パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

miwonuku

miwonukuの感想・評価

3.8
なんにも起こらない、そんな平凡な日々も幸せなのかも。とかじゃなくって、幸せだと分かってる平凡な日々の中でも、人間は刺激を求め変化を求め理想を描き続ける。踏み出せなくても叶わなくても描かないと自分が無くなるよう。

むー深いところまで理解したい。今年1番考えた作品。
Mamika

Mamikaの感想・評価

4.0
わたしもこんな風な毎日を未来に送りたい。
わたる

わたるの感想・評価

4.4
アメリカニュージャージー州のパターソンに住むパターソンの7日間の日常を描いた物語。日常こそが詩的であり、詩そのものである。ただ淡々とパターソンという男の7日間が過ぎてゆく。それだけの映像の中に詩が内在する。ひとは皆詩人であるのであろうか。
考えさせられる点がいっぱいある。何もなかったような、とても素晴らしいような映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

詩人の街の詩人…
何の変哲も無い一週間に詩の元素が漂っていて、それを主人公が感じ取り言葉を綴る。
ということは、この映画にはカメラに映らないものも映っているということだろう。
繰り返す日常は微笑ましいけれど、その中で七日間で数人の詩人や、数組の双子と遭遇するなんて、考えると実に神秘的だ。
面白い。所々で逆毛立った。

水中、それは苦しい のメンバー竹内さんが「谷川俊太郎は宇宙人である」と述べているのを思い出したら、何だかSFに思えてきたりして。
永瀬正敏演じる日本の詩人はゼットン(犬)に倒されたウルトラマン(A・ドライヴァー)を救いに地球(パターソン)にやって来たゾフィだ…と自分の中で勝手に解釈。

何てことが無いようで目を凝らすと奥深い映画だと思う。何てことないのもそれはそれでまた愛おしい。至福の時間でした。
ユタカ

ユタカの感想・評価

4.0
第一印象が「ジャームッシュ映画顔」だったアダム・ドライバーが、ついに「パターソン」で降臨。

レイトショーが終わって深夜のスーパーマーケットに駆け込むと、お爺さんがひとり蛍の光の調べに急き立てられながら真剣に正月飾りを吟味していて(あした年が開けてしまうならまだしも、クリスマスでさえまだ半月も先なのにだ)、そんなどこかの誰かの日々のかけらが愛しく思えてしまうやさしいまなざしを持った作品でした。はあ、至福。

不思議と登場人物全員が愛しく思えてきた。
パターソンは寡黙な人だが、バーで銃を取り出した男性を的確に取り押さえたりしたところなど節々にどんな過去があったのか....?と考えさせられた。

結局何も起きなかったけど、
パターソンの詩とともに日常が丁寧に描かれていて、優しい気持ちになれました。

後、ムーンライズキングダムの2人が出てきたのが、とてもテンション上がりました。
gonzui

gonzuiの感想・評価

3.8
平凡でドラマティックな毎日。

マーヴィンかわいい。
モコラ

モコラの感想・評価

3.6
2017/12/10
@UPLINK渋谷
ふつうの人たちの日常を丁寧に描いていて、わたしも毎日をもっと丁寧に生きようと思わせられる、そんな映画。

というかアップリンク渋谷に初めて行ったけど、映画館自体の印象がすごく強かった。また観たい映画があるときは使っていきたいな〜
なぜかやめられないなと思うと思い出す映画
>|