maskohid

菊とギロチンのmaskohidのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
日本国内でも軍国主義批判する共産主義を掲げる青年達が実際にいて、命をかけるほどに熱中していた時代というものを知らなかったので、自分はどんなイデオロギーもないので自分の信念とは何かをこの令和を生きる上で考えねばと思った。
寛一郎さんが初の演技?と言った情報を聞いたが、カメラ慣れしてるし信じられなかった。