warderbrothers

ドリームのwarderbrothersのレビュー・感想・評価

ドリーム(2016年製作の映画)
4.2
ー感想ー
“Hidden figures”この原題すごくいいですね。
①隠された数字(数式)
②明るみに出ていない偉大な人物達

この2つの意味がかけられています。
作品中に出てくる3人の偉業は、NASAに貢献しただけでなく、女性差別、黒人差別の解決の道を大きく切り開いたわけです。
とんでもない勇気、とんでもない行動力、まさに偉人ですね。

周りがガヤガヤ言おうと自分の道を切り開いていくしかありませんね。

P.S.『ライトスタッフ』を観ると二倍楽しめるのでそちらも是非見てください。


ー考察ー
「先入観」
先入観は誰しもがもっています。先入観を持つこと自体悪いこととは思いませんし、人間なら当然のことです。
ですが、自分が持つ先入観に疑う余地があるかないかが重要だと思います。
強い先入観は偏見となり、差別へとつながります。
常に疑い続ける姿勢、考え続けること。そうすることで物事を客観視できそうですね。