theory

菊とギロチンのtheoryのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
男は弱いと打ちひしがれる。女の強さには、ひっくり返っても勝てないとさえ感じる。

その時代の空気や雰囲気を理解するためには、これだけの時間がかかるのだろうか。結構、長かったけど、最後まで観ることができた。

山形が女相撲ゆかりの地とは知らなかった。