パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

t_m_r0420

t_m_r0420の感想・評価

4.0
犬の役名がマーヴィンなのも顔の長いアダム・ドライバーが主演しているのも全てリー・マーヴィンの影響
すごくよかった!毎日同じことを繰り返してるようで毎日は日々少しずつ違うのだ。よくある平穏な日々がいかに幸せに満ちているかも改めて感じられる温かみある映画でもあった。愛犬マーヴィンがこれまた数々の名演披露で驚く。アダムも超ナチュラルでアドリブかな?なシーンも良い。

マーヴィンを演じたワンコのネリーはメスだったのね。カンヌ数週間前に亡くなったそう…
犬のマーヴィンはもちろんリー・マーヴィンから。本作でジャームッシュはタルコフスキーと並んだ。犬に引きづられて出会うものと、必ず同じバスルートを通って出会うもの。そこにポエジーが生まれるのだ。
shiron

shironの感想・評価

5.0
映画館を出たら、いつもの街が違って見える

四半世紀ぶりに観たジム・ジャームッシュ映画は、画面全体が愛おしさに包まれていました。
詩人の目を通して観る街や人々の、なんと魅力的なことか!
バスのフロントガラスの曲線すら、美しく見えて…

あれ?でも、ジム・ジャームッシュ映画って、こんなだったっけ??
恥ずかしながら、当時ファッションでジム・ジャームッシュ映画を見ていたきらいがあるもので、思い出すとムズ痒さを伴うのですが (//_//);
…この印象の違いは、単にあの頃の私がジム・ジャームッシュの魅力の本質をわかっていなかっただけなのか…。
それとも、私と同じだけ監督も年を取ったせいなのか…。(^-^;
いずれにせよ、ジム・ジャームッシュブランドに対する気恥ずかしさを克服できたので、今日からは胸を張って大好きな監督だと言えますww


主人公のパターソンには、お気に入りのマッチがあります。
大量生産で使い捨ての小さなマッチ箱。その材質、フォルム、デザインから、様々なイメージを感じ取っていて…
メガホンのような形のロゴは、世界に向かって叫んでいる。
きちんと並んでいる青い頭薬のマッチ棒からは、内に秘めたパッションを。
マッチ箱は詩人の彼そのもので、そんなパターソンにギャップ萌え〜(*≧∀≦*)

一緒に暮らしている、ちょっと独創的な彼女も
マッチ箱のロゴを「メガホンの形」だと感じていて、二人はとってもお似合いのアーティスト。

同居している犬のマーヴィンも最高!
冷静に二人を観察していて、パターソンとは恋敵であり悪友でもあるような。。。
マーヴィンの魅力だけで一晩中語れますww

パターソンは、ニュージャージーのパターソンでバスの運転手をしていて、毎日規則正しく同じルートを走っているのですが、彼女の何気ない一言やバスの乗客の会話からインスピレーションを受けると、見慣れた街が違った顔を見せてきます。
むしろキーワードが、向こうからやってくるかのよう。
サプライズとユーモアと愛に満ちているパターソンをパターソンが愛しているのか、パターソンにパターソンが愛されているのか、わからなくなります。

映画が終わってしまったときは「もっとパターソンの日常を見ていたい。彼が観ている目線でず〜っとパターソンの街を観続けていたい。」と、寂しい気持ちになりました。

試写会のお土産はマッチだったのですが
映画の世界から現実の世界に戻った私の手の中にすっぽり収まるメガホン形のロゴから、私は一体何を感じることが出来るのか??
心なしか、いつもの街が違って見えるようで、粋なプレゼントに痺れました。
安琦

安琦の感想・評価

4.0
試写に誘っていただきました。
大学のときから大好きなジャームッシュ監督の新作。今回数作ぶりに市井の人たちが主人公。良作だった。

一人のバスドライバーの一週間。毎朝パートナーと眠るベッドで目覚め、彼女にキスをして、バスを運転し、そして犬と散歩して、詩を綴る。
毎日の営みに散りばめられる「間」、語られる言葉はないのにそこには溢れるほどの詩がある。とにかく間の使い方が最高にうまい映画だ。その間にあるものを想像しては忍び笑いが洩れる。
彼の一週間の間に起こった小さな奇跡を眺めていると、私も一週間を振り返って奇跡を探したくなり、新しい一週間への足取りが軽くなる気がする。

