パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

Matsumaru

Matsumaruの感想・評価

3.9
途中まで、スマホが全く出てこないから、変だなーって思っていた。確かに、このキャラクターでチャットとかしてたらかなりボヤける。

とりあえずスマホは、映画における重要な演出要素で、現代で持っていない男子は、「束縛されるのが嫌」という風に見れる。
彼が赤の他人に興味を持つ時といえば、詩にまつわる人との話だけ。その分、スマホ抜きの彼が、人に興味を持つ時の表情が非常に新鮮に見えた。

どこで出会ってどう恋に落ちたのかが想像できない奥さんを、ここまで包容できる彼は、もはや聖人。

何故か一番怪しそうな地元のギャング達から、犬を盗まれないように注意しろと優しい忠告を受けて以降、こちらもワンちゃんの動向に注意を向けるようになる…というお茶目な演出にニヤリ。
ある男性の日常を切り取っていく淡々とした作品であるが、その毎日に同じ日は一度もなく、毎日が特別であることを教えてくれる。変わらずそこに在るものに対する愛おしさを、再確認できる。
netfilms

netfilmsの感想・評価

4.3
 ニュージャージー州パターソン市で、バスの運転手をしているパターソン(アダム・ドライバー)。彼の1日は定刻に起きるところから始まる。キングサイズのベッドに枕を二つ並べ、いつも傍らには彼の妻のローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)が眠る。テーブルに置いた時計で時刻を確認するのが彼の癖で、1人寂しく朝食のシリアルをゆっくり口に運ぶ。夫婦はまだ子供がおらず、妻は自由気ままに創作活動に励んでいる。バスの運転手の仕事というのは、定刻通りに目的地に着いて、また新たなお客様を乗せなければならない。常にオンタイムが要求される仕事で、彼の毎日は淡々とした日常を刻んで行く。だが同じような日常でも、一度たりとも同じ出来事は起こらない。キングサイズのベッドの上、背中合わせに眠ることもあれば、相手の呼吸を感じながら目覚める朝もある。妻のローラがパターソンよりも早く目覚める朝もある。淡々とした日常は反復しているように見えて、そこに僅かに見られる差異をしっかりと浮き上がらせる。パターソン市に住む市井の人々のなんて事ない1週間は、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』で病気になった叔母の家から従妹のエヴァ(エスター・バリント)がやって来た10日間や、『ミステリー・トレイン』でジュン(永瀬正敏)とミツコ(工藤夕貴)がメンフィスに滞在した数日間と決定的に違う限定された時間に過ぎない。

 旅行者たちは普段は決して立ち寄らない異空間・異文化をカルチャー・ショックを持ちながら受け止め、時間を消化して行く。一方でバスの運転手であるパターソンの日常は例えば双子の子供が生まれたりするかもしれないが、これから定年退職を迎えるまで、未来永劫変わらない。その時間の流れはグレートフォールズの滝の流れが絶対に逆流しないことに似ている。パターソンはその不可逆な時間の流れを書き留めようと秘密のノートに詩を綴る。午前中、脳内で何度も推敲した言葉を彼はランチの後にノートに記す。バスの乗客の何気ない会話、ブルドッグの散歩の帰りに一杯だけ呑むBARで次々に起こる出来事、そして心落ち着けるマイホームでの妻とのやりとり、壁にかけられた額縁の微妙な違い。パターソンは決して饒舌ではないが、彼の表情は何よりも豊穣に言葉を綴る。妻にねだられたアコースティック・ギター、移民の妻の手作りのスウィーツのイマイチな味に男は癇癪を起こすことなく、ただ妻の言葉にじっくりと耳を傾ける。ウィリアム・ジャクソン・ハーパーやバリー・シャバカ、メソッド・マンなど登場人物たちのクローズ・アップと豊穣な語り口がいちいち素晴らしい。思えばジャームッシュの作家性は『パーマネント・バケーション』の頃から本当にブレない。ストーリー・テラーではなく、映像詩を紡ぐジャームッシュ独特の無常感、複雑な構造をスピーディーに矢継ぎ早に繰り返す昨今のジェットコースターのような映画とは対照的な、シンプルで拍子抜けするような朴訥とした物語を味わう傑作の誕生である。
この映画大好き。毎日同じようで、同じじゃない。なんでもない平凡な日々の中にも、新しい出来事や小さな変化がある。そんな日々がきっと幸せなのかな〜。あと、犬のマーヴィンが可愛い。
人力の四打ちのようなささやかな日々の繰り返し、少し浮遊した目線であるバスの運転席に運ばれるちょっとのwonderを集めては昇華させそれはまるで刻み込むように画面に打たれる 詩。カルチャーの申し子のようなジャームッシュによる原点回帰かつ最新型のビートニクスであった。個人的には最高傑作。

