獣道の作品情報・感想・評価

獣道2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

とある地方都市で生まれた少女・愛衣(伊藤沙莉)はいつも母の愛に飢えていた。そんなある日、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に送られ7年もの間世間から隔離されて生活をすることになる。自分の居場所を探そうと教祖や信者たちと疑似家族を作り上げていく愛衣だったが教団が警察に摘発され保護されてしまう。すでに違う宗教にはまっていた母の家にも、初めて通う中学校にも居場所はなかった。愛衣は社会からドロップアウ…

とある地方都市で生まれた少女・愛衣(伊藤沙莉)はいつも母の愛に飢えていた。そんなある日、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に送られ7年もの間世間から隔離されて生活をすることになる。自分の居場所を探そうと教祖や信者たちと疑似家族を作り上げていく愛衣だったが教団が警察に摘発され保護されてしまう。すでに違う宗教にはまっていた母の家にも、初めて通う中学校にも居場所はなかった。愛衣は社会からドロップアウトして万引きと生活保護で生きるヤンキー一家やサラリーマン家庭などを転々として居場 所を必死に探すのであった。愛衣の唯一の理解者であり、彼女に恋をする少年・亮太(須賀健太)もまた居場所を探す不良少年であった。亮太は半グレたちの世界で居場所を見つけ、愛衣は風俗の世界にまで身を落とす。やがて二人の純情は地方都市というジャングルに飲み込まれていく…。

「獣道」に投稿された感想・評価

Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・17/08/11:シネマート新宿 舞台挨拶【初鑑賞】
きき

ききの感想・評価

3.5
フードかぶって無表情に鉄パイプをふりおろす系俳優に成長している須賀健太くんにびっくりした。
伊藤沙莉ちゃんがなんでもないことのようにちょっと雑に身体をはっているようにみえるところがすごいなあとおもった(もちろん実際はなんでもなくないんだろうけど)。
最後にたどりついた居場所も、どう考えても永久的な居場所にはなりえないとおもわれ、この居場所を失ったらまたあらたな居場所をさがしてさまようのかな、とおもうとちょっとかなしかった。
中学の教室での、ふたりのはじまりのシーンがすごくすき。
予告編を観て思い描いていたイメージと違かった。良いか悪いか判断がつかないよ。
sk2

sk2の感想・評価

4.1
伊藤沙莉さんが体はったなー。
意外とアントニー良かった


今回、アメブロ復活です。'`,、('∀`)

https://ameblo.jp/bionic-a/entry-12318073013.html

コチラからご覧ください。
kunico

kunicoの感想・評価

3.8
オープニングから「あ、これスゴイの来るな」と思った。
衝撃としては、初めて「青い春」を観た時、初めて「GO」を観た時。

世の中に溢れてる「田舎町の閉塞感」を描いた映画とは明らかに何かが違くて、「人には居場所が必要」っていうメッセージがズンときた。
居場所が宗教であってもヤクザであってもAVであっても、自分の見つけた居場所を肯定できる力って良いなって、羨ましいなって、強いなって。

さいりちゃんに一気に魅了される。
獣道を観た。色んな国と社会の問題が獣のように襲いかかってくる。満杯になった水が溢れてきたコップのような後味。伊藤沙莉ちゃんが全カット本能のまま演じているのが伝わる。長回しでも飽きないのは瑞々しい俳優達のおかげ。観てよかった


評価 B
keeko

keekoの感想・評価

4.0
強烈なキャラクター揃い
それぞれが自分の居場所を探して葛藤する
特に須賀健太くんの存在が光る

実話に基づくストーリーであることに度肝を抜かれる


内田監督らしい作品
『獣道』、試写を観た時からもっと長いのを観たいと言っていて、ようやく念願かなってのロングバージョン、やっぱり面白かった。
カットされたシーンやエピソードを観て、話のつながりとかいろいろ補完できたし新たな発見もありました。
確かにカットされたエピソードには重いシーンも多いんだけど、より物語の説得性が増すといった意味ではロングバージョンの方が好きかもしれない。
と同時に、テンポを重視しながら別の映画と言っていいくらい高レベルな編集で物語を再構築したオリジナルの良さも改めて認識できました。
ロングバージョンは今回1回限り上映ということでしたが、勿体ないなぁ。
Kyasarin

