菊とギロチンの作品情報・感想・評価

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

risa

risaの感想・評価

-
キャラクターが持ってる感情のエネルギー量がすごいのは伝わってきたけどセリフは三割くらい聞き取れなかった。
人の暴力性みたいなのが突然表出したときにハッとするというかゾッとするというか・・・みたいな感覚はヘブンズストーリー観たときを思い出した。
satoshi

satoshiの感想・評価

4.5
 『64-ロクヨンー』『有罪』など、近年、大規模公開作品でスマッシュ・ヒットを連発している瀬々敬久監督。彼が構想30年を費やし、クラウドファンディングなどを駆使してようやく制作までこぎつけた本作。最初はそこまで観る気が無かったのですが、評判を聞いているうちに観たい気持ちが大きくなってきて、しかも時間的に観られるということで鑑賞してきました。

 結論として、変わった映画でしたけど、とても面白かったです。上映時間が約3時間と長いですが、それが全く気になりませんでした。本作は、「女相撲」と「ギロチン社」という一見すると全く共通項のない2つを合流させ、「時代と戦う人たち」を描きます。

 今よりもずっと女性に対する権利意識が希薄だった時代。「女である」だけで女性が今よりも生きづらかった時代が確かにありました。本作における女相撲は、(実際にはもっといろいろな理由があるみたいですが)夫から暴力を受けていたり、生まれの関係でどこにも行く場所がない女性たちが集まる場所として描かれていました。中でも特にフィーチャーされているのは主人公の花菊。彼女は生きづらい世界と戦うため「強くなる」目的で相撲の世界に入って行きます。この相撲のシーンの迫力が凄くて、見入ってしまいました。また、それ以外の女性も、「体を売って日銭を稼ぐ」ことを「生きるための手段」として描き、したたかに生きている姿を描いているのにも好感が持てました。

 対して、ギロチン社はアナーキズムを掲げる組織ですが、実際はダメダメ。「資本家どもが労働者から搾取した金を奪い返す」名目で”略”という名のカツアゲをやっていて、それを革命のための資金にするのかと思いきや、やっているのは風俗に行ってダラダラ飯を食っているだけ。ハッキリ言って最低です。しかし、パンフレットによれば、実在のギロチン社は曲がりなりにも理想は持っていたようです。

 アナーキズムと女相撲。全く関係のない両者ですが、共通しているのは「時代に抗っていた人たちである」という点。劇中で描かれる時代は、今よりももっと不寛容な時代で、「反政府」と見られただけで捕らえられるし、朝鮮人というだけで差別の対象です。そんな時代に大人しく黙っているのではなく、前を向いて戦おうとした人たちです。この2つが一緒になるから、タイトルが『菊とギロチン』なのです。
 
 そしてこれは映画そのものと通じていきます。瀬々監督がデビューしたピンク映画では、何をやってもよかったのです。その中には映画界を、そして世界をも変えようという気概に満ちていたそうです。現在ではそれは失われつつありますが、世界は再び不寛容な空気に満ち始めています。そんな時代だからこそ、再び戦う意思が必要になるのだという、監督の熱い意志が伝わってくる作品でした。
wada

wadaの感想・評価

-
期待もあった分、個人的にはすごく微妙だった。大事な部分を台詞で長々言わせるの止めた方がいいと思う。このシーン必要か?っていうのも結構あって…もっとシンプルで良かったんじゃないかなって思う。
mmgo

mmgoの感想・評価

4.0
今年の日本映画話題作の一つを遅ればせながら観賞。
ちょうど最近、映画史的観点で甘粕正彦について調べてたから、タイミングはバッチリ。
あえて言うが、本作の全編に通底する、大正末期の閉塞感と現代を同一視しようとする左っぽい感じ(ミュージシャンとか映画作家にスゲーありがちな)は、個人的に好まない。
が、ガツンとやられたのは傷つきながら女相撲に取り組む一座の姿。大好きな映画『カリフォルニア・ドールズ』とも重なったし、かなり長尺を使って試合の様子を映すシーンは何故か涙が流れた。
つらい現実を帰るために、「強くなりてぇ」と四股を踏む花菊たち女力士。
時代の荒波に飲み込まれないために強くなることはホント大事だな、と触発される、と共に、直前にパチンコを打って4万擦るという自堕落な自分を深く戒めるのであった(シアターセブンのビルの下にちょうどパチンコ屋があるから……)。
Quietboy

