映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.9

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

ヤシロ

ヤシロの感想・評価

3.5
レンタルで観ました。

自分も補聴器を着けてて思うんだけどもう少しメガネみたいな感覚に世の中ならないかなぁ…

イジメてイジメられて逃げて立ち向かって。アオハル感丸出しの作品とは一味違う作品でした。
でもまぁ登場人物みんなジコチュー😅
山田監督の演出が今回も神懸かってる。
大人になってから気づくことってあるよな。そして、後々後悔する。
あの時のことを取り戻したい。やり直したい。わかる・・・。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
耳が聞こえないことで激しいいじめを受ける女性と、そのいじめを主導したがためにやがて自分も...という男性。何が良くて何が悪いかを作品の側から断言するのではなく、登場人物たちが自分からどうあるべきかを判断し過去と正しく向き合うという手探りぶりが非常に丹念に描かれ、お涙頂戴でなく硝子と将也に寄り添う形で強い感情移入ができるようになっている。ちょっと硝子のキャラが必要以上に純真すぎて、再会後の行動含め(ついでに見た目もw)男の妄想入り過ぎてる感がありそんな人実在しないよなあと気になってしまったのも確かだが、総じて完成度の高い映画だとは思う。
明日キャンプだ
この映画でわかった。ずっと気づけてなかったことに気づけた。
>|