ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

etranger

etrangerの感想・評価

4.8
飛行機内で鑑賞
何気なく見たのに,良作すぎてびっくりした!!
この時代ならではのファッションも素敵!
lpts

lptsの感想・評価

4.5
「ロケットは人に打つより宇宙 飛ばした方が誰も夢中」
SEEDA 【LIVIN'】の歌詞から抜粋

 最近、世界ではロケットが注目されている。しかし、そのロケットに向けられる視線は恐怖と不安で満ちている。決して、この映画にでてくる観衆のような、好奇心と希望に満ちた視線ではない。ロケットは人間の生命を創造するようにつかわれるべきで、人類を壊すためにつかってはいけない。ロケットで人の命を奪うことは、もう二度と繰り返してはならない。そして、世界の人々の視線が北の大地から、宇宙に向くよう願っている。
YokoNakano

YokoNakanoの感想・評価

3.3
聡明な女性の強い生き様。
生きる勇気と希望を教えてくれました。

自分に自信を持って、何事にも挑戦する姿は凜として美しいッ!
SKYSPOT

SKYSPOTの感想・評価

2.0
脚色が過ぎた。
桜

桜の感想・評価

4.0
スカッとする!おすすめ
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
差別という環境下の中でも自信をもって立ち向かう3人がすごいカッコよかった!!
仕事に誇りを持って働く女性って素敵だな

機内で1人ボロボロ泣くくらい感動シーンも多くてよかった💡
飛行機のロングフライトで2回もみちゃった。ガールズビーアンビシャス
kenu

kenuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

爽快なシーンに追って流れてくる音楽は最高!!ストーリーも専門知識がなくても楽しめるため、誰が見ても面白いと思えるはず!何度も見たい映画です。
sobayu

sobayuの感想・評価

5.0
すごく面白かった。題材は重いけど、それを敢えて軽やかに描いてみせたのだな。見終わった後に快哉を叫びつつ、でもなぜか心のどこかが傷付いていた。彼女らのあの働きづらさは自分にも身に覚えがあると思えてしまったから。もちろん苦労は月とすっぽん、わたしはただの怠け者のOLに過ぎないのだけど。

我慢に我慢を重ねたキャサリンが感情を爆発させた時、それでも最後は周りを取り成す言葉で〆る。それが何かもうやりきれなくて堪らなかった。それができる人でなきゃ、いくら天才でもあの時代きっと男社会で働くことができなかったんだろう。

いろんなことがチクチク胸を刺し、思うことはたくさんあるのに上手く言う事ができない。黒人女性たちが皆お洒落で素敵だったこと、対照的に管理職の白人女性は肩の力が抜けたファッションなこと、権力ある白人男性に例外的にピックアップされる幸運、そういう幸運を待つしかない境遇に置かれる不公平。苦しい。

しかしやっぱり勇気を得る素晴らしい映画だった。POIでも格好良くてキュートで最高な刑事を演じていたタラジPヘンソン、この人の多面的な魅力のパワーってなんなのだろう。もっとどんどん色んな彼女が見てみたい。
Keiko

Keikoの感想・評価

4.8
マイベスト映画10には入るほど好き。
1960年代、白人男性ばかりのNASAで重要なブレインとして活躍する黒人女性3人の強く美しくユーモラスな姿が清々しい!

映画全体がリスペクトに溢れていて、
挿入歌のR&Bのセンスも抜群に良く
3人が飛ばし合うジョークもさすがの面白さで脱帽。
実話ならではの深みがある映画でした。

原題の"Hidden Figures"
の"Figures"は3人を指す「人物」
という意味と、数式に出てくる「数」という意味を掛けているんだ!と最後の方に気づくことができた。
このタイトルだからこそ映画の良さが伝わると思うから、できれば日本でも原題のままリリースしてほしかったな。
>|