青と黒

菊とギロチンの青と黒のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.9
なんか良かった。登場人物も多く前半は難しかったが後半は人数も絞られてわかりやすい。女相撲の真剣さに痺れた。色々な複雑な事情で集まってきた女性たち。それに引き換えギロチン社の男どもの適当さよ。でもそんな描き方も良い。個人的には渋川清彦が良かった。それにしても女性にとっては嫌な時代だったな