nanabee

菊とギロチンのnanabeeのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.7
ちょっとした歴史の勉強しているような感覚、聞き取れない台詞もあるし意味がわからなかったりもしますが180分見入りました、相撲をしたい女達と理想を語り下手な実現の仕方を繰り返す男達。
ギロチン社はクズなのになぜか情けなくて可愛いく見える、かっこいいのは親方だけ相撲のシーンは観客含め本気が伝わりました。



水曜日に見ましたがお客さんは10人ほど、次に上映のカメラを止めるなはお客さんがたくさん待っていて菊とギロチンもぜひ見て〜と思いつつ帰りました。