獣道の作品情報・感想・評価

獣道2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

とある地方都市で生まれた少女・愛衣(伊藤沙莉)はいつも母の愛に飢えていた。そんなある日、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に送られ7年もの間世間から隔離されて生活をすることになる。自分の居場所を探そうと教祖や信者たちと疑似家族を作り上げていく愛衣だったが教団が警察に摘発され保護されてしまう。すでに違う宗教にはまっていた母の家にも、初めて通う中学校にも居場所はなかった。愛衣は社会からドロップアウ…

とある地方都市で生まれた少女・愛衣(伊藤沙莉)はいつも母の愛に飢えていた。そんなある日、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に送られ7年もの間世間から隔離されて生活をすることになる。自分の居場所を探そうと教祖や信者たちと疑似家族を作り上げていく愛衣だったが教団が警察に摘発され保護されてしまう。すでに違う宗教にはまっていた母の家にも、初めて通う中学校にも居場所はなかった。愛衣は社会からドロップアウトして万引きと生活保護で生きるヤンキー一家やサラリーマン家庭などを転々として居場 所を必死に探すのであった。愛衣の唯一の理解者であり、彼女に恋をする少年・亮太(須賀健太)もまた居場所を探す不良少年であった。亮太は半グレたちの世界で居場所を見つけ、愛衣は風俗の世界にまで身を落とす。やがて二人の純情は地方都市というジャングルに飲み込まれていく…。

「獣道」に投稿された感想・評価

knjht

knjhtの感想・評価

4.0
「地方都市で生きるたちの人生」みたいなテーマは気が滅入る作品が多いけど、この作品はコメディ交えて描き方が面白くて楽しめた。ドンドン落ちて行く伊藤沙莉の演技がすごかった。アントニーの演技もまさかの良かった。
Garu

Garuの感想・評価

3.4
伊藤沙莉さん脱ぎっぷりも含め頑張った。

あそこで脱ぐ必要があるのかとも思うが、あそこはこの映画を表すようなシーンでもあると思う。
だから必要だとも考えられるが、女優さん的には迷うとこな気もするシーン。

精神的なものも含め、登場人物それぞれが人生における自分の居場所を探す話。
世間にどう思われようが構わない姿勢が、特に強い主人公を筆頭にそれぞれのドラマを作る。

後半など若干テンポが悪い気がしたが、普通に人生じゃない感がすぐにわかるオープニングシーンや、ラストにある 伊藤沙莉さんと須賀健太さんの始まりのシーンは素晴らしい。

知らないとアントニーって怖いなぁ
わた

わたの感想・評価

3.5
他人から見ると最低だと感じる居場所でも本人にとってはその居場所が全てだと思うと、愛衣の新しい居場所が見つかる度によかったね という気持ちになった。

沙莉ちゃんが演じる役柄の振り幅がやっぱり凄い、出演者みんなの魂がビシバシ伝わってきた

居場所と地方都市について考えてしまう映画
きき

ききの感想・評価

3.5
フードかぶって無表情に鉄パイプをふりおろす系俳優に成長している須賀健太くんにびっくりした。
伊藤沙莉ちゃんがなんでもないことのようにちょっと雑に身体をはっているようにみえるところがすごいなあとおもった(もちろん実際はなんでもなくないんだろうけど)。
最後にたどりついた居場所も、どう考えても永久的な居場所にはなりえないとおもわれ、この居場所を失ったらまたあらたな居場所をさがしてさまようのかな、とおもうとちょっとかなしかった。
中学の教室での、ふたりのはじまりのシーンがすごくすき。
予告編を観て思い描いていたイメージと違かった。良いか悪いか判断がつかないよ。


今回、アメブロ復活です。'`,、('∀`)

https://ameblo.jp/bionic-a/entry-12318073013.html

コチラからご覧ください。
kunico

kunicoの感想・評価

3.8
オープニングから「あ、これスゴイの来るな」と思った。
衝撃としては、初めて「青い春」を観た時、初めて「GO」を観た時。

世の中に溢れてる「田舎町の閉塞感」を描いた映画とは明らかに何かが違くて、「人には居場所が必要」っていうメッセージがズンときた。
居場所が宗教であってもヤクザであってもAVであっても、自分の見つけた居場所を肯定できる力って良いなって、羨ましいなって、強いなって。

さいりちゃんに一気に魅了される。
獣道を観た。色んな国と社会の問題が獣のように襲いかかってくる。満杯になった水が溢れてきたコップのような後味。伊藤沙莉ちゃんが全カット本能のまま演じているのが伝わる。長回しでも飽きないのは瑞々しい俳優達のおかげ。観てよかった


評価 B
keeko

keekoの感想・評価

4.0
強烈なキャラクター揃い
それぞれが自分の居場所を探して葛藤する
特に須賀健太くんの存在が光る

実話に基づくストーリーであることに度肝を抜かれる


内田監督らしい作品
よ

よの感想・評価

5.0
最高だ。全てが最高だ!
下衆の愛が割と好きで、予告編の吉村界人の狂気じみた演技に震えたので観に行ったが、下衆の愛と比べてひと回りもふた回りも良作になっていて、とにかくよかった。
ん?って思ったのは一箇所だけ。(ヒロインの説明台詞)
>|