KUBOさんの映画レビュー・感想・評価

KUBO

KUBO

「素敵な映画との出会いは人生を豊かにしてくれる」と思っています。

2014年 東京国際映画祭WOWOW賞選考委員
2013年 日本アカデミー賞協会特別会員
その他、ぴあフィルムフェスティバル、TAMA NEW WAVE、池袋みらい映画祭などの各映画祭審査員、シネマコメンテーターとして活動

映画(2160)
ドラマ(0)

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.0

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ10本目は、ちょっとアート系で「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」。

その昔、タヒチに行ったことがある。もう30年以上前にはなるが、その美しい海は
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.0

水原希子のキスがエロ過ぎる!

劇場公開時見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ9作目は「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」。

「全然そんなつもりないのに」そんな目をしてる
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

劇場公開してないけどレンタルで追っかけるシリーズ8作目は「マザー!」。

ジェニファー・ローレンス主演でお蔵入りって、どんだけ問題作なんだ?って、興味津々で鑑賞。

そもそも、これだけ「プライベート」
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.2

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ7本目は「フラットライナーズ」。

オリジナル未見。だからこれだけ見た新鮮な感想です。

え? この白髪の医師、キーファー・サザーランドなんだ!
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.8

これ、予告編から想像したのと全然違う!

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ6本目は「ルイの9番目の人生」。

コンセントにピンセット突っ込んで感電したのは私もやった!(^^)
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.4

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ5本目は「ナチュラルウーマン」。

理不尽なことに耐えるのが性に合わないので、最初からずーっとイライラしっぱなし。

理解もあって愛する人が現れて
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.8

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかけるシリーズ第4作目は、韓国映画「悪女」。こんなもんカンヌに出したんかい!

なんだ? このFPS的カメラワーク! かつワンカット! カメラさんがアクションし
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.0

なんだ、この後味のちょー悪い映画は!

劇場公開時見逃した作品をレンタルで追っかける第3作目は「聖なる鹿殺し」。

めっちゃ画面に遠近法を使うな〜。

この廊下を歩く時のカメラの高さは何なんだ?

>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.2

劇場公開時に見逃した作品をレンタルで追っかける第2作目は「ダーク・タワー」。

スティーブン・キングの全7部構成の大長編の映画化ってことで、期待と不安半々で見たけど、普通のダーク・ファンタジーになって
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

劇場公開時に見送ってしまっていた作品を、宮古島のTSUTAYAでまとめてレンタルして鑑賞。

まず1本目は「レッド・スパロー」。

くノ一だな、これは。

脚本が本当におもしろい。誰が誰をだまそうとし
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.0

実は、これだけ有名な作品を今ごろ初めて見ました。

津田寛治が芝居が出来ていないのにびっくり。今は演技派の俳優さんだと思うんだけど、16年前はこの程度だったのね。

こいつら地縛霊なの? 憑依霊なの?
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

今日は待望の「インクレディブル・ファミリー」を公開初日に見てきました。

なんと14年ぶりとなる第2作目は、前作のラストからほぼ時間経過なしの世界から始まる。今回は奥さんのイラスティガールが主人公。前
>>続きを読む

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

3.0

お前ら、往きに撃沈しとけよ!

「USS Indianapolis: Men of Courage
→インディアナポリス号:勇気ある男たち」
では売れないだろうからって、邦題「パシフィック・ウォー」
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.5

「インクレディブル・ファミリー」前に復習のために再鑑賞。

最初見たとき、エンドロールでMr.インクレディブルの声が三浦友和だと知ってびっくりしたのを覚えている。全然わからなかった。

ピクサーが「人
>>続きを読む

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

3.2

宮古島にいながらもオンライン試写会で鑑賞。

1944年、あのダンケルクから4年が経ったノルマンディー直前が舞台。そして、戦争シーンは一切なく、政治の立場からのみ語られるのだから、まさにゲイリー・オー
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.5

第3弾は敵討ち。こっちの方が熱くなる。

今回はベジータが仲間になったドラゴンボールだね!

普通におもしろいんだけど、こういうものは続けて見ちゃあダメだね。忘れたころに見るくらいがちょうどいい。
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

4.0

白髪に染めたトム・クルーズの異常な緊張感。

半分はタクシー車内でのトム・クルーズとジェイミー・フォックスの会話だったりするけど、その会話が伏線としてラストに結びついていたりとか、上手い。

映像凝っ
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

動機が借金返済じゃあ、ワクワクしないな〜。

舞台はちょっと目先を変えてアムステルダム。

今度は怪盗VS怪盗? 怪獣が2作目には他の怪獣と戦うのとパターンはいっしょだね。

「アッハッハ!」て声出し
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.8

「オーシャンズ8」前に復習も兼ねて久しぶりの鑑賞。

ブラッド・ピットもマット・デイモンも若いな〜。ジュリア・ロバーツも「ワンダー」ではすっかりお母さんだったけど、この頃はまだ旬でいい女だ。

オリジ
>>続きを読む

ドラゴン怒りの鉄拳(1971年製作の映画)

