Ryuichi Sakamoto: CODAの作品情報・感想・評価

Ryuichi Sakamoto: CODA2017年製作の映画)

上映日:2017年11月04日

製作国:

上映時間:102分

4.0

あらすじ

世界的音楽家 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えた、初の劇場版ドキュメンタリー映画。2012年から5年の長期間に渡る、本人への密着取材によって実現。さらに充実したアーカイブ素材と、初公開のプライベート映像、坂本自身が語る貴重な過去のエピソードも映画を彩る。

「Ryuichi Sakamoto: CODA」に投稿された感想・評価

はや波

はや波の感想・評価

4.9
大震災による津波で調律が狂ってしまったピアノ。
楽器の音とは人間から見れば自然、自然から見ればとても不自然な状態である。
調律が狂うのは自然の物質達が元の状態に戻ろうとするからだ。
津波によって一瞬で元の状態、(人間にとって狂った状態)に戻されたそのピアノの音色はとても心地よく感じられた。


それにしても「glacier」の水の音が南極の氷が溶ける音だなんて知らなかったなぁ。「I'm fishing sound.」カッコよすぎる
音と出会うためならどんな地へも足を運ぶ。そこで新しい音を見つけた時の彼の笑顔はまるで少年の様で、、、何だかとても幸せな気持ちになりました。
Uttie

Uttieの感想・評価

3.9
ドキュメンタリーというより、静かに坂本を観察しているような視点が良かった。坂本龍一のスタジオは、美術家のアトリエのようにも見える。

このレビューはネタバレを含みます

○本作は津波ピアノで始まる。東日本大震災の被災地で披露する「戦メリ」で観客をどっと惹きつける。

○その後は、闘病生活からの脱出を描く現代と、「戦メリ」辺りからの映画音楽の仕事を時系列で追っていく。

○「戦メリ」「ラストエンペラー」「シェルタリング・スカイ」「レヴェナント」と各映画での監督等とのエピソードが聞けるのはうれしいところ。個人的には、どこがどう良いのか、具体的には「シェルタリング・スカイ」でイントロの書き直しを監督から命じられ30分で修正したイントロが良かった話があったが、具体的にどう良かったのかを修正前の音楽と比べてコメントしてもらうなどできれば素人目にはありがたかったかな。

○にしても何気なく聞いている映画音楽が作られている過程を少しでも感じることができるのは嬉しい。60超えた坂本龍一が良い音にめぐり逢った時に見せる少年のような無邪気な笑顔を見ると、映画を見る際に音楽にもより注目しようと思う。

電子音?テクノっぽいのとか、環境系、アンビエント、そしてバッハ!!!!
音が気持ちが良い映画でした。静謐なドキュメンタリー!!!!

雨の音とかにまで喜びを見出し始めたら、いよいよヤバいんだな、、、と自戒も込めて見た。

とはいえ、とはいえ!津波の後のピアノの調律が自然でどうこうのくだりは、なんともいえませんでした。芸術家はそうなんだなぁと。

とはいえ、坂本龍一がコラール!!!
これはたしかに感慨深い映像でした。
死ぬ前になるとベートーヴェンもモーツァルトもバッハみたいな曲を書くようになるという話を、以前していたのは坂本龍一だったと記憶している、、、。
すず

すずの感想・評価

2.0
「音」を楽しむ坂本龍一

🍂🎵❄🎵☔🎵🍂🎵❄🎵☔🎵🍂🎵❄🎵☔🎵🍂🎵❄🎵
坂本龍一に5年間密着して見えてきたもの。それは音楽と言うよりも「音」が好きなのがよく分かる。「音」への探求。


ポスターの青いバケツを被った人。あれ坂本龍一です(笑)何をしているか映画を観ればわかります(^^)

坂本龍一の音楽には何か1つ自然の音を取り入れるように、新しい音を求め続けている。

森の中、南極、身近なもの。
いつでもどこでも何かを叩いてみたり弦で弾いてみたり。

この音良いな♪スタジオでこの音すごくマッチする♪と楽しそうな坂本龍一が印象的。

ピアノの調律が自然に抗う行為、すなわち不自然な音だというのは考えたこともなかった。

オープニングの「戦場のメリークリスマス」が私にはピークだったけど、彼の作る映画音楽には引き込まれた。

[ラストエンペラー]
[レヴェナント: 蘇えりし者]

音楽にも注目して観なきゃ•*¨*•.¸¸♪
ひたすら最高だった
映画館で観れて本当に良かったと思う
家で観るときは、是非ともヘッドホンをつけて観ていただきたい。
memo

memoの感想・評価

3.4
この人は自分の曲を聴いているときなんて顔をするんだ、と思った その表情を忘れられない
あ

あの感想・評価

4.0
芸術家でもありエンターテイナーでもある存在に憧れる。いい音に嬉しそうな表情も影響力ある人間としてなにか発信しようとする表情もどちらも見れてよかった。後半寝てしまったけど、寝れる音楽はいい音楽である証拠です…
佑依

佑依の感想・評価

4.0
音楽とは、観念で聴くものだと思っていた。
歌詞が良いとか、気分が上がるとか、共感する、とか。
しかし音楽界の巨匠が、バケツを被り、雨の音を聴く。
森の中を歩き、地面に転がる缶を蹴り、落ち葉を踏み、時には厚い氷の下のせせらぎの音を集めていた。
それは人類が音楽を生み出した起点へ還る様な行為で、「音」を「楽」しむ事の根源に見えた。
それ等音の集合体に観念を肉付けしていき、楽曲が完成する。
そのドラマチックな行程が、映画となった。

最も印象に残ったのは、『オッペンハイマーのアリア』。

氏の存在は、日本の尊い財産の一つですね。
長生きしてください。
kamijyo

kamijyoの感想・評価

4.5
天才と呼ばれる人の日常
音と真正面から向き合い
心から音づくりを楽しむ姿が映されている
いい音ができたときの
子どものような笑顔が印象的
こんな顔もするんだ
と知れて、少し嬉しくなった
ポスターになってるシーンが特に好き
暮らしやファッションがシンプルで
でも洗練されていて、素敵
>|