こめ

犬ヶ島のこめのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
3.5
一体どんな技術なんだと何度も目を見張りながらウェス・アンダーソン流日本舞台の映画を堪能できた きっちり作者の中で咀嚼されて出てきた日本のイメージはなんだかかっこいい ブライアン・クランストンの渋い声とスカヨハの犬がなんかかわいい。ストーリーは特に特筆することない、都合がよいが、視覚で楽しむ映画
ちょっと恋愛観が古臭く感じたけどもしかしてそれを含めて(皮肉って?)日本を表してるとしたら、そこに住んでるモノとしてはなんて恥ずかしいんだと思った (もしストーリーにもその意図があったら..いややめよう