日常を芸術に昇華させてきた彼がその芸術を日常にそっと還したかのように謳っていたのは、あらゆる芸術よりも人々の生の営みこそが最も尊いということ。疲弊した主人公の前に現れた永瀬正敏の存在も良かった。
s

sの感想・評価

4.0
非常に評価が高くて気になっていた作品!やっと鑑賞。

主人公はパターソンに住むパターソンという名の男性。
詩人でバスの運転手。
実に地味なキャラ付けである。
しかしそこが地味な生活をしている私達とと共感できて、この作品に心を揺さぶられる原因なのではないか...?

変わり映えしないシーンが毎日出てくるけど、ちゃんと少しづつ変化があること。
変わらない環境の中での小さな感情の変化はきっと幸せに繋がっていると思う。

劇場をあとにしてストーリーを思い返す度にじんわり心が暖かくなる、そんな映画。
アクション物やSF大作で満たされなかったものは多分!ここに!あります!!

そしてアダムドライバーってこんな演技も出来たんだ...好き...。


いくつか年を重ねたら絶対また見たいしその時にこの感想を読み直したいと思う。
ニュージャージー州パターソンに住む、パターソンという男性の一週間。
パターソンと奥さんを対比させて描いてるのかななんて思いながら、観た。
個人的にはパターソンのような暮らしをしたい。

それにしても、京都みなみ会館の椅子がふわふわすぎて、河原町から歩いてきた私は眠気に誘われた。

なので、集中してみれませんでした!もう一回観ます!
shehe

sheheの感想・評価

3.7
私は、詩的でユーモアのある生活を送りたいと思っているのですが、もう思わなくていいですよねたまに映画見れれば、って結構生活していかないと分からないですよね。メソッドマンみると、あ!メソッドマン!てなってテンアゲ
記録
話しは淡々としていて詩をテーマにしていて中々よかった。ジャームッシュはまだ2〜3品しか観てないけど、この映画は割と好きだ。伏線もちゃんと敷いてあっていい映画を観たぞと感心が持ってた。
mayu

mayuの感想・評価

3.8
@ 京都みなみ会館

仕事が終わって家に帰って、「今日はどうだった?」と聞かれて「いつもと同じだよ」と返す。

いつもと同じような毎日の繰り返しが何よりの幸せだ。 というメッセージすら押し付けてこない本当に平凡な1週間だった。

パターソンと奥さんとの絶妙な距離感。愛し合ってはいるけれど、お互いに干渉しすぎないあのバランスがちょうどいいからお互いに幸せなのだと思う。
だって夫がスマホを持ちたがらなくても、毎晩犬の散歩を兼ねてバーに行ってもとやかく言わないで、自分は嬉しそうにカップケーキを作って市場で売ったり突然ギターを買って練習したりしてるし、、
そんな自由な奥さんを見つめるパターソンを見ているとどこか不安も感じるけれど、奥さんは何をするにも嬉しそうだからパターソンも嬉しいのだろうなとか。

いつもと同じようでも同じ日は一日もない。ソファの上にノートを置いたか置かないかだけでも明日が180度変わるかもしれない。だからこそ人生は面白いと思えた。
「パンプキン」っていう詩が素敵だった。

カップケーキが食べたくなる(笑)
>|