パターソンの作品情報・感想・評価・動画配信

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

りの

りのの感想・評価

3.9
素朴だけど淡々と過ぎていく日常の中に同じ日は無くて、尊いものなんだなぁと思わせてくれる。
お互い邪魔する事なく、やりたい趣味を尊重しあっている夫婦の関係が思いやりに溢れていた。
愛犬の表情や行動がたまらなく可愛くて、ずーっと眺めていたかった。あの後どうなったかなぁ‥。
misaki

misakiの感想・評価

3.5
ストーリーの展開がドラマティックでないところが素敵。
普通に見える日々がとても尊くて、愛おしい日々であることに気づかせてくれる作品でした。
なんでもない日常だけどちょっとだけ幸せ
映画らしくないけどとっても映画だった

映画の話をする映画とか急な日本要素だったりちょっとしたアクセントも嫌じゃないし、なんかずっと夕焼け見ている気分が続くよう
心地良い。毎日ルーティンで変わり映えしないんだけど退屈じゃない、心の中はいつも新鮮に何かを感じているパターソンの生活は、むしろ豊か。ローラのお弁当とかバーでのやり取りがクスッと笑える。
秘密のノート、マーヴィンにズタズタにされる前に私に見せてくれてありがとうって気持ちになった。どの詩もローラに繋がっていて、土曜日の詩は最高に素敵。この愛の詩をローラが読むことはないってとこがまたいい、ローラが見たら別のものになってしまいそうだもんな
モ

モの感想・評価

3.5
ジムジャームッシュの何気ない1日や日々に焦点を当てたような映画とても好き
パターソン良い詩書くな〜マーヴィンのすっとぼけたような顔が愛おしくて好き!
このアダムドライバーかっこよく見えた
Mayuko

Mayukoの感想・評価

4.0
朝からコーヒー片手に鑑賞

ジム・ジャームッシュの、こういう世界のどこかにいそうな人たちの日常とか会話で成り立ってる映画めっちゃ好き

なにも起こらないけど、そこがまたいい

パターソン、行ってみたいな 
街並みめっちゃきれかった

マーヴェリック、ガレージから出してもらえたんやろうか、、、🐶
and

andの感想・評価

-
同じような日々は同じようでどこか違う、そんな日々の中でパターソンが詩を詠う。


心地のいい映画
この暮らしに少し憧れる
ShotaOkubo

ShotaOkuboの感想・評価

5.0
「目を凝らし、耳を澄ませば、昨日と同じ日は1日としてない」

反復的な日常に宿る美しさや愛おしさを映し出す。

詩韻のような語り口から紡がれる世界の瑞々しさたるや。

ジム・ジャームッシュらしい詩心の籠る1本。
都

都の感想・評価

3.8
ジム・ジャームッシュの映画をレトロスペク上映で知ってとても引き込まれた
その影響でこの映画をみた訳だが彼の作品では日常を取り扱っているものが多い気がする
彼の映画の魅力のひとつに会話がある
彼の映画の登場人物達は少しクスッと出来るような聞いてて小気味よい会話を繰り広げる
本作では特にそれが発揮されていてコーヒー&シガレッツを思い出した
それがまた他人の日常を覗き見しているようだ
本作にも色々な事件は起きる訳だがそれは私たちに絶対ありえないような事ではなくてむしろほとんどが日常にあることばかりだ

そこに彼の芸術性があって意識を日常へ立ち返らせてくれる

本作はパターソンの1週間のを描く訳だが皆の日常の捉え方が様々で面白い
パターソンは詩を書くことを生きがいにし
奥さんはDIYなど自らの好みに家を変身させることを生きがいにしていてそれぞれの趣味が美しく魅力的なものに写る

同じバス会社の人は普段の日常、普通が彼にとっては最悪で
バーで会う男の人はひとりの女の人だけが生きがいで自分の人生に対する捉え方も様々に描かれている

それら全てが映画全体で詩として成り立ち私たちの心を震わせる
人生ベスト級。
批評は書きませんが
ジム・ジャームッシュレトロスペクティブで見てきました。

劇場の雰囲気がよく
永瀬正敏のアーハーン?の所で各所で笑いが起きてて、やっぱいいよねこういうの。

ブルーレイで100回は見てましたが劇場で観るアーハーン?はやっぱり違いました。
>|

あなたにおすすめの記事