映画 聲の形(2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:129分
    監督
    山田尚子
    原作
    大今良時
    キャスト
    入野自由
    早見沙織
    悠木碧
    小野賢章
    豊永利行
    松岡茉優
    金子有希
    石川由依
    潘めぐみ
    あらすじ
    ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

    「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

    本当に泣いた。君の名はと公開が被ってたのがもったいないと思うし本当に涙が止まらなかった。
    べっそべそ泣いてしまった。
    人間の綺麗なとこと汚いとこが凝縮されていて観ていて辛かった。
    皆んなが真っ直ぐで居る為に…

    闇が衝突したり、光が慰めあったりして聲の形を見る

    耳が聴こえないヒロイン

    不器用で気持ちを伝えるのが下手くそな主人公

    ツンデレボス女子

    恥を知らないど直球フレンド

    優しさ故に強くは出れなくなる逃げがち子

    偽善?続ければ嘘もホントになるかも自分が可愛い女

    軽いから的確な判断力あり友達になろうよ野郎

    俺って言うなピュアハートガキ女

    臭いくらい綺麗で面白かった。

    結果耳が聴こえないディスコミニュケーションもそれぞれが抱えるディスコミニュケーションも大差無いように見えてくるのがまたこの映画の凄さかと…

    主人公石田の小学生時代の声を演じた松岡茉優スゲー!

    あっ松岡茉優だって声で気付いた(声の存在感)けど声の演技が上手くて、あれプロの声優?松岡茉優ではないのか?…と疑った!

    エンドロール見てやっぱそうだったんだ!ってなった
    Victoria
    4.7
    一人一人の性格がすっごくリアルで人間味溢れてた
    正直私は植野ちゃんの気持ちは理解できる
    1番嫌いなのは川井さん
    最後まで好きになれなかった
    友情物語じゃなかったからよかったけど最後まで硝子としょうや以外上辺にしか見えなかった
    あっ、永束くんは例外、ばりいい人
    1つだけ疑問
    なんでしょうやを虐めてた島田たちが急に助けてあげようとか思ったのかが謎。
    多分、そこらへんは2時間に収まりきらないから描かなかったんだろうけど結構ん?って感じだった
    映画館で観たかった映画

    切なくて、愛おしくて観れなかった映画


    不死のあなたへの最新刊を読んで、やっぱり観たくなって観ました

    ストーリーは大きく変わらないけれども少し見せ方が違うだけで印象って変わるんですね

    切なさは、漫画の方が強かった気がするけれども
    映画の方が、綺麗で観やすい

    漫画の方が切なさが強いのは
    西宮から手に入る感情の情報が少ないから

    推測するしかなく
    深く考えてしまうからだと思う
    映画は漫画より情報量が多いので分かりやすい


    あとは
    西宮の声の演技が胸を締め付けました。

    おばあちゃんのエピソードは、
    しっかりとやって欲しかったけれども
    そこを、掘り下げてしまうと
    どうしても時間的に本筋が分かりにくくなってしまうんだろう

    映画を作るエピソードも観たかった
    皆との仲を繋ぐエピソードとして
    川井さんの千羽鶴がなぜ未完成なのかのエピソードも観たかった

    映画しか観ていない人は
    お母さんの強さの考え方とか
    結弦の変化とか
    小学校の先生との対話とか

    ぜひ漫画で観て欲しいです。

    最後のaikoの
    恋をしたのは
    が流れた時には切なさも強く感じましたが

    予告をだけを見る限り恋愛映画と思ってしまう人も多くいたのではないでしょうか?

    この映画は、恋愛映画に近いけれども
    恋愛映画ではないと思っています

    ですが、青春とは恋愛がつきものですよね
    やはり恋愛映画なのかもしれません。

    うまく言葉でレビュー出来ないのが、
    歯痒いですがここまでとさせていただきます。


    やっぱり、映画館で観たかった

    いつか映画館で観たい
    ホリィ
    3.9
    君の名はと同時期に流行ったけど、君の名はより好き!
    リアルないじめが書かれていて、かなり泣けます。
    すごい。
    リアルすぎる。
    こんなこと、10年以上前から現実で全然起こってる。
    怖いぐらい。
    小学生の時の、ちょうど6年生の時の自分たちとかぶった。
    わたし、かわいさんの立場にいた。
    結局そのまま疎遠だけど。

    でも、見てよかった。
    とまと
    4.0
    無理やり感動させる恋愛系かと思い警戒していたけれど、全然そんなことなかった。
    見ていて胸が痛んだり、登場人物にイライラする場面がチラホラあって、感情を掻き立てられました。
    終わり方も綺麗で好きでした。
    絵の萌え萌え加減からは考えられないぐらい奥が深くてリアルだった!!

    過去の過ちは簡単には精算できないよねー😭

    高校生の大胆さ羨ま、まぶしすぎるwwwwwwww
    実写とかドキュメンタリーで描かれているよりも、アニメだからこそスッと入ってくる部分が多かった。
    すごく人間らしいなあって。
    登場人物ほぼ全員に一回はイラッとするけど、皆んなそれぞれの思いと日々葛藤しながら生きてるんだなって思うと苦手な人に対しての見方もちょっと変わる気がした。
    思った以上に良かったです。
    >|