はる

菊とギロチンのはるのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.9
エネルギーが爆発している..
最後の不完全燃焼感は否めないけれど、その時代、何かを変えようともがいていた人達がいたんだなと..。
登場人物を観ていると、堪らない気持ちになります。

淡々と映画を観ているだけの私は何したいんだろう...