パターソンの作品情報・感想・評価・動画配信

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

miho

mihoの感想・評価

3.8
いかにもジムジャームッシュ。
ゆったりとして心地の良い作品でなんてことのない日常。

次作にもまたアダムドライバーらしいね。
何も派手な出来事は起こらないけど、世界の見方をガラッと変えてくれる一本。
一見同じような5日間としがない休日2日が描かれるんだけれど、パターソンがその生活を凄く楽しんでいるというのが細かな演出とアダム・ドライバーの演技から伝わってくる。

マッチの箱、滝、乗客の会話などの些細なものを彼はいつも愛おしそうに見ている。日々の生活を同じことの繰り返しで退屈だと感じることは多い。でもちょっとしたことに目を向けることで世界はいくらでも広くなり、奥行きは増していくということをパターソンは気づかせてくれる。
パターソン………街の名前?彼の名前????ってなる。あえて初めに明かさない感じが洒落てる。心がすさんでるからか、愛が覚めていく映画なのかと思ったが、愛溢れる映画だった。とりとめもない日常なんだけど、童話のように非現実なエッセンスが散りばめられていて終始不思議な空気感。文学的な雰囲気漂いまくりで、話はなぞれるけど軸を掴みきれなかった。ポストのくだりが楽しかったね。
yuna

yunaの感想・評価

3.5
朝のシーン幸せ〜

平和な毎日で盛り上がりとかはなくて、
少しだけ飽きてしまった、多分向き不向きある
先輩に薦められて鑑賞。
朝のベッドを写す構図が最高だった。

こういう映画って、撮りたいエピソードを決めてからつなげて脚本を考えているのだろうか、
お洒落なシーンが随所に散りばめられていて、全体としては少しふわふわとした印象を受ける

こういう映画最近ほんとよく見るな〜
好きなんだろうな
ちの

ちのの感想・評価

-
期待した分なのか、とてもきもちわるく見えてしまった…なんだか全部嘘に思えてきて。

そもそも、詩は嫌いでも好きでもないけれど、パターソンの読む詩はわたしの心には何も刺さらず、ゾワゾワするだけで、パターソンが奥さんを見る目も、奥さんがパターソンを見る目も、しっかり愛情はあるんだけれど、なにか言い出せないものがあるんじゃないかなとおもった……なにかおかしな展開が始まるのかとおもったよ、嫌悪感みたいのが時々出てきて、集中してみることができなかった。

他の人の感想を読んでも、よくわからない????ちょっと自分がおかしいんじゃないかと困惑してきた???
maverick

maverickの感想・評価

4.3
詩を書くことが趣味の主人公。ニュージャージー州パターソンに暮らす彼はバスの運転手。詩を書くこと以外はごく平凡な男である。アーティスト志望の才女な妻がいる恵まれた生活に見えるが、代わり映えのしない毎日にどこか空虚さを感じていた。バスの運転手として勤務し、帰宅した後に犬を散歩に連れてゆく。馴染みのバーで一杯やって帰るのが密かな楽しみ。自分を尊敬し、詩の才能を認めてくれる優しい妻が大好きだが、料理の味だったり、生き方そのものにズレを感じてモヤモヤもしている。バスの運転手は気楽で自分に合っていると思う一方で、乗客の人々の聞きたくもない話が耳に入り、同僚の愚痴も聞かされる。こんな主人公の境遇に共感する人も多いと思う。本当はもっと違う人生を望み、代わり映えのしない毎日から脱却したいと願う。でも、大きく人生を変えるほどの決断には至らない。不満がありながらも、現状を生きるのみだ。主人公には詩の才能がある。ただ、それを信じれるだけの自信と勇気がない。彼がノートに綴る詩を朗読する形で、バックには彼の変わらない日常が描き出される対比が印象的だ。彼の屈折した感情が詩を生み出しているのだなと感じることが出来る。優しく温厚な性格の主人公であるが、心の中にはやりきれない鬱憤が蓄積されている。本当にやりたいことをやりたいようにやっている人は少ない。仕事や家庭、日常に生きながら我慢の連続ではないだろうか。人世はそんなもの。そう多くの人は思っている。だから本作は共感してしまうのと同時に、自分と通じる部分を見せられて辛くもなったり。そんな主人公に最後に訪れる展開は救いだ。可能性なんて自分でいくらでも作ることが出来る。どういう物語を描くは自分次第なのだから。アダム・ドライバーは本作でも光っていた。彼の演技と共に、美しいなと思える作品だった。永瀬正敏が重要な役で出演している。好きな映画だ。
Leaf

Leafの感想・評価

3.8
時間の使い方がとても贅沢に感じる映画。
ルーティンのように進んでいく毎日でも少しずつ、時には大きく違うこともあって...
そんな誰でも感じられることを優しく、オシャレに表現していたように思います。
贅沢とは言いつつ尺は2時間しかないので日々のちょっとした違いが強調されていて、内容的には大したことないのかもしれないけれど楽しく鑑賞できました。
あと何の強がりでもなく「僕を理解してくれている」と発言できる2人の関係性が羨ましい。
お互い自立してる上で絶対の信頼関係があるのでしょうね。
お餅

お餅の感想・評価

3.0
私は詩とか全く分からないけどこの夫婦なんだか奇妙だなと思った。まぁ価値観が合ってたのかな。
ただの日常の切り取りとして見れば良いんだろうな…
MacGuff

MacGuffの感想・評価

4.1
良い映画
アダム・ドライバーの詩人かっこいい
依存していたものを一度全て無くすと
もう一段深みが増し
より洗練されたものができあがる
ような気がした

ポスト犬の仕業かい
奥さん可愛いかった
>|