パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

riesz77

riesz77の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジム・ジャームッシュ監督が出す作品全体の雰囲気がジムジャームッシュ!って感じがして(笑)とにかく独特な味わい。『コーヒー&シガレッツ』と共通している世界観があった。

愛を感じるシーンやユーモアを盛り込んだり、日常を切り取っただけの話なのにまったく退屈しない。1週間の話と前もってわかっていたこともあり、終わりまですっきり観ることができた。夜中に観て正解だった

パターソンでバスの運転手をするパターソンの話。カイロレンとはかけ離れた生活を送っているのにパターソンにしか見えなかった。アダムドライバーの存在は唯一無二。そして妻のゴルシフテファラハニという覚えてもらえなさそうな名前のイランの女優さんが魅力的だったのが、この作品のもう一つのいいところ。2人と犬が中心の物語だった。

笑えたのは芽キャベツとチーズのパイのシーン。食べきったのか気になる。一口食べるごとに水を飲み干すパターソン(笑)。犬のぐったり感がおもしろい

最後の永瀬正敏のシーンは本当にいらなかった。蛇足感が。アーハーの意図もわからず。別に日本人じゃなくてもいい。白紙に無限の可能性があるという台詞は良かった
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『コーヒー&シガレッツ』で人気を集めるジム・ジャームッシュ監督の久しぶりの作品は、同じ日は1日もないのだと

「静かに」
「淡々と」

進んでいくのだが、どんどんと引き込まれていく

「日常はこんなに楽しいもの」

その世界観が素晴らしい作品でした!
精神安定剤的な心地よい映画。

映画としての派手さはないかもですが、しっかりダシが出てて旨みが広がる味わい深い映画。

日常にある何気ない風景、行動、他人の会話、知人との会話。

「なんか良いな〜」と思いました。


独りで母親を待ってる女の子に「一緒に待っててもいい?」て会話するとこもなんか微笑ましく良かった。


アダム・ドライバーの自然体演技がメッチャ良いです。


友達同士やカップルで行くより、1人でゆったり観る映画で感じがしました。


“面白い映画”というより“心地良い映画”ていう作品でした。
Mana

Manaの感想・評価

3.0
期待しすぎたのか、あまり響かなかったかな。ただただ犬が可愛い映画。
felicity

felicityの感想・評価

3.7
変わらないように見えて毎日違う、日常の愛おしさ。パターソンという街に住むパターソン。ドライバー役のアダム・ドライバー。詩人、双子、白黒、滝、ビール、チェス、マーヴィン。

心地よく眠くなったけどそれもまた良し。アダム・ドライバーの字を読み声を聞き、こっそり笑うのを盗み見るような感じたまらないな。来週は白紙のノート。That’s Poetic.
小田切

小田切の感想・評価

4.6
こんな日常を軽蔑するのか、羨望するのかはそれぞれ。とっても奥行きのある作品。
Uh-huh〜

「ストレンジャーザンパラダイス」
「パーマネントバケーション」
「ダウンバイロー」
ちょっと背伸びし観たあの頃
30年以上前の作品かな?
ストーリーは忘れちゃったけど
タイトルとモノクロだった事は
しっかり記憶している。
永瀬正敏の起用は
「ミステリートレイン」繋がりからか?

月曜の目覚まし⏰から始まる
朝食を食べ
出勤 いつもの道
いつもの会話
時折、乗客の会話に耳を傾ける
たわいも無い会話
帰宅の道のり
家に帰ると
傾いたポスト📮
なんとなく自由奔放な彼女
愛犬🐶の散歩に
1日の疲れを癒すBARでの一杯🍺
チェスを愛するマスター
そんな彼の唯一の趣味は『詩』
彼が謳う詩の良さが私には判らない。🤷‍♂️🤷‍♀️
なんでも無いような日々が続くが
少女の出会い...
彼女の才能?...
痴話喧嘩仲裁...
終末の過ごし方...
そして悲劇...
異邦人との会話...
Uh-huh〜
また、月曜が始まる。
パターソン
(日本人で言うと愛媛県松山市に住んでる松山さん?)😜
ワガママダークサイドのカイロレンこと
アダムドライバーが見事に演じる。
穏和と言うべきか、無関心なのか?

この作品、ボディブローのように
あとからジワジワ来ますね〜

休日のお昼に鑑賞
はぁ〜〜明日がまた始まるゥ〜〜
私は何事も無い1週間である事を願う!
割と無口で表情も豊かではないパターソンが誰よりも世界を感じ愛しているのがすてき
小さな出来事に思えることも大きな大きなドラマになっているのがすてき
yuca

yucaの感想・評価

4.3
魚になりたいとかなんとかポエムしてた中学時代の私がラスト付近で赤面してました
yoshihiko

yoshihikoの感想・評価

3.7
「何でも無いようなことが 幸せだったと想う〜」
って歌が昔あったけど、そんな作品だな。
毎日のルーティンのなかでも、ちょっとずつ違うよ、毎日は、って言うのを上手に表現してました。
何でも受け入れ合う夫婦(あんな愛がある夫婦は日本じゃ少ないよね)と表情豊かな犬との毎日。
皆さん、いろんなところに反応されてましたが、私はパターソンが持っていたランチボックスがすごく気に入りました!そして奥さんかそこに色々小細工してあるの!面白い!
とにかく、愛のある夫婦と犬の何でも無いような平凡でかつ非凡な毎日をお楽しみ下さい!笑
>|