パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

minori

minoriの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

彼女の横で目覚めてコーンフレークを食べランチボックスのみ持って頭に詩を思い浮かべながら会社に行く。
上司との会話、乗客のくだらない話、帰宅して彼女との時間と犬の散歩、バーでの会話全て決まり切ってる日常に見えてもある時は双子が目についたりコインランドリーのビーボーイや詩を書く女の子と出会うなど同じ日なんて実は1日もない。
日々大きく変化を起こす彼女との対比のせいで代わり映えしない様に見えるだけで。
パターソンが彼女の趣味にぴったり合致しない感もリアルで凄くいい。
詩人になる事を諦めてるのではなく別にこれ以上の欲がないのだろう。ケータイを持たないのも昔は必要なかったって。
これで十分なのにこれ以上を人は求めてしまうよなー
きっと、自分が過ごす毎日だったら
見逃してしまいそうな毎日を
繰り返しに感じる毎日を

例えば、双子の連鎖とか
滝と女の子の詩とか
毎日のバーでの会話とか
仕事前の上司との会話とか

映画にする事で、
なんだか美しく
全てが繋がって何かに向かっているように感じてしまう。

日常は美しい。
こんな毎日を過ごせたらいいなぁと思う。
hamada

hamadaの感想・評価

3.8


休憩所からから見える滝の風景がすてき。
チーズと芽キャベツのパイ食べたい。
David

Davidの感想・評価

4.0
映画はアートだと思い出させてくれる映画。
amount

amountの感想・評価

3.8
愛に溢れる日常の優しさ、美しさが心地よい映画。

キスから始まる2人の朝、こんな風に愛されるローラはどんなに幸せなんだろうと思ってたら、後半のローラの素直すぎる愛情や人柄もとても魅力的。
特別ロマンティックな展開があるわけではないけど、2人の揺らぎない関係が見ていてほっとする。
毎日繰り返される日常のように見えて、バスの乗客の会話や、散歩中に出会う人、言葉や詞によってつながる小さな出会い、、1日として同じ日はない。自分が主人公だと気づかないのかもしれないけど、日常にはそんな小さな出来事がたくさんあるのかもしれない。
詩や音楽、週末の映画鑑賞、どれもすごく特別ではないけど、人生を彩ってくれるものだと改めて感じた。
1日の終わりは描かれていないけど、幸せに眠りにつく2人の姿が想像できる。

淡々と進むようで、流れがあって、映画全体が詩のようだった。

自分の日常も愛おしく思えて、穏やかな気持ちになれた。
最後に永瀬正敏が出てきたのがちょっと…
なんともない日常から、急にやらせっぽくなってしまって残念。
Shishido

Shishidoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

口コミでクソサブカル野郎みたいのが多かったけどそこまでの傑作には感じなかった。
パターソン町に住んでいるパターソンさんの一週間。それだけなのに、どうしてこんなに観ていられるのか?
特別なことはそんなに起きない。(いや、少しは起きるんだけど)ただ、流れてゆくその一瞬、その一日、その一週間が愛おしくなってくる。
映画は時間の芸術という言葉があるが、その意味が改めて思い知らされる。”映画”そのものに興味があるなら、ぜひ観て欲しい。
Garu

Garuの感想・評価

3.9
とても退屈ないい映画。

最後にバカボンのパパが出てきて「これでいいのだ!」と言っても良いのではないか。
そしてまさに永瀬正敏さんがそのポジションだと思う。

パターソンに住むバスの運転手パターソン。町田に住む町田さんみたいなかんじかな。
退屈な話が続き、まあ平凡と言えるパターソンの日々を観る。

もちろん映像のセンスは素晴らしい。使い過ぎない光の使い方が上手い。その辺はさすが。ちょっとだけ裏がありそうと考えてしまうような展開に勝手に色々考えてしまう。

身近な世界を詩で表現しようとするパターソンの日々をまるで詩のような物語で構成した感じの映画。
「~を観ている人を観ている」的な。何とも言えない感覚の良い映画。
KanaTakagi

KanaTakagiの感想・評価

3.8
ジム・ジャームッシュの描く人はかっこつけてないのにかっこいいし見ていて気持ちいい。
>|