パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

おいも

おいもの感想・評価

4.8
ドラえもん、クレヨンしんちゃん、サザエさん、アンパンマン、コボちゃん、釣りバカ、次はパターソンでお願いしたいってくらい毎週見たい。無限に作れる。
とにかく愛らしくて、自分の顔が物語に合わせてにっこり笑ったり、同情してなんとも言い難い顔になってしまう。
永瀬正敏が出てくるところがこち亀でいうところの「浅草七ツ星物語の巻」くらい良い話です。
これが日常。
何気ないことで温度差が生まれても、愛があって受け止められること。
ちょっとしたことで嬉しくなること。
そんなのはいつも大したことじゃなくてもいい。
毎日同じ繰り返しのようだけど、比べたらそれは同じじゃない、とパターソンが教えてくれた。
都合がつかず劇場スルーしてしまった作品だけど、此度再上映の機会が。

パターソン市のバスの運転手のパターソン。
きれいでアーティスティックな奥さんがいて、毎日だいたい同じ時間に起きて出勤して帰宅して犬の散歩、そのついでにバーで一杯。その合間に詩を綴るのが日常。

詩を綴りこそしないけれど、会社と自宅の往復とたまの息抜きの生活…これって私も貴方もパターソン、なんてフレーズが観てる間ぐるぐる頭を回りました。
でもでも絶対的に現実と違うのは彼は怒らないこと。私だったら不満のひとつも言いたくなる場面もあったのだけど、彼は悲しみ怒りを相手に向けないのだ。できた人柄だなあと思う。
監督が巧みなのは彼の当惑や虚脱をそういう気配で現してる。だからこちらにも彼の内心が伝わってくる。雰囲気で察する、それを映像でみせるのが本当にうまいなあと思う。

永瀬さんの「あ〜はん?」がちょっと面白い。
ヘンなイントネーションで耳に残る 笑
あとブルドッグがとても愛おしくなる。

インテリアや小物、町並み、最後に差し出されるノートまで、細部に渡るジャームッシュ監督の「さりげない、日常に馴染むでもちょっと尖ったカッコ良さ」の雰囲気。スクリーンで観れて幸福でした。
ありがとう。
mikaramu

mikaramuの感想・評価

4.0
あらすじからはあまり期待してなかったがロングランしてて好評なのが気になったのと、ジャームッシュはやはり応援したいので名画座2本立にてようやく捕捉。いざ見てみたら観劇後もジワジワくる良作。
"物語の筋とは直接関係しないが重要な瑣末描写"が大量に含まれており、ジャームッシュの本質がしっかり刻印されている。パターソン家の飼い犬が毎日郵便ポスト蹴ってるシーンとか、ほんとどうでもよさそうだけどこの監督にしか表現できない豊穣さを感じる。
パターソンの奥さんの描写に不思議なリアリテイがありすぎて困るレベル笑
パターソンは、ニュージャージー州パターソン市に住むバス運転手。
愛する妻と飼犬との暮らし。
いつもの店で酒を飲む。
そして時折、詩を綴る。
それが、彼の暮らし。

彼はいつもと変わらないが、
詩 人との出会い 日々の気づきなんかが、
そこここと記されていく。

特に何が起きるわけではない映画だが、
飼犬、妻、パターソン
それぞれと一緒にその何でもない毎日を一緒におくっているかのような、
引き込まれていく様は見事。
飼犬がいい味だしてた映画。

いつかパターソン在住の友人が出来たら、
この空気感を共有できるなぁと感じた。

ミニシアターでみたい映画。
Noboru

Noboruの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

日々の同じ生活の中で毎日、毎日がちょっと違う。
同じ操作をしていても、バスの中の客の会話や同僚とする何気ない会話が違う。
行きつけの店で話し込むことがあれば、誰とも話さず1人の時もある。

ちょっとした悲劇があって世界とつながりを失って塞ぎ込んでしまうこともあれば、
ちょっとした気の利いたギフトを受け取ることもある。

週のはじめに、双子(twins)の話をパートナーとしたら、そんな週に限って双子ばかり見かけるような気がするけど、
それはただのデジャヴなのかも。

「何気ない毎日がギフトです」と言われてしまうとちょっと胸焼けがしてしまうけど、
薄味だけど悪くないかなって思える。

自分と同じ言葉を紡ぐ人と触れ合って、
少しばかり影響を受けて、
たどたどしく詩を作る毎日。
tatu

tatuの感想・評価

3.3
アメリカ映画であるが、雰囲気、ストーリーが欧州ぽい。
自分の生き方に納得している夫と少し趣味の変わった妻の愛に包まれた一週間を描いている。日常を描いているいるが心に染み入るものがあった。最後は何か希望のようなものを感じた。
okome

okomeの感想・評価

4.1
3秒に一回くらい、アダム・ドライバーと結婚したいと心の中で叫んだ

朝起きるシーンがいつも可愛い。
奥さんととても趣味が合うわけではなさそうだし、多分パイは美味しくなかったんだろうし、それを口にはせず我慢しているんだろうけどそれでも奥さんのことを心から愛していていいなあと思う

「詩の翻訳は、レインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」ってとてもわかる。日本語は日本語でしか表現できないしそれは英語やその他言語も同じだといつも思うので凄く納得。
だけど、この映画を日本語字幕で観ているわたしはどうしたらいいの、、、という気持ちにはなったよね
なごみ

なごみの感想・評価

3.0
犬🐶名演すぎるぞ。
シュール、単調、繰り返し、だけどそれが日常。
アメリカの田舎町の雰囲気ってこんななのかなあ
barakachan

barakachanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりのジャームッシュ。
この映画が一番好き。

平凡だけど、愛おしくてたまらない奥さんと、物に囲まれて、それらを大好きな詩に紡ぎあげる毎日。

バスの運転手さんで、乗客の日常を耳にしながら、時に少し微笑んで、バスを走らせるのも、なんだかいいな
そんな彼にも、バスがエンジントラブル起こしたり、毎日わんこと行くバーで恋愛沙汰にまきこまれたり、しまいには秘密のノートをわんこに破られたり
そんなドラマは降り掛かって、人生に彩りを加える。

秘密のノートを破られて、眠れない夜が明けた日、パターソンの滝の前の公園で風変わりな永瀬扮する日本人サラリーマンの言葉に、そして、また新しい詩を書き始めたパターソンの姿に涙が止まらなかった。

Sometimes an empty page presents the most possibilities.

ここ数年で一番心に響いた言葉かも
頑張ろう
>|