22年目の告白 私が殺人犯ですの作品情報・感想・評価

22年目の告白 私が殺人犯です2017年製作の映画)

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人…

「はじめまして、私が殺人犯です」残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎え、完璧に逃げ切ったはずの犯人は、22年後、思わぬ形で姿を現した。〝殺人手記〟出版記者会見――。そこにいたのは、自らの告白本を手にカメラのフラッシュを浴びて不敵な微笑みを浮かべる美しき殺人者。「はじめまして、私が殺人犯です」あらゆるメディアを通じて発信されていく殺人の告白と、犯人の容姿。その男に日本中が惹きつけられ、逆撫でされ、そして欺かれていく――。日本中を巻き込む告白の行方とは? 先の読めない結末に向かって、新たな事件が動き出す!

「22年目の告白 私が殺人犯です」に投稿された感想・評価

you1538

you1538の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

近頃集中力が無い私が、久しぶりに画面に食いつくように見た。よくできている。

伏線貼りまくってて、鈍い私でも途中で真犯人はわかってしまったけど、それでも引き込まれた。

真犯人よりも、本を書いたのが誰で、曽根崎が誰なのか?の方が予想外だった。

2時間じゃ足りない。何故、殺したのが彼らだったのかが全く描かれなかったから、2時間半あっても良かった。

不謹慎だけど、牧村刑事と拓巳の関係性が素敵だなぁ。

見終わって思ったのは、殺意を抱き行動に移してしまう人間ももちろん怖いけど、個人的にはそれよりも、時効を迎えて手記を出版した殺人犯をアイドルのように祭り上げたてる人間の方が怖くて、某事件を思い出して、胸糞悪くなった。

本当に藤原竜也が真犯人で、どこまでもサイコパス野郎でも良かったけど、それだとあまりにいつもの藤原竜也なので、これで良かった。笑

伊藤英明、渋くていい感じ。

グロシーン注意。
緊張感ある展開で楽しめました。社会的メッセージ性もあり。ただし終盤は無理やり感あり少し覚めてしまった。
せーな

せーなの感想・評価

3.3
悪役の藤原竜也がみたくて鑑賞したのに(笑)

先を読んでしまった自分を
叱ってやりたい

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也は顔を整形する必要があったのか?名前や身分を偽るだけで良かったのでは

やはりサスペンス&ミステリーはツッコミどころがあったら駄目ですね。
でも楽しめたからオッケー👌
やっぱり藤原竜也って最高だね
闇を追いかけて
22mi

22miの感想・評価

4.0

サスペンス初心者なので普通に疑うこともなくみて、めちゃめちゃ見応えがあった。最後の方開いた口が塞がらない状態(笑)

話もテンポよく進んでいくのでわかりやすくて◎ 予告の作り方も好き !
良い意味で裏切られる!
shinaka

shinakaの感想・評価

4.0
邦画にしては面白かった。

藤原竜也と伊藤英明の関係性や事件にあった遺族の協力、そして仲村トオルの歪みが良かった。
pyurikap

pyurikapの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ちょい怖いトラウマ。
人の恐怖とか影響の受けやすさとか異常感が気持ち悪くもシンプルに表現されててすごい映画に入り込めた。
最後の藤原竜也と犯人の終わり方があっけなかった気がする、、。
yumi

yumiの感想・評価

3.7
割と鈍い私でも展開が読める感じだったけど、それでも面白かった。

キャスティングのうまさかも。

だって、藤原竜也が出てると、なぜかいつもゲスい人に見えちゃうんだもんね。
この映画は、予告編も含めて一つの作品である。そして、エンタメというより社会派というほうがしっくりくる。
戦場では日常的に殺人が起こっている。その殺人という行為が連鎖し、平和な国に起こる事で初めて、あってはならない行為だという事を実感する事が容易になる。
反対デモの人達が常識人で、握手会の人達が異常者に映る構図が斬新。
>|