Yarrtt

コンプリート・アンノウン(原題)のYarrttのレビュー・感想・評価

2.5
誰しもの中にいるかもしれない、哀しい女の人生。
それを決して賛美しているわけではないところが良い。

Nothing is truly reassuring, but the momentum of an independent will.

人生における安堵は、ある独立した意志による契機とその推進力他ならない。

と言ったところだろうか。

非常にドライで感情の起伏が平坦、尚且つ映像自体も平面的なカットが多いまま静的に1時間半が過ぎる。

これ以上長かったらシンドかった、ギリギリの作品。