パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

この作品に出て来る登場人物は、みんな自分で好きなものがある。

主人公のパターソンは詩を愛し、その妻も料理やギターなど、様々な趣味を楽しんでいる。
パターソンの行きつけのバーのマスターはチェスを好み、偶然出会う男はコインランドリーで洗濯が終わるのを待ちながらラップを楽しむ。

譲れない趣味や好きなものがある私にとって、これほどまでに共感できる人々を画面いっぱいに眺めることができるのは、とてもしあわせなことだと感じた。

バスの運転手として生活しながら詩を書いているパターソンのように、私自身も日常を過ごしながら常に好きなことについて考えていて、その思考はいろんな気づきに溢れてて。

己の好奇心に抗えない者にとって、これほどまでに共感できる物語はないな、と思った。

この作品に出会えたことを幸せに思います。
い

いの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ジム・ジャームッシュの映画を初めてみた。夫と妻の関係が自分の理想をそのまま映していてこんな映画これまでみたことないと思った。ブルドックが可愛いので犬好きにもオススメできます。詩の朗読・ナレーションは示唆に富んでいて美しいし全部を説明していない。全て日常に潜んでいる物語だった。
変わり映えしない毎日にも、小さな愛すべき変化はある。そういうのを大事にしているパターソン。

私自身は、奥さんタイプ。
何でも興味持ったら突き進むタイプ。

奥さんがギター買うって言ったときの、
パターソンの目が泳いでる感じを見てドキリ。

私の好奇心が誰かの迷惑になってたりして…


犬がかわいくて、早く自分ちの犬に会いたくなった。
1人の詩人の何でもないようで何でもある1週間を描いている作品。

変化を求めてしまうところはあるけど、こうやって人間は淡々と生活していることも大切なんだと気付かされる。
さとる

さとるの感想・評価

4.0
新宿武蔵野館とヒューマントラストシネマ有楽町で2回鑑賞。個人的にはすごく好きな映画だった。パターソンの生活に対する繊細で優しさに溢れた視点が、作中の詩とアダムドライバーの絶妙な表情や仕草から浮かび上がってくる。パターソンだけでなく、周りの人々である奥さんや飼い犬、バーでの人々も可愛らしい。
説明的でないのにじんわり、しっかり心に残るとても素敵な作品。
甘味

甘味の感想・評価

4.3
主人公パターソンのなんて事ない一週間をボーッと眺めてただけなのに、エンドロールでじわぁぁぁっと得も言われぬ感動が押し寄せて来て、視界が涙で滲んだ。
スクリーンを後にしてからも余韻が物凄くて、暫く映画館のロビーで座り込んでた。

一見退屈で代わり映えのしない毎日に映っても、ささやかな幸せに満ちたパターソンの何気ない日常とその中で起こるちょっとした出来事や変化、そしてその都度彼が綴る詩の数々がいつの間にか身体中の隅々まで染み渡っていて、物語が幕を閉じた時「普通」がどれだけ幸福で美しい事なのかを芯から感じる事が出来た。

静かで起伏がなくても映画的な素晴らしさが詰まった画面、シンプルで素朴なのに心の奥底までじわじわじわじわ浸透してくるこの感じ。
今でも気付けばパターソンの事考えて涙ぐんでる自分がいる。あぁ、やっぱ凄いなぁジャームッシュ。なんて素敵な映画撮るんだよ、まったくもう…
manami

manamiの感想・評価

4.4
なんでもない日常系雰囲気映画、それが最高なの
ま

まの感想・評価

3.0
正直途中までは、「終わりなき日常」感にゲンナリ。
けれども、その日その日の「ちょっとした違い」に気づいてから、
あの世界がだんだんと愛らしく見えてくるから不思議。

共感できたかどうかは別として、
ああいう生き方もあるのだなぁとしみじみ。
「とりとめのない日常」に幸せを見いだせること。
それはそれで才能なのかもしれない。
普段の日常に起きる、目の前のものの、その奥を想像させてくれるようになる映画。

毎日くりかえすルーティーンのなかにも変わらないものと変わるものがあって、変わるものとしては人間関係だったり人間模様だったり、元を辿れば時の流れだったりする。

パターソンの詩にもでてくるが、4次元以上の話とか、オハイオのブルーのマッチの話とか、とても共感することろが多かった。

お腹いっぱいで見るにはすこし眠いけれど、その眠ささえ、狙ってやってんじゃないかと思わせる映画。でも眠かった。

そしてカメラワークがとてもよかった。人目線、バス目線の、新鮮でなめるような視点の動き。

雨降りの日に見たのもよかった。映画の中では一日も雨降ってなかった。

自分の住む街も好きになれそう。日常からなにを掬うかは個人に任されていて、鑑賞後すこし世界が特別に見える。そして人間って変化してなんぼ、関係が切れたり揉めたり愛し合ったりするからやっぱり面白い。

全体的に盛り上がりには欠けるし、間延びもするので、映画を頻繁に見る人にならゆるくオススメします。
パターソンは戸惑いを顔に出しすぎるし、妻はそれに気づかなさすぎる。
朝のキスの場面がなければ、妻のことを愛してるかさえ疑問に見えた。笑わないんだもの。浅いかな。
毎日が日常化習慣化しているのは落ち着くし満ち足りているのは感じたけど、私はあの生活嫌だなぁと思った。
だけどあれが現実で、数年後にはそれが理想的になっているのかもしれない。
>|