にゃんパパ

映画 聲の形のにゃんパパのレビュー・感想・評価

映画 聲の形(2016年製作の映画)
2.0
不快な気持ちが残る作品。
障害者への生々しいいじめの数々。
残虐で性根の腐った人たち。
序盤から観るに耐えない。
また障害者の心理が理解不能。
いじめ主犯格へ憎悪や敵意が皆無。
こんな聖人君主がいるだろうか。
いじめた側の勝手な願望だろう。
都合良く話を纏めにかかる終盤。
だが強烈な不快感は拭えず終わる。
ただ愛すべき永束君のキャラと、
アニメーションの綺麗さは素敵だ。