takandro

菊とギロチンのtakandroのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.8
薄い。無駄なパートが多い。随分と演劇みたいな口調で鬱陶しかった。ヘヴンズみたいに章分けした方が良かったんじゃないか?