パターソンの作品情報・感想・評価・動画配信

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

翔海

翔海の感想・評価

3.9
変わらない日々にも嬉しい日や落ち込む日がある。

ニュージャージー州のパターソンに住むバスドライバーのパターソンは生まれも育ちもパターソン。彼は朝起きて隣に眠る妻にキスをして職場に向かい、仕事でバスを運転し、たまに浮かんだ言葉を書き留めては詩を創り出す。仕事から帰ると家のポストから郵便物を取り、傾いたポストを直し、妻と夕飯食べる。夜は愛犬のマーヴィンを散歩に連れてゆき、バーに立ち寄ってはビールを一杯飲みマスターとたわいのない話をするのが彼の楽しみの一つ。何も変哲もないような彼の7日間は喜怒哀楽に溢れた日々である。

アダム・ドライバーがバス・ドライバーを演じ平凡な日常に小さな楽しみを見い出すこの作品。どこにでもある日々を描いた作品に見えて所々に散りばめられたメッセージ。ジム・ジャームッシュはこれで2作目。前回のダウンバイローは難解で理解出来なかった私でしたがこの作品はあまりシンプルで同じ監督とは思えませんでした。ですが、鑑賞後にこの作品について少し調べたら見え方が一変しました。自分の言葉を詩に書き留めるも自分から発信しようとしない。スマホやpcを持っていればすぐにでも発信できる世の中に束縛を嫌い、付き合いもパターソンの街の人達だけ。そんな彼だけど小さな詩人の少女やコインランドリーでラッパーの青年に出会ったりと彼の詩に少なからず影響を与えていた。

私は詩について全く知識はないけど、この作品から伝わったのは詩も映画と似ているところはある。聞く人によって捉え方も違うし、自分に響くものが好きだと直感的に思うものであると。
masa

masaの感想・評価

3.5
特別なことはほとんど何も起こらないのにこんなに面白いなんて。
奇妙で優しくて美しい映画。
chaxsolow

chaxsolowの感想・評価

4.0
Paterson(2016)

アメリカ ニュージャージー州 パターソン市、街と同じ名前をもつ周回バス運転手パターソンが過ごす1週間の話

朝ほぼ定刻に目覚め(凄)、ベッドの嫁にキス、シリアルを食べ勤務先のバス車庫へむかい、仕事をこなしながら乗客たちの会話に耳を傾け、お気に入りの場所で秘密のノートに詩を書き留める。
帰宅後夕食を摂り、愛犬の散歩の途中で立ち寄るバーのカウンターでビールを1杯やって帰宅し眠りにつく。

それが7日間繰り返されるだけなのに、そのディテールが少しずつ違っていて主人公のパターソンも幸せを感じているような日々が続いていくのと、読み上げられる詩や登場人物たちの人間模様と、車窓や散歩のなかでパターソンが見つめるパターソン市の風景、そして音楽が絶妙で、見ていてリラックスした気持ちになってくる作品。

ただ最初は、こういう作風と知らずに見てるのと、普段見ている抑揚の激しい作品のせいで"このあと愛犬か嫁がいなくなるんでは"とか"パターソンが何らかの災難に遭うんでは"とか、結果的には要らない邪推をしてしまったので少し間を置いて、もう一度ゆっくりと噛み締めて観たい映画。
アダムドライバーは既にSW出た頃でこんなインディー感たっぷりな映画に出てくれてバッチリやし、最近タイラーレイクでも出てた嫁役の女優も個性的ながら美貌が凄くて、そこがこの映画での抑揚というかトピックかなと。
詩についてもっと知りたくなった!
辛うじてアレンギンズバーグの名前は知ってたものの読んだことないし、エミリーディキンソンの詩集も読んでみたい!
パターソンもどんな歴史を持った街なのか知らないけど、作中に地元出身の著名人のエピソードが出てくるのでもっと知りたくなる。
街やそこに住む人々の特色を感じられる映画って好き。

この監督は特に好きでも嫌いでもないけど映画の組み立て方?にこだわりがありそうで楽しくていいなと思う。
主人公のちょっとした表情や動作に性格やその時の心情が読み取れて癒される。

あとは「芸術を生業としていない人が芸術を創作することの意義」
みたいなことについて町山さんがツイートしてるのを見て気になり過ぎるので映画ムダ話買ってみようかな…(読んでからレビュー書けば良かった)
あえて、途中で観るのを止めてみた。

たぶん、逆再生で観ても、適当に49分辺りから観ても、5分だけ観ても、
色んな鑑賞に耐えうる作品。

横軸に淡々と流れる時間と、日々深まっていく詩的世界の奥行き。そしてそれを縦に切り取る映像という多面的観点。

デジタル主流の世の中でも、有機的である事を恐れない。静かで愛に溢れた日常。

モノクロ映画の様なクールなアンビエント。
かといってノスタルジックな押し付け感は無く、静かなユーモアと、バランスの取れた狂気。

広告上手な話題の映画やアニメを見るよりも、自己啓発系のyoutubeを見るよりも、こういう淡々とした、静かで、少し狂気を覗かせた、この作品に身を委ねる方が、心が豊かになるんじゃないかなー。それは人によるか。

数字が全て系。
再生回数が、フォロワー数が、売上が。
資本主義。不動産。
インフラ勝負。

他人の褌系。
コンサルタントの男。PRの女。
おまじない。
インフラ勝負。

詩を詠むセンス。
それを詠みあげる声を選ぶセンス。
それは別次元の
唯一無二の尊い表現価値であり。
その価値があるからこそ。
初めて、そのためのインフラが必要で。

不正解ではないサステイナブルとか
その場しのぎのトレンドもそうかな。

引け腰。

答え合わせな時代。

空洞化側々時代。
はる

はるの感想・評価

3.6
セリフも登場人物も少ないからか、行間を読むではないけれど、観客の想像力や共感力が掻き立てられるような素敵な映画。

日々のルーティンを愛しいと思える心はいつまでも持っていたいな、と思いました。
Yuz

Yuzの感想・評価

3.4
特別好きなシーンがあるわけではなく、強い印象が残ったわけでもないのに、何故か"この先何回も見返すんだろうな〜"と思った。

非現実を追求できるのが映画だと思ってたけど、ただの日常を振り返ることが出来るのも映画だからだなって気づいた。
なお

なおの感想・評価

4.0
眠れない夜に観たい映画。
平凡な日々だけどそれこそが幸せなんだろうな。詩を書くの素敵。

毎日が新しい日

きっと何回も見返すと思う。
凜

凜の感想・評価

-
パターソンの日常を切り取った様な映画で、シュールで時々笑っちゃうけど、何故だか哲学的な部分も感じる。

アーハン
1回目、寝た。
2回目、見切ったけど、この映画好きだな、と思えたのは『アーハン?』のところでようやく。なんだかあのシーンでこの映画、好きだなと思えた。
パターソンの優しさがすごい。嫁が自分勝手すぎてムリと思ったけど、進むにつれてお互いに同じように愛情が深いことがわかって愛ってこういうことか、と思った。
詩のことなんてなんにもわからないけど、作中に出てくる詩は、どれも情景が浮かぶような素敵な詩だった。
>|