映画 聲の形の作品情報・感想・評価

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置…

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

全部一気に見たかったな
映画館で見たかった
手話覚えたくなった
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
漫画は読んでたけど、映画は初見。

顔にばつ印が入るあの表現が好きです。
酒飲んでダウナーな気持ちで見たけど見てよかった。
の

のの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

原作が好きなあまり観るのを躊躇していたのですが、劇伴目的で思い切って観賞しました。
結果観て良かったです。

原作がなかったら、考えられた映画だなと思えただろうな。
どうしても比べてしまって、駆け足で物足りない。
原作を知っているから基本的にキャラクター全員好きで優しく観れるけれど、苛々したまま観終える人もいるんじゃないか。
私は単純なので川井さんががんばって足りない千羽鶴持ってきた辺りで川井さん許しちゃうのだけどこれもあざといと感じる人もいるだろうな。別に許されたくてやってるわけではないだろうけど。
一人ひとり欲張って少しずつ見せるより、キャラクター減らして描写を増やして良かったと思う。

原作未読だと硝子が飛び降りるまでの過程も薄味に思うんじゃないか。石田くんなよなよ当たり散らしシーンも突然な感じ

ラストに石田くんが泣くのも、悪くないと思いながら、あーそう収めたかとも。手伝ってほしいで泣く石田くんが本当に好きだったものだから、この石田くんはあの石田くんであるはずなのにこの石田くんは石田くんであり石田くんではない
聲の形に壮大な音楽はいらない!だけど劇伴最高!

原作では読み進めていくほどどうしようもなく震えるような、ページを戻らずにはいられないような強い印象のシーンがたくさんあった。
どうしようもないものもある、でも頑張ってみる、みたいなものが
全部フラットにやわらかく優しい話になった
でもいい映画だと思う
aiko...aiko...?

否定ばかりになってしまったけどいい映画なんです
記録✍️


The shape of “Communication”



聲の形
さやか

さやかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前々から観たいと思ってたけど、観るのには勇気がいるなと思ってて、なかなか観れなかったんだけど、この度勇気を振り絞って観ました!!(笑)
最初から想像してた通り、重い(笑)
小学生時代の話も、あくまで個人的だけどなんとなく想像できちゃって😂
植野さんの西宮さんへの突き放し方とか、注意はするけど笑って見過ごすように描かれてた川井さんとか、その女の子達の様子を見て石田が勇気出して西宮さんに声かけたんだけども、西宮さんの反応で、つい砂投げちゃったからもう止められなくて、いじめに走っちゃう感じとか、そのあとも折り合い付かなくてずっと続けちゃう感じとか、誰も悪気があるわけじゃないのにどんどんエスカレートしちゃう流れが観ててめっちゃ痛々しかった

各キャラクターそれぞれが、人間に有りがちな嫌な部分をリアルに描いていて、それでいて、誰1人として嫌なやつは作っていないところが、とてもすごいなとおもった!

もうちょい、何も考えてない明るいおバカキャラみたいなのがいたら、こんなに重い感じにはならなかったのかなーって思うんだけど、みんながみんな純粋でピュアだからこそ、いい味が出てるんだなって勝手に解釈した!(笑)

そんでもって、始めっからTシャツのタグがずっと気になって、何か意図があるのか考えたけども全く思いつかなかった😂😂

感動しました。

身近に感じるストーリーでもあるし、実写じゃないからこそ表現できることがたくさんあった。

日本のアニメーションはすごいですね本当。
思ってたよりよかったー!!ただみんなが可愛すぎる。アニメはずるいよ、、
ハム

ハムの感想・評価

3.1
いい話ではあったが全体的に話が嘘っぽすぎた

永塚だけはいいやつだった
正直かなり辛口に判定。

胸糞だった。

京アニは大好きだし、作画も大好き。
女の子可愛いしね。

でも、登場人物の個性が、
いじめっ子、裏切りマインド骨川野郎、手のひら返しブタゴリラ、自分大好き三つ編み女、そして、過剰自己犠牲女。

泣ける〜とかいってる奴らはなんなんだ?
いじめ助長団体会員様ですかね?

全然ハッピーじゃなかったし、これを見て、「あ、いじめって良くない!」とか思わない。

とにかく最後までヌルくて、非現実的な作品だと思った。

ただ、一点
早見沙織さんは本当に流石でございます。彼女は本当に素晴らしいと思う。

人にはオススメしない。
すてふ

すてふの感想・評価

2.5
うーん、、むずかしい
理解しきれてない。

予告や主題歌で恋愛がテーマかと思ったら全く違う。それはわかった。

人間の嫌な部分を散りばめたキャラクターが好きになれないのと、そんな言動する?って行動心理が引っかかるのを説明過多で補ってる印象。展開も脈絡がなくはないけど無理矢理かな。
最後まで理解しようと頭を使って疲れた。終わっても理解しきれてなくてスッキリしないモヤモヤ継続中。もう少し考えてみる
>|