菊とギロチンの作品情報・感想・評価・動画配信

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

fuji

fujiの感想・評価

4.5
渋川清彦、こわくてかっこよかった。
大西礼芳、すごく良かった。東出昌大の豪快な感じも気持ちがいい。
アナーキストたちの魅力、エネルギーも私は好きなのかもです。
ようやく見れた!!

大きくは、アナキズム、
そして人種や男女差別、LGBTQについてだったり、貧富格差等々。。
この時代の社会のあらゆる問題に触れていて絡まりあっている。
現代にまだまだ残っているものもあって、この頃の時代背景等を理解していると作品の中身をより理解出来たかもしれない。


とにかく役者さんたちが凄い!!熱い!
ぐっと引き込まれました。
韓英恵さん、大西礼芳さんが個人的には素晴らしかったです。

難しい作品でしたが、頭からなかなか離れないものであるので、余韻がすごいです。
がべ

がべの感想・評価

-
女相撲×アナキスト「ギロチン社」の青春群像劇。
正直台詞が聞きづらかったり、焦点がどこに当てられているのかわからなかったり、時代背景、無政府主義など難しい事柄が多すぎて、理解することを諦めてしまったけど、
目指すものは違えど、大正時代にひたすら地を這って生きる人たちの生き様が垣間見えた。
役者たちの熱量が凄かったので、結末よりも過程を見守るべき作品なのだと思う。
CM

CMの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

女も男も動いているようで全く動いてない みんなもがいていました、で済ますには長すぎる なんかやれ!脱げ!おっぱいみせろ!と思ってしまうな 観客みたいに 取って付けたような強くなりてぇ、は一体何のためなんか、殴る夫も退役軍人も好きな女を殺す世話役もクソ、でも変わりたいという意志の先が曖昧 面白くない訳じゃないけど、停滞してるから一番盛り上がったところは設定 地元のお堀が出てきて嬉しかったこともそういえば忘れていた 長すぎるんよ 全体的に小綺麗やった
はち

はちの感想・評価

3.2
これはなんともわかりにくい。。。

しっかり見たら話の内容は分かりやすいんだけど、
時代背景が古い割にはあんまりその時代の土臭い感じが伝わってこない。
もっとアナーキーな部分を前面に出してくれれば凄く分かやすいのに、
なんか綺麗にまとまってて期待してた分、残念!
てゆうかこの時代の男は、
頭にくることがあったら人殺すか女レイプするしか脳がないの?

クソみたいな男たちの中で、
渋川清彦だけがもの凄い輝いていた。

何やっても胡散臭い感じの違和感がめちゃサイコー!

実は見はじめて30分で、
うわーつまんねー。と思って
確認したら3時間もある映画で
心折れそうになりながら見たけど、

ラストのタイトルコールは結構好きでした。
よし

よしの感想・評価

3.5
バンザーイ!革命万歳、天皇万歳...女相撲だア!アナキストだア!みんな青春だア!! あの『ヘヴンズストーリー』に続く瀬々監督オリジナル作品はやっぱり長くて、やっぱり苦手だなって思うし、よく分からないけど、それでもなんだかスゴいなとも思えてしまうエネルギッシュなパワフルさ。特に終盤の得も言われぬ熱量にはタジタジ。あの役、我らが渋川さんで良かった。ナレーション永瀬正敏さん。
今のこの国では馬鹿げた夢物語りをする人間すらいないように思う。いとも容易くそういう無邪気さは削ぎ落とされる。みんなで声を潜めている…

女相撲が存在していたことは知らなかったけれど、人種差別も男女差別も程度は違えど、今も在ることに変わりはない。様々に事情を抱えながらも奮闘する彼女たちに勇気を貰える。
終始場違いなひょうきんさを醸し出す中濱に苛立ちを覚えて、そのあんまりに可愛さすら感じた。一貫して飄々としているところが作中である種のテンポになっていた。

音頭のようでいて、でもどこか軽妙さが失われていて、ある時には緊張感さえ生むあの音楽が独特で耳に残る。

この作品は抽象的に"感じる"ものが多く、それをまた言葉に変換していくのは正直難しいと感じた。というのは言い訳。
のぐ

のぐの感想・評価

3.5
国籍差別、男女差別の物語。
砂浜のシーン、一時的とはいえ、幸せが溢れてて救い。
この企画の力強さには参った!
ロケーションの素晴らしさ。ただ後半月並みな敗北の物語に入り
だすととたんに説教臭く長く感じる。
東出はつらつ❗気持ちいい。
パッション強くて見応えはありますが自分にはちと難しかったっす。監督すんません。あいっちゃなーあいっちゃなー
>|