斉木楠雄のѰ難の作品情報・感想・評価・動画配信

斉木楠雄のѰ難2017年製作の映画)

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:97分

3.2

あらすじ

「斉木楠雄のѰ難」に投稿された感想・評価

みっつ

みっつの感想・評価

3.0
原作知らんけど、読んでみたいなって思った。橋本環奈ちゃんがおもしろい。
ip

ipの感想・評価

2.5
冒頭から山﨑賢人の棒読みナレーションが超絶聞き苦しい。
やる気なく冷めているぶっきらぼうさを演じるのと、感情を出さない棒読みは別。口に出す台詞はこの役作りで完璧だと思うが、脳内ツッコミはもうちょい呆れた感覚とか入れた方が。

橋本さんこの役をよく引き受けたなぁ。
鼻も口も全開でのどちんこ見せる橋本環奈、腹黒さ全開の汚い声で悪女役を演じる橋本環奈。貴重!

原作知らないのに偉そうに寸評してすみません。
クラッシュの度合いはわかりませんが、原作のノリとそれを実写で再現しようという意図は伝わってくる。
外は雨

外は雨の感想・評価

2.8
こういうギャグ漫画をバカバカしく実写映画化すると、ああうんこんな感じw アホやなw ただ映画の時間的ではなくて、ドラマの短い感じの方が時間感覚的にはあう気がする。

橋本環奈ちゃんアホ美少女すね。吉沢亮くんはイケメン全開なのにダークリユニオンですかそうですかwww
Na

Naの感想・評価

3.5
漫画でもシュールをウリにしてるけど、実写で見ると本気でシュール…(笑)これ原作読んでない人見てておもしろいのかなあw
山崎賢人くんと賀来賢人くんの顔芸がいいw
原作ファンとしての不快感はなかったかな。
あとちょいちょい麻生先生が出てくるw
とた

とたの感想・評価

3.0

斉木楠雄のψ難はアニメで見て、
あのシュールさがすごい好きでハマった。

映画の内容はアニメで見たシーンも多く、
実写での違和感が余計にシュールさを
増しててそれはそれで面白かった。

海藤がすごい海藤。

1番気になったのは、
楠雄ってポケットに手入れて歩く
癖あったっけ…。

原作も見てみたくなった。
okm

okmの感想・評価

3.3
へらへらしながら何も考えず観れるのがまさに福田組ってかんじ、原作未読なのでちょっと読んでみたい
中二病の吉沢亮めっちゃ良い、笑えた〜新井パイセン恋しいわ〜
kthdst

kthdstの感想・評価

2.5
そこそこくだらなおもしろい。
まだ細くて美しい橋本環奈の変顔を見るための映画。
おまけで逮捕されてもう見られない新井浩史と、賀来賢人と山崎賢人の変顔も見られる。
ムロツヨシと佐藤二郎はいつも通り変人キャラで安定の福田監督作品という感じ。
拳藤本

拳藤本の感想・評価

3.5
燃堂役が新井浩史というこれ以上ない選択。

原作通り面白かった。
CLAY

CLAYの感想・評価

2.6
福田雄一監督のこの手の作品



正直飽きた。

映画を観ながら漫画に逆変換して考えても、ギャグ漫画としてはつまらなくはないけど、そこまで面白くない原作なんだと思った。

飽きた点で言うと、福田監督の役者の使い方がワンパターンなところ。賀来賢人しかり橋本環奈とかどの作品も同じ事してるだけ、、。もしくはワンパターンなのは役者の能力(引き出し)不足と考えるべきか、、。
フッて鼻で笑える感じ

斉木楠雄の日常と、
ここみちゃんの想像上の
斉木楠雄を表現しとる山崎賢人に
100おっふ
>|