ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

stripe

stripeの感想・評価

4.0
面白かった!!

1960年代のNASAの宇宙開発を支える黒人女性にスポットをあてたお話。

こんなことが現実に起こっていたのかと思わせる絶妙な人種差別具合…笑

黒人解放運動により1964年に人種差別が終わりを迎えてるらしいので、終わる少し前のはなしなんでしょうね。
物語の中でも少しずつ差別がなくなっていきます
だからこそすごく生々しく思えました。

でもそのなかで強くたくましく生きるキャサリン達に心打たれてたし、天才って凄い!と思いました。

内容は決して暗いものではなく、笑いありの心暖たまる映画です。
あぁ自分が今置かれてる立場くらいで嘆いてる場合じゃないなと元気がでる。
人種・女性・・・差別があるなかで、立ち向かっていくというより、耐えながら自分のやるべきこと、志すことを成し遂げる姿が胸を打つ!
それを認めてくれる人がいるというのが救いになるんだなーと思った。
【素晴らしい作品なのに…邦題がクソすぎる】
汚い言葉を使って申し訳ないけれど、本当にこの邦題をつけた配給会社の人たちのセンスがクソすぎる!作品に対する冒涜だよ。そう言えば邦題を一度訂正していたような…?でも、何で「ドリーム」なのよ!
黒人人種差別時期のアメリカ南部。「white」「colored」とトイレもバスも図書館も全てが肌の色で分けられている。しかも、この映画に登場する3人は黒人女性。例え誰よりも数学が出来ても、仕事に対する情熱と向上意識があっても、肌の色と女性というだけで当たり前に差別されてしまう。
彼女たちの力無しではNASAの宇宙計画は実行出来ないのに、「だって黒人じゃない」という白人の平然とした態度に胸くそ悪くなる。でもそんな扱いにも関わらず、背筋を伸ばして前を向く彼女たちの姿は本当に美しい!
かっこいいなぁ〜本当に素敵な女性たちだ。
こういう良質なサクセス・ストーリーのアメリカ映画はすごい久々。90年代のハリウッド映画全盛期時代を思い出して胸が熱くなった。しかも、そこにケビン・コスナーがいるのだから尚更!久々にお見かけした!
「映画って本当にいいものですね〜」と水野氏のセリフを思わず心の中で呟いた。
人種差別の時代から変化が起き始めたとき。苦しさや変化の兆しに心動かされる人々をちょっぴりコミカルに描いた映画。先はなんとなく読めても、エピソード一つ一つに感動する。きっとこの一つ一つのエピソードにはもっと長い間があったのだと思うが、ブラックミュージックにのせてテンポよくまとめてあるのでシリアスになりすぎない。心が前向きになる映画。
emily

emilyの感想・評価

3.8
1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を陰で支えた3人の黒人女性がいた。宇宙特別研究本部の計算係に抜擢されたキャサリンだが、白人だけのオフィスで、ひどく居心地悪く、功績を認めてもらえる訳がなかった。しかし夢を追い続けやがてその実力に周りも認めざるを得なくなっていく。

 1960年代初頭、黒人かつ女性というWの差別にさらされる中で、3人は常にユーモアを忘れず、難題も爽快に解き明かし、重いテーマでありながらも、そこよりも爽快感が見事に引っ張っていく。1キロ近く離れたところにしか白人以外が使えるトイレはない。現場では黒人差別だけでなく、男性の中に女性一人当然目間苦しく変わる数値も教えてはもらえない。しかし今作はそういう辛い現状をさらっと彼女たちの明るさで包み込み、その実力が白人たちにしっかり見せつけられた時の爽快感、本部長が境界線をぶち壊す瞬間涙感動の渦に包まれる。

 彼女たちは決して屈する事なく、自分を信じ夢を追い続ける。大げさな演出はなくとも、常にユーモアを振りまき、観客を笑いと涙の渦に包み込んでくれる。序盤からラストまでとにかく爽快感が続く。そして観客に大きな可能性という未来の希望を残してくれるのだ。そのユーニクかつ優しいタッチタッチが逆にじわりとメッセージ性を残し、前向きな気分にならずにはいられない。
JunT

JunTの感想・評価

4.3
その強さ、いや、強くいなくてはいけなかった姿と彼女たちの美しさに、かっこいいなーと、心を何度となく揺さぶられた。
SatoshiOta

SatoshiOtaの感想・評価

4.3
シリアスなテーマや歴史事実にもかかわらず明るく前向きな気持ちになれる映画でした。
黒人女性トリオがそれぞれGo No Goで一歩踏み出して前例を創り出すドリーミーでグルーヴィな映画。
ケビンコスナーがパンチライン効いてて板ガム中毒マネしたくなった。
mocci

mocciの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良かった。
黒人差別、女性差別に負けずに頑張る黒人女性たちのお話。もうホント格好いい。

前半は差別が酷すぎて泣きそうになったけど、後半女性達の快進撃が続いてスカッとした。
女性がカッコいい映画って好きだなぁ。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

1960年代の、色濃く黒人差別が残っている時代の物語。
NASAという、時代の超最先端の機関でも、圧倒的に差別が残っている。
差別している方は、悪気がなく当たり前のように振舞っているが、
差別されている方は、何倍も敏感に感じている。
「宇宙に行く」という全員の共通の目的のために、
黒人であろうと、白人であろうと、そこにアウトプット以外の差はないはず。
組織、会社も一緒だと思う。常にアウトプットで評価されるようになっているか。
個々の能力が最大限発揮できる環境になっているか。
目的以外のことに捉われて無駄な時間と労力を費やしていないか。
今の当たり前は、たった数年で当たり前じゃなくなる、書きかわる。
その時に、自分の言動に対して胸を張れるか。
みんながやっているか、で流されていないか。
>|