4.0

この主題歌、シングル買って聴いたな〜。Fist of Fury 〜♪

「燃えよドラゴン」の大ヒットを受けて「ドラゴン危機一発」に続いて公開された実は旧作。公開当時、私は中2。ブルース・リーに夢中だっ
>>続きを読む

ケアニン あなたでよかった(2017年製作の映画)

3.8

「そばに寄り添っていることしかできなかった。」
「それでいいんだよ。」

宮古島、よしもと南の島パニパニシネマでの鑑賞1本目は「ケアニン〜あなたでよかった〜」。

何度忘れられても毎朝「大森圭です。よ
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.5

東京を離れて一か月の宮古島暮らし、なんだけど、いきなり那覇までお出かけ。にもかかわらず台風が直撃して他にすることがなければ、もちろん映画。

ということで、しばらく新作見ないとか言っておいて、今日は「
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.8

冒頭、独特のメロディで山下達郎の主題歌が流れ出すと、それだけでワクワク!

7月6本目の試写会は、細田守監督最新作「未来のミライ」。

Filmarks でも評価が分かれているようだけど、要するに登場
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.0

「名前を言ってはいけないあの人」が襲ってくるお話?

展開が遅すぎて、いつまでたっても何にも起きない。

「Don’t think, don’t say it!」の繰り返しは「All work and
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.0

ダメだな、こういうノリ&演出。

土屋太鳳は本人の性格的にはこういうハイテンションの方があってるのかもしれないが、「鈴木先生」の頃みたいに静かな女の子の方が魅力的。その点、9月公開予定の「累(かさね)
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.2

今日は仕事帰りに「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を公開初日に鑑賞。ただ初日って割には空席も多く出だし不調? 明日がTOHOシネマズデーだから? ビッグタイトルと踏んでスクリーン多く割きすぎた?>>続きを読む

ラ・チャナ(2016年製作の映画)

3.0

71歳の伝説的フラメンコ・ダンサー、ラ・チャナのドキュメンタリー。

7月5本目の試写会は「ラ・チャナ」。

初めて見たとき「淡谷のり子か?」「ジャバ・ザ・ハットか?」と思ったけど、この人若い頃はちょ
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.8

何気ない罵声と暴力が、裁判沙汰になることで複雑な難民問題へと拡大していく。

7月4本目の試写会は「判決、ふたつの希望」。

レバノンに住む、右派のレバノン軍団党の党員で自動車修理工場を営むトニー。パ
>>続きを読む

容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012年製作の映画)

3.6

【これはオリジナルの「容疑者Xの献身」を見ている前提でのレヴューです】

フジのドラマをテレ朝でリメイクした感じ? より重く、より原作の雰囲気を表していると思う。

元々原作が「ガリレオ」らしからぬ、
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

ケンカである。最初から最後までケンカである。

見せ方(カメラ)は上手いし、キャストはちょい役まで豪華だし、すごい金もかかってんだろうし、おもしろいことはおもしろい。

ただ、ケンカばっかでこのランニ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

私は今のマックはあんまり好きじゃない。薄くてちっちゃなバーガーで、安かろう不味かろうって感じだ。高くてもモスの方が好きだ。

だから、映画を見始めて最初に思ったのが、ハンバーガーがデカい!ということ。
>>続きを読む

ガチ星(2018年製作の映画)

4.0

良い映画だった。感心した。

チケットをいただいたので、全くノーマークだった「ガチ星」を見に行った。

戦力外通告で引退した元プロ野球選手の濱島。この男が本当にひどい男だ。クズだ。友人の女房に手を出す
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

4.0

懐かし〜い! かっこいい〜!

「サタデー・ナイト・フィーバー」日本公開40周年記念バルト9ディスコにて鑑賞。

公開当時、私は18歳。マジで40年ぶりに鑑賞したが、出てくる曲 出てくる曲、涙モノに懐
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.2

これCD買ったな〜。

7月3本目の試写会は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ:アディオス」。

18年前、一世を風靡した「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。作品内でオバマ大統領も「買った」って言っ
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.6

ゴダールって子供だったんだな。

7月2本目の試写会は「グッバイ・ゴダール!」。

ゴダールの妻だった、昨年亡くなったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝の映画化。ラッキーガールのロマンスを思わせる予告編だ
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.6

7月最初の試写会は「泣き虫しょったんの奇跡」完成披露試写会。

将棋界には「奨励会」という棋士養成組織の中で26歳までに4段になれなければプロ棋士にはなれないという厳格なルールがある。その中で、一度奨
>>続きを読む

>|