Quietboyの感想・評価

3.8
女相撲の発祥地が私の地元なんです。
そんで、この映画が公開されるにあたって、女相撲絵巻が奉納されてる近所の神社にゼゼ監督と主演の木竜麻生さんがヒット祈願に来るよ!みんな来なよ!っていう回覧板が回ってきまして、
ド平日の昼間だったから行けなかったんですが、私の家の目と鼻の先にゼゼ監督が来てたんか…と思うとなんか見たくなってしまいました。

まぁ、私は女相撲自体はもちろん見たこと無いんですが、戦後ちょっと過ぎまで普通にやってたらしく、私の祖父は見たことあった旨の話をしてたんで、
女相撲自体はまあまあ身近な存在?で、興味もあったわけです。
初めての興行主が同じ町内出身ですからね。



で、見たんだけど、
暑苦しいんだよ!
今年の夏はただでさえ無駄に暑いんだよ!


だけど、何なんだろう、
この3時間以上も問いかけ続けられた、

「お前に何ができる?」

には、正直、今は何も返す言葉が見つからない。

強くなりたい?
世の中を変えたい?
誰かを守りたい?

いや〜、そんな大それたもの、疲れきった俺には何もないから不甲斐ないんだけど、

「この映画見てお前もやる気出せよ!」

みたいな説教じみた押し付けが不思議と感じられなかったのが良かった。

ただ、あーすげー。ってだけ。

だけどだけど、それだけで終わってくれる優しさ?
革命は誰しもが起こさなくてはならない義務でもなんでもないっていう、
そんな当たり前のことがちゃんと念頭にあったのが一番良かった。

木竜麻生さん、
あーいう鈍臭いけどまっすぐな女の子は、
この世界の片隅にのすずさん的でなんか既視感ある役だったけど、
これから期待っすね!
ekikawa

ekikawaの感想・評価

-
パンフレットが1000円だけど、非常に読み応えのあるものに仕上がっていて、年間パンフランキングではトップ10内に入るでしょう。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

4.0
上映時間が三時間以上あるうえ、重厚な内容なので、気持ちと体力に余裕があるときに見てほしい。

想像以上の青春群像劇だった。閉塞感に溢れ、徐々に戦争へ向かおうとする日本の若者たちの正に、「生きる様」が焼き付いて離れない。未熟でも本能的に強くなろうとする姿が人間臭く、観ていて血がたぎる思いだった。

画面に映し出される役者、ロケーション、美術、カメラワークどこをとってもかっこいい。安っぽさが皆無。終始、ギラギラとした質感が途切れず、映像に力強さがある。

女相撲とアナーキスト集団。世間からすれば、マイノリティど真ん中の双方が、いつの間にかシンクロし始め、もがき、苦しみ、一喜一憂する姿に、映画が秘めた力を感じずにはいられない一本。
自らの力で自分をそして世界を変えていこうとする若者の理想とエネルギーへの共感に満ちた作品。

大衆向けエンタメ映画の作り手であると勝手に決めつけていた瀬々監督のこれが勝負映画!なのかな、と思うと訳もなく愉快な気持ちになる。

ギロチン社の男たちは夢に生きるアナーキスト、女相撲に懸ける女たちは強く自由に生きることを切望するリアリスト。
この男と女が出会う。
彼らが生きた時代のなんと切なく悲しい事か。
私は胸打たれました。
しばらくはこの作品の事を思ってしまう、そんか青春群像映画でした。
アリサ

アリサの感想・評価

3.2
「どうせ希望なんてないなら、好き勝手やってやれ!」

結構見ていてつらいものがあった。女の人が必死に強くなろうとしている姿を見て、ああ私も強くなりたい。と思った。
東出〜〜〜〜!好きだ〜!と思った。
途中何回か意識が飛んでしまった、、無念、、
トモ

トモの感想・評価

3.7
率直に、長いです。長さを感じさせないドキドキ、ハラハラの連続!とかではありません。

女相撲 × ギロチン社。不勉強なものでどちらの知識はありませんでした。様々な格差で構成された世界は異様であり、リアルだった。
男、女、同性愛、日本人、沖縄の人、朝鮮の人、警察、元軍人、反政府、政治家 etc...

天皇陛下万歳と言ってみろ!!と圧をかけるシーンがあるんだけど、あのそれぞれのやり場のない気持ちをああ言葉にするの見ていてツライ場面だった。

平等、自由、求めるために、得るために行動をした人々の生き様としてはまあまあ面白かったかな。
>|