パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

バスドライバーのアダムドライバー。

彼の海兵隊の時の写真があってビックリした!演技も彼そのものだった気がした。
土曜日の朝に観るのは大正解だった。

アナログ人間感も今の時代にとって必要だと思った。
束縛されそうだからスマホ持たないから詩を書くときも小ちゃいノートにペンで綴る。画面上にでる肉筆がただの言葉の連なりなのに視覚化されてそれぞれの詩の世界感が広がっていた。

平凡な労働階級の1人の一週間を追うのは、退屈に聞こえるかもしれない。
しかし、誰の毎日も一緒ではなくて、細部を見ると色んな人に出会ったりするわけである。大きな出来事はそこまでは起きないけれど、規模がどうであれ人に与える影響は計り知れない。

あと「双子」がたくさん出てくるんだけどどんな意味があるのかまだ分からない、、。
もしかしてパターソン市に住むパターソンはパターソン市そのもの(双子)だということか、、。


アダムドライバーの笑い方が好き(笑)
tomひで

tomひでの感想・評価

4.0
相当好き。ジムジャームッシュ作品の中では「ストレンジャーザンパラダイス」の次に来るくらい好きかも。

ジャームッシュが作る世界観が本当に心地良くてずっとずっと観ていたくなる。「この映画終わらないで」的な(笑)こういう気持ちにさせられるのは邦画の小津安二郎監督もそう。監督独自の視点と拘りが溢れまくっていて大した事件は起こらないのに画面を見ているだけで延々楽しい。いいもの観させて頂きました。

「詩の翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」
mai

maiの感想・評価

3.8
起承転結どんでん返しはないけれど ずっとみていたくなる愛おしい作品 決してキラキラしてない、何気ない毎日の切り取り方、映し出し方がとてもすき あんな風に1日を始められたらそれだけで、もう幸せと言い切れる気がする そして劇中で主人公が毎朝食べるグラノーラがあまりにも美味しくなさそうで笑ってしまった
Rio

Rioの感想・評価

3.3
2018.11.16
友達のススメで鑑賞。
ほとんど起伏もなくゆったりと流れる。
二度ほど寝落ちしましたが
嫌いじゃないです。
夫婦が可愛い。お互いを受け入れて優しく寄り添う。温かい夫婦。
代わり映えのない日々も愛しく思える
ami

amiの感想・評価

4.5
《WOWOW》

“詩の翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの”
ハルカ

ハルカの感想・評価

3.4
テーマは日常のすばらしさと激務な現代人への戒めだとは思うのだが、どうにもテンポが遅くて飽きる
静かでゆっくり染みるような映画だった。こういうのは久しぶり。こんな妻いいなぁ。
恋人がめちゃめちゃキュートだった。アダムドライバーもいいなあ。

美しい日々。かわいいわんこ。モノクロの水玉。コインランドリーのラッパー。距離感が絶妙にいい...

ルーティンだけど少しずつちがう、一瞬一瞬の細かな違いで日々が回っていく感覚。


ラジオでライムスター宇多丸が言ってたレビューがとても面白いので、ぜひ。ググったらでてくる
ジャームッシュ=アメリカ的小津安二郎( ͡° ͜ʖ ͡°)な印象。

大きな盛り上がりもなく、まさに「日常」なストーリーの繰り返しがクセになる。ブサカワなブルドッグ。不思議ちゃんだが美人で常に夫を気にかける妻。そしてパターソンも、奥さんの行動に時たま戸惑いつつも決して否定することはなく、和かに話を聞いている。さりげないけど、これほど理想的な家族の風景って、なかなかないんじゃない?としみじみ。

平凡な一日、だけど帰宅して家族に「今日さ〜」と会話になる程度の物語はある。まさに人生って、そんな毎日の繰り返しやね(o^^o)永瀬正敏が、三四郎小宮に見えた_:(´ཀ`」 ∠):
パターソンは主人公の名前。
そして彼が暮らす街の名前。

パターソンの一週間は、俯瞰で映される朝の夫婦の寝室から始まる。静かに目覚め、いつものシリアルの朝食を食べてバス会社に出勤。運転手の仕事を淡々とこなし真面目に帰宅、夕食後は愛犬を連れて馴染みのバーへ🍺

好きな詩をノートに綴りながら単調な日常生活を繰り返すパターソン。詩は彼の生活の全て。自分の気持ちを詩にして書く事が、静かなの彼の喜び。

小さなマッチの箱のデザインに触発されて愛を込めた言葉を紡ぐ。

ちょっと個性的で可愛らしい妻ローラ。彼女に"んっ?"と思う事があっても静かに受け入れるパターソンが微笑ましい。

愛犬マーヴィンとの笑えるエピソード、バーの常連客とのやり取り、街で出会った少女、妻が作る不思議な模様のマフィン、街の風景、そして意気消沈したパターソンの前に現れた日本人旅行者との会話。

静かに流れる風景の全てが愛おしい。感情を表に出さないアダムドライバーの表情がいいなぁ。

日本人旅行者は永瀬正敏…さりげなく登場して大切な事をパターソンに伝える。2人が出会う場面の雰囲気が好き💕

パターソンの1週間は不思議な魅力に溢れてる。小さなノートに詰まった彼の想いがみずみずしい。

私も淡々と仕事して家事して…同じ事の繰り返し。詩がパターソンの生きがいなら、私にとっての生きがいは映画?いやいやここは家族と言っておこう。

その単調な生活の中で自分なりに幸せを見つけると人生は豊かになる。

マーヴィンのイタズラにめげず又新しい言葉を紡ぎ出してねパターソン🤗
>|