Katsufumi

ニーゼと光のアトリエのKatsufumiのレビュー・感想・評価

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)
4.0
1940年代ブラジル

心理療法に疑問を抱いた一人の女医。

統合失調症など、表に出せない感情を絵にして描く患者

時代と戦った実在の人物の話。
いつの時代も保守的な考えの人達と切り開こうとする人達。

アート、服、動物、自然に患者寄り添う現代に用いられているセラピーみたいな事が既に1940年代ブラジル🇧🇷で行われてんだなぁ👍


初ブラジル映画🙆‍♂️