Mari

菊とギロチンのMariのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.7
長かった。タイトルが少し遅めに出てきた。ナレーションが永瀬正敏さんだったなんて気付かなかった。関係性が文字で出てきた。上手い役者とそうでない役者がはっきりと出てしまう。良い役者が物語を熱く、情熱的にさせてくれる。良い役者は忘れない、忘れたくない。今を生きよう。