ドリームの作品情報・感想・評価・動画配信

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

3人の力、それぞれの魅せられる姿に勇気をもらえる。ラストは感動!何年経ってもずっと観たい映画。
marisoooo

marisooooの感想・評価

4.0
仕事で参ってたから観たけど、良かった。本当に女性たちのパワーがすごいわ。理不尽に屈しない強さとスマートさが素晴らしい。まだまだ自分も頑張れる!
黒人で女性である私が当たり前にみんなと同じトイレに行って同じ大学に行けるのは、彼女達のように闘ってくれた勇敢な黒人女性達がいたから。リスペクト!
名シーンだらけ!面白い!
ただ一点気になるのはこういう映画のレビューとして「差別差別って言うだけじゃなくて、コツコツ頑張って、実力で認めさせるのがかっこいい」みたいなのをよく見かけること笑
実はその発言も結局のところ「従順で、攻撃的でなく、優秀なマイノリティの話なら聞いてやってもいい。認めてやってもいい。」ということに繋がるので無意識な差別なんですよ… この映画に出てくる「偏見を持ってるわけじゃないのよ」って発言した白人女性と一緒。差別を訴えることや、正当な評価をもらい同じ人間として扱ってもらうことに、本来は優秀か優秀じゃないかは関係ないから。人並み以上の努力をしないと認めてもらえない、それこそが差別なんです。

そんなわけで人間の差別意識っていうのはもう本当に誰でも持ってるもので一生なくならないし、黒人差別や女性差別はこの映画の時代だけでなく間違いなく今も続く問題。日本でも。だからこそ、ちょっとした差別の芽をみつけて、自分がもし差別してしまったらそれを認めて、少しずついい社会にしていくしかないんだなって感じです。
6

6の感想・評価

4.2
鑑賞日 : 2020.04.27
鑑賞方法 : 動画配信サービス | Amazon Prime Video(映画レンタル)
最高だった。
人種差別をテーマにしている映画で、実話がベースになっている点でもグリーンブックと似てるけど、グリーンブックよりもダントツでこっち。よりいろいろ考えさせられた。

テーマとしては重いんだけど、実力で差別を乗り越えていく様が痛快で、所々コメディ要素もあって、すごく観やすかった!
普通の良い映画で3つくらいあればいいかなっていう名シーンが、観終わってパッと思い付くところで10個くらい浮かぶそんな感じの映画だった。

特に最高なシーンが二つあって、ひとつ目は、ケヴィン・コスナー演じる本部長がバールを持って黒人専用のトイレの看板をぶち壊すシーン。涙腺崩壊した。

ふたつ目は、本部長がプライド高い部下に、「お前の役目は皆を導く天才を見出すことだ」って言うシーン。こちらは痺れた。

BLMの今だからこそ観て欲しい映画。次コンカッションとか観たいなー
真っ直ぐ目標に向かって努力をすれば夢は叶う、という正にアメリカ映画らしいアメリカン・ドリームを描いていて、観ていてスカッとする作品だった。
実話ベースだということと、登場人物に心底意地悪な人や、不幸になった人がいないのも鑑賞後の”のどごし”が良い理由かな。

何せアメリカの60年代、黒人女性の成功物語。それも日常の半径数メートルの幸せを手に入れました的なお話ではなく、宇宙プロジェクトにおける貢献を描いた大成功物語という、大枠を知っただけでも興味津々なストーリー。

NASAの新しい未来を切り開いた3人の女性の話で、メインは天才数学者のキャサリンにフォーカスを当てるけど、誰をメインに持ってきても話映え、画面映えするだろう配役が素晴らしいんだ。
ピンチに陥っても毅然と、そして時にコミカル。感情移入し易いキャラクター造形だから、彼女達の主張が通った時に観客も同じ様にガッツポーズ!
こうなったらももう作品の勝ち。最後までノリノリでいっちゃいますから。

ケビン・コスナーも久し振りに見たけど、「よっ!理想の上司!」
ってハマり具合い。格好良かった。

「ドリーム」は同じくマーキュリー計画を題材に製作された「ライト・スタッフ」とセットで観たい。
ポパイ

ポパイの感想・評価

4.3
何事も自ら道を切り開かねば💪
最高にやる気と元気をもらえた🤤
kanakoooo

kanakooooの感想・評価

4.4
最近観た中で一番知人にオススメしたい作品。

黒人差別が社会の当たり前だった時代に、虐げられる立場に甘んじず、夢と信念を持って道を切り拓く女性たちがもう、唸るくらいカッコいい!!

心のノートにメモっておきたい名言がたくさん。


メインテーマは黒人差別ではなくてあくまでも先駆者になった女性たちのサクセスストーリーだけど、当時のリアルな差別事情も描かれていて色々考えさせられる。
ユウナ

ユウナの感想・評価

3.8
白人女性が「黒人に対して偏見なんてないわよ」って言った後の黒人女性の「そう思い込んでるのは分かってる」っていう言葉がすべてだ わたしもきっとそう
とろろ

とろろの感想・評価

4.1
人種、性別、その他諸々、他人事ではないほどにそれらに対する差別の状況が今よりわかりやすく目に見えていた時代に、感情ではなく論理的にそれらと戦う姿に見ている間ずっと唇を噛みしめていた。
私は彼女らのように強く生きられる自信がないけど、彼女らの生き方にはすごく感銘を受けたし勇気をもらった。
>|