naoshi

パターソンのnaoshiのレビュー・感想・評価

パターソン(2016年製作の映画)
4.4
「散歩する侵略者」の宇宙人がパターソンに現れなくてよかった、と感じるぐらいに充実した切実な時間だった。最後のバーのシーンは身につまされる思いになった。諦念なのか達観なのか目覚まし時計なしに毎日目を覚まし奥方にキスをするアダム・ドライバーがとても愛おしくなった。