パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

r1ace

r1aceの感想・評価

3.5
繰り返される何気ない毎日。
家と職場の往復ばかりで
数年後振り返ってみたら
何やってたか思い出せない。
皆、人生の大半はそんな日々だわな。

だけど、もちろん変化もある訳で。
その中にあるほんの小さな幸せ、
それを伝えてくれる映画ですね、これ。

毎日を楽しくしてくれる嫁さん、
不幸まみれの同僚、アホ犬も好きだけど
詩を嗜む少女、洗濯屋のラッパー、
旅する異国の人、等など。
ただすれ違っただけの人々がとても良い。

面白いかって言われたらそうじゃないけど、
優しい映画でね、俺は好きですよ。
ジム・ジャームッシュだし、コーヒー淹れてゆるーく鑑賞。

観ながら気持ち良く寝ちゃいたい系。
評判の良さを聞いていたので鑑賞。
序盤はこれが面白くなるのかなと見ていたのですが、中盤あたりから、ちょっとこれは凄いんでは…と思いはじめ、見終えた時には深い感動に浸ってました。
個人的には、今年自分が観た映画の中でベストと言える作品です。

最初に引っ掛かってきたのは、パターソンがコインランドリーでラッパーに出会う場面で、ようやくここで本作が詩の映画なのだと気づきました。
詩人の少女に出会うあたりにはもう、序盤ありふれたように見えていたパターソンの日常が、その全てに美しさを湛える素晴らしいものに見えてきて。
最後に出会う日本人との会話もまさに、日常と詩についての本質を表現していたと思うし、白紙のページから始まるところで終わる終わり方には、物語後への無限の広がりを感じました。
なんてことないし、それゆえ淡々としたトーンが崩れない作品ですが、しかし、なんてことない日常のすべてが、詩の種、すなわち美しさを内包しているのだという気づきを与えてくれる作品です。
新たな価値観をもたらしてくれる作品との出会いは、映画鑑賞の醍醐味ですね。
嬉しいです。

しかし、こういう作品に共鳴する感性が自分にもあるんだなあと、驚きました。
朝、愛する人の隣で目覚め、徒歩での通勤、ポストの傾きを直し、犬の散歩がてらのバー…などのルーティーンが、まるで韻を踏んでいるように感じるなんて。
私にも詩心があるのかしら。
アダムドライバーの
大柄さと対比される
寡黙さ、優しさ、繊細さ

静かな映画は好きです

あの本の朗読された詩を聴いて
本当に素晴らしい詩をありがとうと
思いました笑

小さなワンシーンなのですが、
この映画を象徴しているのでは

夏に見ましたが良かったです
季節はいつでも、ぽっかり空いた日に
心が忙しくてのんびりとしたいときに
同じような1日でも、全く同じ1日なんてものはない。だから生きるんだろうなって思った。(パターソンの詩につられてる)

のどかな映画。
時間が経って行くうちに、だんだんとこの映画と呼吸のリズムが合っていって、時の流れがゆっくりになる感覚。心地よい。
N村

N村の感想・評価

-
子供みたいな、お母さんみたいなお嫁さんだなと感じました。

曜日が変わるたび、今日の2人はどんな寝方してるんやろか とわくわく
ngtd

ngtdの感想・評価

2.8
個人的に「凪」な作品。

映画には何かしらドラマチックな展開が無いと眠くなってしまう体質というか、性格な為、苦しかったです。

穏やかでステキな映画であることに間違いないのですが、当然の人間像が当然のまま、ステキなまま終わってしまうというのが、個人的には好みではなかったです。
じょり

じょりの感想・評価

4.4
①鑑賞後スマホ等解約を考える確率 23%
②嫁はもっとマーヴィンに優しく接しないとオレがワンジャックするで!度 70%
③繰り返しの中にこそ新しさがありリッチかも度 100%

好きだなこれ、引き算の美学と言うのかな。毎日時間に追われる者に本作のような暮らしへの憧れがあって、ヴァーチャルで代行してくれた気になる作品でした。シンプルイズベスト。にしてもパターソンは器がデカいよ、天真爛漫なワイフだな…。気がつけば時々マーヴィンの視点になったりして、人間社会をウォッチする気分となり愉快でした。あんなバー近くにほしい。
大阪の郊外を舞台にリメイクしたら面白そう。未練タラタラな男は宮川大輔で。

永瀬は違和感しかなかったのが唯一の不満。
あるバスの運転手の一週間。
詩を書き、多趣味で素敵な奥さんがいる。なんてことはない日常なんだけど、見終わった後は1日1日を大切にしたいと思えました。
zoo

zooの感想・評価

3.3
何気ない1日。
淡々とした毎日。
穏やかで自分という人間と見つめながら過ごす日々。
そんな毎日も悪くないし、
今の自分はどれだけ毎日違う日々を送っているのか。
途中寝落ちしてしまったけどつならなくは無かった。
>|