

4.0

『花腐し』

日本映画らしい、いい映画でした。

荒井晴彦さん。キネマ旬報表彰式で何度もその奇人ぶりを見てるけど、『福田村事件』『火口のふたり』など脚本家としても監督としてもすごい作品を書いてきてる、
>>続きを読む

ザ・ウォッチャーズ(2024年製作の映画)

4.0

『ウォッチャーズ』

劇中で、閉じ込められた登場人物たちがリアリティショーのビデオを見てるけど、これはそういったリアリティショーから発想されたホラーなんだろうな。

こちら側の生活は覗かれているけど、
>>続きを読む

バッドボーイズ RIDE OR DIE(2024年製作の映画)

4.0

これは前作を見てないとダメ。前作の登場人物と事件が直接絡んでくるので、前作との二部作と考えてもいいくらい。前作未見の方は、Netflix で見れるので、ぜひ前作『フォー・ライフ』を見てから本作を見てほ>>続きを読む

里見八犬傳(1959年製作の映画)

3.5

この秋に役所広司主演で新作映画が公開される滝沢馬琴の『里見八犬伝』の古〜い映画を見てみました。

冒頭に予告編みたいな本作のダイジェストが弁士の口上で語られるが、大蛇や妖術などが登場して、雰囲気は『仮
>>続きを読む

ブリーディング・ラブ はじまりの旅(2023年製作の映画)

4.0

今日の試写会は、『ブリーディング・ラブ』オンライン試写会。

いいロードムービーだったなぁ。

前情報なしに見たので、ユアン・マクレガーが小さな映画、しかも父と娘のロードムービーに出るって珍しいな、と
>>続きを読む

チャレンジャーズ(2023年製作の映画)

3.8

『チャレンジャーズ』

ゼンデイヤを巡る2人のテニスプレイヤーとの三角関係を描いた作品だが、恋愛の心理描写がテニスの試合とクロスオーバーしていく演出がスリリング。

ゼンデイヤを愛する2人は親友同士で
>>続きを読む

THE MOON(2023年製作の映画)

3.6

今日の試写会は、映画『THE MOON』完成披露試写会。

アメリカに次いで世界で2番目の有人月面着陸を目指して飛び立った韓国の宇宙船が、突然飛来した流星群によって大打撃を被り、船外活動をしていたクル
>>続きを読む

ブルー きみは大丈夫(2024年製作の映画)

3.7

『ブルー きみは大丈夫』

大人になると忘れてしまう、誰もが子供の頃に持っていた空想の友だち”Imaginary Friend” =”IF” を巡るファンタジー。

と言うと、映画ファンなら『屋根裏の
>>続きを読む

からかい上手の高木さん(2024年製作の映画)

3.7

『からかい上手の高木さん』

今泉力哉がついにこんなメジャー作品を撮るようになったのね。今回見に行ったのは、今泉が撮るんだから、どんな風に今泉的なものになっているか興味があったから。

まず、永野芽郁
>>続きを読む

コカイン・ベア(2023年製作の映画)

3.2

コカインでラリったクマが人を襲うってだけの映画だけど、今実際に北海道とかで人が襲われてたりするから、エンタメとして気軽に見てていいもんかっていう気分にもなった。

確か公開時に「ラリックマ」とか言われ
>>続きを読む