パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

tomi

tomiの感想・評価

3.6
心地よい
omizu

omizuの感想・評価

3.1
ニュージャージー州の田舎町が舞台
主な登場人物は
バスの運転手パターソンと
ポジティヴシンキングワイフと
太めで嫉妬深いブルドック

日常で会う人々

だいたい同じ時間に起きて
だいたい同じ時間に出勤、帰宅
だいたい同じ時間に犬の散歩に行きながら
Barに寄る毎日

ワイフの日々変わる夢に相槌を打ち、
あんまり美味しくない夕飯も水で流し込み
何て出来た旦那さんだろうと感心する
まず、ちゃんと落ちの無い話に相槌を打ってくれるところに愛を感じる

淡々としてるかと思いきや
事件が起きたり落ち込んだり、毎日同じことを繰り返しても同じようには感じないのを普通に観せてくれる物語
自分の生活はどうだろう

永瀬さんの登場は?だったけれど
いい気候の日に観る映画として
よかったです
そして、インテリアの色遣いが素敵。
エルデコみたいでした

素晴らしい…!!
「何気ない日常が美しい」わけがなく、パターソンの日常が美しいのは、深い眼差しをもって、1日を丁寧に生きてるからだと思う。
あのイケメンはムーンライズキングダムの少年だ…!
さゆり

さゆりの感想・評価

3.7
意識しない当たり前の毎日も、今日しかない日なんだと思い出しました。
私にとって、映画館で観ないと寝てしまう
作品だったので公開中に行けてよかった。

そして、映画を観終わったその足でビールを呑みにいきました。
わたしも幸せに暮らしたいと思った
現役最高峰のほっこりリラックスムービーにしてホラー風味含め大好物だった。
音楽や映像からほんの少しのホラー感を漂わせつつも、結局何も起こらずに淡々と描かれる日常がたまらんく良くて、作中の詩も内面を吐露するドロドロした作品ではなく、テーマ(お題)をユーモア溢れる言葉で描くとても心地良い詩ばかり。

メソッドマンも出てたし、永瀬正敏も出てたし、
こりゃ今年イチやな!!
emlps

emlpsの感想・評価

3.4
バーで登場するあの彼ほどの気力は無いが私もその瀕死さが少しわかる時だった。ああいう穏やかな朝があることも、優しさや美しさに憧れることもあるけど私はじっと彼らの一週間を、人の日常をみてることに苦くなり始める。これからも日常を晒していく世の中は侵されていくのかな、詩が浮かんだ場所がスタジオだと言った詩人のように自分の真ん中に居られるだろうか。鍵付きのノートに詩を書く少女も良かった。
生きてる意味が無いと言って去る弱い背中、暮らしには無駄ばかりでも良いことを歳を重ねていつか認めよう。私にとってのいつも通りのジムジャームッシュさもあってぐちゃぐちゃに、素直には言わせてもらえない、捻くれ倒した文字が沢山消えた。それはパターソンが詩を書きためたノートの様な結果。まあ平和です。
udarolz

udarolzの感想・評価

3.6
ペンとノートを持ち歩きたくなるようなそんな映画
野田

野田の感想・評価

-
寝不足で見てはいけない映画だった
あらゆる伏線が回収されないまま伏線の影として膨張していく不思議な映画だった。
あとパルムドッグアワードというものを知った。 https://www.palmdog.com/home
>|