kyon

斉木楠雄のѰ難のkyonのレビュー・感想・評価

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)
3.0
福田さんの作品は役者のコメディ性を引き出す魅力があると思うんだけど、一方で映画とは?と考えさせられる。

カットの割り方かな、テレビドラマのような感覚で観てるなぁ。

多分、この瞬間!このシークエンス!!とかじゃなくて、役者同士の化学反応とか、ちょっとした即興性とかを重点にしたアマチュアリズム的な方向性で特徴づけられる気がする。

この作品だと、『今日から俺は!』で見せた賀来賢人さんのコメディ調の前哨戦が観られる。