Kyasarinの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

9/23 キネカ大森にて舞台挨拶付きロングバージョン鑑賞

ずっとずっとずっとずっとずっとずっと(しつこいよ笑)観たかった獣道!!
期待通りでした!!
思ってたよりもエロは薄め(もっとガチドエロかと思ってたから)でも丁度良い。

出演者全て良い!!
自分好みの作風ってのもあるけれど。

兎に角、伊藤沙莉ちゃんが素晴らしい!!この若さでここまでやれるとは。。
須賀健太くんも大きくなったなあ、もう子役じゃないや。愛衣を見る眼差しがとても良かった。いるいる、このご時世にはああいうビジュアルだけに囚われないヤンキー少年が。吉村界人くんに関しては「そこのみにて光輝く」の菅田将暉くんの様。心の動きをしっかり表現出来ていた。いい。
アントニー、役者初体験らしいけど、いいよ!いい!!すっごく感情移入したよ、いいわー。韓英恵さんもあのキメセクシーンとのギャップの為に使われたんだろなって言う演技力!!生きてて良かったよ(泣)広田レオナさんの怪しい感じも、内田慈さんの薄幸な感じも池田良さんのクソムカつく(褒めてます)嫌な兄貴も矢部さんも上手かった。生活保護受給問題も交えたり、日本の子どもは逮捕される18歳でヤンキー引退するまで幸せなのに意味もなく悪いことをする感じとか、でんでんさんの安定のヤクザ姿(笑)
殿方ならば外せないさいりちゃんの濡れ場のシーンも頑張ってた。あそこで乳首見せなくとも…て言ってた人いたけど、いや、あそこは見せて良かったと思う。意味のない様なところで脱ぐのが良い乳首の使い方や!!(笑)てかキッスも濡れ場も上手いぞ!!女優だぞ!?!
迫られても断るリョウタ切ねえぞ!!
アントニーの潜るシーンもとても良かった、始め、韓英恵さんをさいりちゃんとても勘違いして新しいバイト始めたのかな?て思ってごめんなさい🙏

友達にも似たような境遇の子居るけれど、愛衣の様には幸せにはなっていない、、だいぶ連絡取れてないけど海外のどこかに飛ばされてるんじゃないかしら、大丈夫かな。嘘の様で、ホントの話。友達にも幸せになって欲しい…と心から思った。
満島ひかりちゃんの「愛のむきだし」の様な物語。私はとても好みで大好きです。
この作品に出会えてとても嬉しいです。
有難うございます。
内田英治監督とアダムトレル氏に御礼を言いたいです。
チャンプロード愛読者からしたらパンフのケモノロードはまじツボです!!

ひとつ、監督に聞き忘れた事があります。
愛衣がお腹をさすって出来た子どもがあのお兄ちゃんの子どもかな?!
すると、お兄ちゃん夫婦に自分の子どもを預けたと言う事かな?
監督がその様な事を言ってて、ハッ?!と思って色々繋がりました。愛衣があそこまであの子を可愛がっていた理由…切ねえ(号泣)感想眺めてるとそんな事一つも書いてないのでロングバージョンだけの話で分かったことだけど、つら。。
母親になれたんだね、愛衣、、
リョウタも生きていて良かった!!
アダム氏が「日本の映画は中々ハッピーエンドになかなかならない、だからハッピーエンドにしたかった」と仰っていたけれどハッピーエンドにしてくださり本当に有難うございます!これでアナンダは救われた…

劇中音楽や餓鬼レンジャーの音楽も良い!!耳から離れない、心地よい!!

もう一度観たいです。
もう一度、愛衣とリョウタと仲間たちとそれを憎む人たちに会いたいです。。
>|