えりみ

22年目の告白 私が殺人犯ですのえりみのレビュー・感想・評価

3.9
WOWOWで。
2012年の韓国映画「殺人の告白」を、しかもネタバレ厳禁系ネタのヤツをわざわざ入江監督がリメイクする意味ある?と納得いかず公開当時は劇場スルー。
オリジナルはみてる…みてるが筋は覚えてない。面白いストーリー展開やった記憶はあるんやけど💦自分のレビューを見直すと、結構とっちらかった映画やったみたい。
結構話題作やったような気がするが皆さんのレビューを見る限り、圧倒的に元ネタは知られていないし予想以上に沢山の人が本作を観ている。
諸々世間との乖離に絶句…

紅一点といっていい夏帆ちゃんの心神喪失っぷりも良かったが、やはり男衆のキャスティングが総じて良かった。特に大好きな😳伊藤英明が魅せる♪22年の歳月を体現してみせる(めっちゃ贔屓目)。
記憶力が貧弱なせいでまっさらな状態でみられたのは良かった。
予想外の犯人‼しかしリメイクどころか日本版の小説まで出てるのね。
個人的には阪神淡路大震災をネタに使われたのが気に入らんかった。
酒鬼薔薇聖斗の手記の是非、
PTSD、
犯罪被害者の扱い、
時効制度、
死刑制度、
刑法39条から現在のSNSの功罪、
社会問題提起をこれでもか!と盛り込んだのを良しとするか煩いと取るか悩むところ。
ラスト1カットひっぱるのまではええとしても、鉄砲玉早乙女君をまた出してくるのは蛇足ちゃう?
ノイジーなエンディングが安っぽさに拍車をかける😑
取材協力が戦場カメラマン渡部陽一さんやもんなぁ。。。
でも元ネタより高評価に。我ながらアテにならんな🚬


今から16年前マジックマッシュルームが規制された時は「伊藤英明ゼッタイ許さんっ!一生干されとけヘタレウンコ野郎~」と吠えてたのに、人の気持ちって移ろいやすもんですね😛