空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.6
政治的というかトップダウンな社会といか、すごい大きな組織な作りを見た。面白かった。
ik

ikの感想・評価

3.2
社会派映画の王道。小説版よりかなり簡略化されているがそれなりに楽しめると思う。
MURANO

MURANOの感想・評価

3.8
台湾公開初週に台北で鑑賞。痛快娯楽作ゆえに、時間潰しに最適でした。

池井戸潤作品は小説もドラマも熱心に追いかけてきたわけではないですが、「小」が「大」を食う構図の爽快感は鉄板ですね。

長瀬智也の「中小企業ナメんな!」という叫びは名台詞だと思います。

登場人物も場面展開も多いし、やっぱり連ドラや長編小説の方が合ってるかなとも感じたが、スピーディにテンポ良く要所を抑えた立ち回りだからこそ、ひたすら飽きずに楽しめた側面も。

気軽に、でも熱い男気を感じ得る一本です。

(あと、中文繁体字で流れる字幕をちょこちょこ見てると、それも新鮮で楽しかった。)
孤独死

孤独死の感想・評価

3.5
どんな内容か全く予習せず観たけど、これ実際にあった事件なんだね……
なかなか渋い作品でした
【低懐疑】


矢鱈とスクリーンの左右に人物を配置し、それを真横から捉えたい様である。

背の低い浅利陽介の詰問に、高身長の長瀬智也が頭を下げる - 決まりの悪さが滲む葬祭時の横並びは別として、それ以外は総じて効果・画的求心力共に低い。



役者の顔面偏重と講話主義。各人物登場時は肩書き/役名が添付される御丁寧さ。笹野高史はじめとする「過説明要員」は逐一状況説明を差し挿む等、観賞者に対する理解支援は 顧客フォローを蔑ろにする劇中企業とは異なり 手取り足取り完全介護型である。

その弊害に依り 各事象、副次要素等は(本来もっと様々なものを発露したであろう)懐疑的事項の極めて低いものとなっている。


準拠従属に異を唱える主題を謳っておきながら、 作品自らが話法 及び 作品構成次元でそれを裏切っている。




《劇場観賞》
にわか

にわかの感想・評価

3.8
自分の信念に従って進む男たちの思いのすれ違いが熱かったです、長瀬くんかっけえ
Muccho

Mucchoの感想・評価

3.6
予備知識なしで鑑賞。
面白かったです。
池井戸さんの作品はドラマ「半沢直樹」しか観たことがなく、小説も読んでいません。

半沢直樹と似てるな〜と思ったのは、悪者が明確に存在して、終盤まで主人公たちが追い詰められストレスを非常に感じる、そして終盤以降の悪者成敗的な流れで一気に爽快感があったところ。
そのような流れが序盤から感じられたため、安心感?をもち鑑賞していました。

あとは実際の事件をモデルにしているためリアルな場面が多くあった印象です。
実際には映画ほど上手くはいかないかもしれないが、不正を許さない心は社会人として必要だと改めて思いました。
ヤマー7

ヤマー7の感想・評価

4.0
池井戸さんの作品は、(財閥系)大企業って嫌なやつだよねーっていう一方で、そんな企業の中にもディーンや高橋一生みたいな男気あるやつもいるんや!っていうバランスの取り方がうまい。
メーカー勤務としては、なかなかリアルな描写で驚いた。工場の皆を思い出す。
こと

ことの感想・評価

3.7

池井戸さん好きの父と観賞
父親と映画館は人生初でした。
いい記念になりました。
貸し切り状態
どうしてもドラマと比べてしまいますが
やはり短い時間では
以下、
ドラマで感じることのできた
ドラマの中村とおる夫妻の
夫妻としての事件との闘い、 夫妻の絆
社員との強い繋がり、、
被害者家族との間に漂う空気
等々
目に見えない
情緒的 哀愁に浸れる感覚を
映画では
深くは
描かれておらず
( 時間の関係ですね。)

池井戸作品は
勧善懲悪が
痛快 爽快なので
その情緒的なものが
浅いと
見ているものも
クライマックスへ向かう
高揚感が浅くなるんだなぁと
両方みたから
そんな風に感じました。

でも
映画だけの観賞でも
評価は良いですね!

映画は
フジオカさんと長瀬くん
カッコいい二人は
絵になりますね!

長瀬くんのぴったり横分け
すきだな(笑)

ドラマのスコアは5です。
>|