なこ

パターソンのなこのレビュー・感想・評価

パターソン(2016年製作の映画)
3.8
エンドロールで感じたのはしあわせな浮遊感。

帰りの電車は、仕事帰りの人たちやカップルがいて、いつもと変わらないんだけど、普段はなんとも思わないのに景色が違く見えました。

毎日は、ルーチンではなくて(韻ちょっと踏んでる)、愛しいことの積み重ね。

現実の世界は、辛かったり悲しかったり、心にくる事件がたまにおきたりしてしんどくなるときもあります。

そんなとき、やっぱりどうしてもしんどさにフォーカスをあててしまうけど、時間が経って解決したり、なにか別の方法が見つかったり、きっと変わらないものはなくてわたしたちはまた愛しいことに気づけるくらい回復して、愛しいものを愛しくおもえるようになるんだな、そうだな、と自分の心と会話するような、そんな感覚になれる映画でした。

日常に疲れてる人にぜひ、お気に入りの飲み物を持って鑑賞してほしい映画です。

ただ、わたしはテンポ重視で映画を観るので、3.8( ͡° ͜ʖ ͡°)