ジャームッシュ作はいつもそうだけど登場人物がみんな魅力的。アダム・ドライバーは「ブロークンフラワーズ」のビル・マーレイ以上!朴訥で長い手足持て余し気味、一万年に一度くらいしか笑わないんじゃ?って微妙な笑顔が最高だった。今まで見た映画のどのアダムより魅力的だった。パルムドッグを受賞した犬の遺作だというのが残念です。
ジム・ジャームッシュ監督の「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年振りの最新作は、ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手パターソンの7日間を描いている。
自分が住む都市と同じ名前の男の毎日は代わり映えしないようでいて微妙に違う。
ジム・ジャームッシュ監督は、そのちょっとした違いの妙を、時にユーモアを交え、詩的に美しく映像で捉えていく。
ジム・ジャームッシュ監督作品において文学と音楽は切り離せない。
本作にもカントリーミュージックをはじめとして印象的に音楽が作品を彩っているが、この映画でテーマになっているのは“日常の中にある詩”だと思う。
バス運転手であるパターソンは、愛する妻ローラとお茶目なブルドッグのマーヴィンと過ごす時間や仕事の合間を縫うように秘密のノートに詩を綴っている。
私は詩作はしないが、気の利いたフレーズは日常の何気ない瞬間に浮かぶことが多い。
この作品ではそういった瞬間も含め、アダム・ドライバー演じるパターソンが詩作していくのを、とても効果的に映像化している。
思えば、月曜の朝から始まり、翌週の月曜の朝で終わるブックエンド方式の本作は、作品そのものが一編の詩になっている。
微妙に違うが繰り返されるパターソンの日々は詩のリフレインのようだし、ほぼ毎日のように登場する様々な双子は詩の韻のように思える。
そして仲の良いパターソンとローラ夫妻と対照的なエヴェレットとマリーのカップルが登場して、コントラストを成していたりする。
そして終盤で、あるアクシデントで落ち込むパターソンに対し、パターソン縁の詩人ウィリアム・カルロス・ウィリアムズを切っ掛けにして、彼を慰め、励ます日本人の詩人が登場する。
この詩人を演じているのが、「ミステリー・トレイン」以来27年振りにジム・ジャームッシュ監督作品に出演した永瀬正敏さん。
何処か飄々としてユーモラスな永瀬さんの演技が、その場面に温もりを与えている。
普段何気なく過ごしている日々の中にある美しさ、光や温もりをスケッチ風に描いた本作は、観終わった後にしみじみとした味わいが蘇ってくる。
人生は、反復である
日々は、一日、一週間、一か月、一年、あらゆるスパンの繰り返しでできている
目覚めて、食事をし、仕事をし、すきなことをし、きらいなこともし、休み、眠る

淡々と繰り返す日常は、小さな選択と、些細な変化に満ちている
一緒に暮らすパートナーや、飼っている犬、仕事を共にする同僚や、いつものバーの顔なじみ、その日たまたまバスに乗り合わせただけの乗客や、すれ違うだけの街の人、
わたしたちの毎日は、いつだって"だれか"によってみずみずしく鮮やかな色で満たされている
キラキラと輝く愛すべき"繰り返される諸行無常"を噛みしめるように、毎日はつづく
「こんなにも日常は光輝いているのだ」というよりは「日常はこんな風に見れば(こんな風に撮れば)光り輝くものだ」ということを言っているような感じがした。『ムーンライト』を観たあとと同じように、映画館から出て街を歩くときにいつもとは少し違った感覚になるような映画。アダム・ドライバーがバス・ドライバー役をやっているのは偶然じゃないなと思った。
aya

ayaの感想・評価

2.8
独特の間と空気感が絶妙!最後まで楽しんで見れた。
それにしてもなぜあんなに双子が出てくるのでしょうか、、、
yooosham

yoooshamの感想・評価

3.0
アダム・ドライバーがバスドライバー。
彼の日常、1週間を見て行くのだが、風景やタッチなのか色合いが寒色的で良かった。ただ、水曜日あたりで一度こっくりこっくりなってしまったのだが…ブルドッグのマーヴィンもかわいいらしいし、出てくる人たちが「詩」的である。双子がたくさん出てくるのも印象的だった。
>|