ドリームの作品情報・感想・評価・動画配信

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

2016年公開。ソ連との宇宙開発に遅れをとっていた頃のNASAで働いていた優秀な黒人女性が、差別と困難を乗り越えて能力を発揮してゆく。政治は成果より好き嫌いが結果を左右する事が多いように思われるが、数字は余分な事に惑わされずに正しい答えを示してくれる。努力が真っ当に評価される事が嬉しいと感じた127分。
IBM7090は真空管からトランジスタに置き換わった最初のコンピュータ。NASAで軌道計算などに活躍。日本でも原子炉の設計で使われていたらしい。IBMのHPに7090に比べ、最新のメインフレームの演算速度はおよそ一万倍高速との記載を見つけた。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.0
かっこいいなぁ
ほんとかっこいい
トイレの看板潰した上司もかっこよかった
途中で流れる音楽もオシャレで良かった
この時代の車可愛くてオシャレやねんなぁ
めっちゃ好きなビッグバンセオリーのシェルドン役こと、ジム・パーソンズが出てるってことで借りて見たけど、ビッグバンセオリーのシェルドンより憎たらしい性格やった…
ジム・パーソンズ見るとシェルドンしか思い浮かばなくなったのはビッグバンセオリーのせい
なんてね、バジンガ!🖖
ビッグバンセオリーでは、ハワードが先にNASAで働いたけど、シェルドンもNASAで働いてたね
ひる

ひるの感想・評価

3.9
ケビン・コスナーが「しょんべんの色は同じや」と訴えかけるところ、ホワイトセイバーの典型例で嫌になるのに、一方では心打たれる自分もいて、アンビバレントな感情に。それはそうと、深刻な時代背景とは裏腹にファレル・ウィリアムズの音楽に歩調を合わせるべく軽快な様がとっても良い。
ファレルの音楽と下剋上カタルシスでぶち上がる

差別は道徳としてNGなのは当たり前で、この映画は非合理なものとして描いてる

全編を通しての対比構造と、無駄なシーンを外すことでとても観やすい映画
『グリーンブック』に続いてアフリカ系アメリカ人の苦難の物語です。さすがに2連チャンはきついかなと思いましたが、途中で休憩も入れずグングン視聴してしまいました。秀逸な作品は別腹なんですね、と変に独り合点してしまいました✨

それにしてもアフリカ系アメリカ人の女優さんって何であんなに絵になるんだろ🤔
お顔とかのタイプに関係なくすごく綺麗❤️
とくに笑顔がすっごいキュートなんだよね。あのキュートな笑顔がわたしも超絶ほしい🥺
PG12

PG12の感想・評価

-
彼女たちの功績を世に知らしめるイントロダクションとしては申し分ない。想定内のいい映画系列。
NASAで活躍した3人の女性たちの実話。
黒人かつ女性という2つの差別が蔓延する時代に屈することなく、立ち向かい仕事を全うする姿は本当にかっこよかった。
m

mの感想・評価

4.8
ライトスタッフ、ファーストマンとみて、やっとのことで鑑賞。
「地球を出る」そこに国の叡智を集結し、命をもかけて成し遂げようとする。シンプルにロマンがすぎる。
俺ってなんのために働いてるんだろうな。って思ってしまうくらいに。
プロポーズのところがよかったなぁ。

21/049
ダニー

ダニーの感想・評価

4.1
めちゃ素晴らしい作品。見るべき作品。

テーマがテーマなだけに重苦しくなりそうなもんですが、否、頑張るぞ!という前向きな気持ちになる傑作です。
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.2
黒人3人の女性がとにかくカッコいい。
人種差別、女性軽視が当たり前の時代に
聡明で能力がある3人の女性が自分たちの力で仕事を勝ち取って行くサクセスストーリー。
実話って事で余計にスカッとしました!
あの時代に黒人女性が活躍できるなんて先進的なNASAだからこそなのかなと思った。
アメリカの威信をかけた宇宙開発に黒人だからと言って能力ある人間を目の前にして差別なんて言ってられないんどろうなぁと🙄
そしてボス役のケヴィンコスナーもカッコよかったー☺️❤️
>|