sw

空飛ぶタイヤのswのレビュー・感想・評価

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)
3.5
池井戸潤作品、初の映画化ということで期待しておりました。
久しぶりに試写会当たって行ってきました。

疲れていたのもあってか、なんだかテンポが悪い。
大企業の陰謀とそれに立ち向かう中小企業、その他数名。
打開策を見つけては邪魔が入る、それの繰り返し。
やはり、ドラマで丁寧に描くのが池井戸作品には合ってるのかも。

個人的MVPは、長瀬智也、ディーンフジオカ、高橋一生、それぞれにコンタクトを取るジャーナリスト役の小池栄子。

それにしても、三人デカデカとポスター写ってるのに、一生様は二人と全く絡まないことにびっくり。