ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

cazfornia

cazforniaの感想・評価

4.5
76(3)
「やはり頼れるのは人間です。」

まず車がぜーんぶヤバい😍😍😍
同じぐらい差別もヤバい🥺🥺🥺
ジャネール・モネイって女優さん初めて見たけど可愛かった。
よき映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

差別をテーマにする映画といえば沢山の血や涙が流れているイメージだけど、3人は女性差別・黒人差別に対し暴力的・感情的には反発しません
色んな葛藤を抑え、ただ自分の仕事に全力で挑み結果をだして、冷静に気丈に振る舞い続けます 800メートル先の黒人用トイレにハイヒールで往復し続けました
自分達の願いや仲間の為にスマートに美しく戦い続けた3人はとてつもなくかっこよかったです
差別の問題に対しどうしても感情的に色んなムーブメントが起こったりするけど3人みたいな精神も大切ですね!
テンポも良いし良いシーンが沢山やし、何より元気になれるのでどんな人にでもオススメできる映画やと思います🙏🏻✨
・人種差別
・女性労働者
・有人宇宙ロケット開発
を同時に描いた構成に脱帽です

更にテンポがよく、鑑賞者を魅了するセリフが随所にちりばめられています

万人うけするノンフィクションヒューマンドラマ映画でしょう
erimugi

erimugiの感想・評価

3.9
60年代、NASAで働いていた黒人女性達の実話。人種、女性の差別がひどい時代、彼女達の地道にがんばる姿に刺激を受けた。あまり派手な演出はなく、意外と淡々としていて、じわじわ感動する系。
ysk

yskの感想・評価

4.2
人種間の分断には気分が滅入ってしまうが、これも歴史の事実。

後半からの爽快感に涙。
これまたヘルプと同じく黒人差別のあった時代、人類が初めて宇宙に行くぐらいの時代に黒人女性3人が活躍する実話。オクタヴィアスペンサー目当てで観ました。

恥ずかしながら宇宙に関してはNASAが世界一と思い込んでたんですけど、当時初めて行ったガガーリンはロシアだったんですね。ロシアに負けていた時代のNASAを一般技術会社みたいな観点で見れて、ルールを変えて成長していくのが面白かった。

部下の不満を聞いて速攻会社のルールを変える本部長(ケビンコスナー)がめちゃくちゃ素敵で、こういう人が上だとやっぱりいいですね。トイレ往復シーンはBGMも変わって面白かった。

新しい技術(コンピュータ)が来たら仕事がなくなる、仕事失いたくないならそれを扱えるようになりましょうってシーンは、現代のAIにも全く同じ状況を強いられていて身に沁みました。

余談ですけどサインコサインタンジェントなんて何に使うの?って人がいたら教えてあげようと思います。
KoRn

KoRnの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スカッとする大逆転劇。

「NASAではみんな同じ色だ!」

チーフの言葉シビれる〜
ハル

ハルの感想・評価

4.4
実話。
こういう話は大好き!!
しかも元気が出る✩
人は何かをしたい時や変える時、自身の努力と人より一歩前へ出る勇気は勿論大事だけど、
それを理解し応援してくれる人との出会いも重要なんだなぁと、つくづく思った。。。
ケネディ大統領時代の米ソ宇宙開発競争の背景や、
米国南部地域の黒人に対する米国の「闇」の部分をしっかり描いている。。。🇺🇸
劇中、
ケビンコスナーの後ろにケネディのポスターや、ケネディの演説を凝視しているシーンには、監督の遊び心を感じた (映画JFKより)。
ビックバンセオリーのジムパーソンズも出演。
シェルドン役のイメージが強いけど、そのシェルドンが大人になってNASAに就職したらこうなってるやろなーって感じで面白かった!!
見事納得の1本決まりました!!
普通に素直に感動した。見えない壁とかガラスの天井とか感じてて悩んでたけど、元気になれました。ケビン・コスナー渋くなったなぁ。。。。。
カトウ

カトウの感想・評価

3.4
人種差別・性差別がテーマだが、周囲の白人たちが割と柔軟なため差別を訴えるとすぐに改善される。実際はこんなあっさりではなく改善までの道程はもっと大変だっただろうけど、あまり掘り下げすぎると重くなるし丁度いい塩梅だった
頑固で物分かりの悪い上司も、活躍を阻止しようと邪魔する同僚も、人種差別主義者の宇宙飛行士もいない、ノンストレスな映画だった。
>|