ゆみこ

獣道のゆみこのレビュー・感想・評価

獣道(2017年製作の映画)
4.4
伊藤沙莉万歳!!!
この作品における彼女の全てを肯定したい。

開始5分で一撃を喰らってから彼女にノックアウトされ続けた。
幼くあどけない容貌から絞り出されるハスキーボイスと色気、凄まじい。

彼女の存在の大きさに隠れていたが脇を固める役者陣もとても魅力的で、中でも吉村界人の怪演と眼の力強さには舌を巻いた。
また、芸人であるアントニーや矢部太郎も個性を発揮しながらも悪目立ちせず作品に纏まっていた。


そして、私はこの作品を非常に惜しいと感じた。
”居場所”というテーマの直球な表現には好感を持ったが、宗教や性、家族を絡めることにより『愛のむきだし』をやろうとして失敗した感がどうしても否めなかった。
でもやっぱりこういう作品は大好き。