はや波

Ryuichi Sakamoto: CODAのはや波のレビュー・感想・評価

Ryuichi Sakamoto: CODA(2017年製作の映画)
4.9
大震災による津波で調律が狂ってしまったピアノ。
楽器の音とは人間から見れば自然、自然から見ればとても不自然なものである。
調律が狂うのは自然の物質達が元の状態に戻ろうとするからだ。
津波によって一瞬で元の状態、(人間にとって狂った状態)に戻されたそのピアノの音色は不思議と心地よく感じられた。

それにしても「glacier」の水の音が南極の氷が溶ける音だなんて知らなかったなぁ。「I'm fishing sound.」カッコよすぎる
音と出会うためならどんな地へも足を運ぶ。そこで新しい音を見つけた時の彼の笑顔はまるで少年の様で僕は何かとても幸せな気持ちになりました。