映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

トグチ

トグチの感想・評価

3.5
凄くよかったんだけど節々見るのが辛いシーンあるので 相当元気な時じゃないと2回目見る気になれない
ウタ

ウタの感想・評価

3.7
原作未読。
人間関係、人付き合いの難しさ、微妙な空気感を見事に描いた作品だと思う。

顔を合わせたくない人物に×マークがつくのは上手いなぁ。
今まで顔をぼやけさしたり白抜き、影でそれを表現した作品はあったけど、「×マークであること」が「自らの意思で避ける」良いメタファーになっている。
そして、それが外れていく瞬間のなんと気持ちの良いこと。

皆それぞれ色んな欠点や悩みを抱えて生きている、そしてそれを自ら認め、受け入れ、人に見せることで、本当の意味で相手からの信用を得るのかもしれない。

オススメ。
ami

amiの感想・評価

4.3
人との付き合い方や距離感は本当に難しい
時が経てば全て流れていくわけではなくて、1人1人の胸の中に様々な形で残り続けるのが過去

この映画に、自分にも通じる場面が沢山あって、第三者とは思えずのめり込んでしまった
自分にとって大事な映画になりました

原作も読みたいなあ、、、
つかさ

つかさの感想・評価

4.0
原作ファンだけれども映画もがっかりする内容でなくしっかり描かれていたと思う。
amoui

amouiの感想・評価

3.8
いじめは当事者、傍観者ともに先々まで影響を及ぼす重たい問題。
それをテーマにしていながら、接しやすい雰囲気でストーリーが進んでいくのは、アニメの軽いタッチのおかげ。とてもいい映画。

きっと誰もが、何かしらの経験を思い起こしたり、再考するきっかけになる。人間関係とヒエラルキーは切り離せないけど、痛みが痛みとして表現されることは大事だなと思った。

このレビューはネタバレを含みます

『聲の形』。

実は全然知らなかったんですよ。


この映画はね、凄いです。
何が凄いって、これだけの重たいテーマを、最後まで映像美と独特の世界観の中で描き切ったことが、まず凄い。

いじめ=ハラスメント問題。

これ、人間の根源的な、世界共通の問題ですよね。

KKK、人種差別、ゲイ差別、女性差別、障害者差別、パワハラ、モラハラ…

性悪説で考えるなら、人間の世界は混沌とした救いようがない場所で、我々は絶望するよりないのかという諦念を覚えます。

『聲の形』に初めて気づいたのは、海外のYouTuberがこの映画を観て泣いたり叫んだりしてる動画を見かけたからです。

人間の感情は、世界共通であること。
国籍や性差や年齢差を超えて、我々人間は同じような感情の動きや反応や心の動きを共有できる、そう信じられるコンテンツでした。

私はハラスメントを行う人間が、この映画のように改心することは実際には非常に難しいと思う。
なぜならハラスメントを行うものは幼少期から常に何らかの病的な環境に置かれ、感覚が異常になった人間だから。

そういう意味においてこの映画はファンタジーである。

しかしラスト、余りにも痛々しい思春期の感情の動きを疑似体験した観客は、つい祈ってしまう。

誰もが罪を贖えたら。
心の闇を払拭できたら。
他者の幸せを心から祈ることができたら。
強くなることができたら。

花火のシーンが凄い。

落ちる西宮の手をかろうじて掴んだ将也の回想シーンが凄いのだ。
信仰を持っている様子のない彼が、何がしかの神に祈る。
生きるか死ぬかの瀬戸際において、あくまでスポットを浴びるのは彼の内面的世界であり、その一挙手一投足を、心の機微を観客は疑似体験する。

過去の許し難い過ちを、贖えるのか?
自分は、自分を許せるのか?

アニメーションという一つの媒体が、文学や映像芸術、様々な可能性を内包しながら新たな世界を創り上げていく。

そうした過渡期を我々は目撃しているのかなぁと、感嘆しました('ω')

GEOで棚を探した時、入荷本数少なッ‼︎
正当な評価せやo(`ω´ )oッと舌打ちしたのは何を隠そう私です。

『君の名は』に並ぶべき、近年稀に見る大作であります(^-^)✨
【なかなかエグい青春アニメ】

青春とは、思春期とは…
未熟な人格が集まったこの群像劇は自分勝手な振る舞いが災いした物語。

過去の過ちの贖罪をした少年は自分勝手に自殺を試みるが、結局失敗。
小学校時代の友達は自分の保身を考えて、離れていく。

孤独の中で見つけた少年に寄り添い近づく、自分勝手ないじめられっ子。
今更になって昔の事を後悔していると吐露する自分勝手な幼なじみ。

そして1番自分勝手なのは耳が聞こえない少女。
祖母が逝き涙する家族を間近で見ているのに、自分が1番不幸だと、ありえない行動に出てしまう、物語で1番自分勝手な女。

しかし、現実に生きる我々の心はなぜかチクチクと痛い。誰もが自分勝手で、自分が1番好きなのだ。
美しい絵が心を削り取る、エグいアニメ映画。そこらへんの青春アニメと思って気軽に見ると、えらいことになる。
漫画も好き。
どちらもそれぞれ良い。


君の名は。のヒットが目立ったけど、
聲の形も最高!!
京アニの映像美たるや。
あなどるなかれ!!!!
ぷん

ぷんの感想・評価

3.5
原作ファンだけど全然がっかりしなかった!映像も綺麗だし、何より動いて喋るしょーこがまぁもうとにかく可愛い。七巻分を二時間ちょいに上手くまとめてると思うけど、映画観てよかったなって思った人で、原作読んでない人にはぜひ読んでほしい。
mari

mariの感想・評価

-
先生にイラついた。人のズルいところがちらほら見えるけど嫌いじゃない。
>|