OGS

菊とギロチンのOGSのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.8
3時間あっという間。
なんとしてでもこの作品を世に出すのだと奮起した監督、役者、スタッフの魂が見事。
今、自分が立っている足元を見てみろ。足は竦んでいる。周りを見渡してみろ。そんな不安を誰しもが感じているけど皆それぞれに前に突き進んで生きていくしか道はねえんだ。お前はどう生きるんだ?
っていうのを全速力でぶつけられていたような気がして、終わってから頭の中を埋め尽くした。