DaiSugi

ドリームのDaiSugiのレビュー・感想・評価

ドリーム(2016年製作の映画)
3.5
二重の苦しみを乗り越えて宇宙へ

60年代のアメリカで
黒人差別に合いながら、
女性への理解の少ない時代に
NASAで活躍していた女性たちが
元気に働いている様子には
勇気がもらえる!
『ライトスタッフ』の裏側と考えると
とても楽しくなってきて、
あちらも見返したくなる!

タラジPヘンソンは数学の神様に
愛されたような女性役で、
計算に集中しているところが
とても好きだった!
オクタヴィアスペンサーは
みんなをまとめてくれる頼れる女性で
女優としてのキャラクターに
なってきている気がする!
ジャネールモネイはタレ目が
とても印象的で
活発な役がピッタリだった!
マハーシャラアリーが出ているとは
知らずに見ていたから出てきたときは
画面に見入ってしまった!
キルスティンダンストが脇役として
こんなにいい立ち位置にいれるように
なっていたことに驚いた!
ケビンコスナーは人を宇宙に
飛ばすことに人生をかけている男で、
そのためには
どんな障害も取り払ってくれる
素晴らしい男だった!

一丸とはなんたるか