空飛ぶタイヤの作品情報・感想・評価

空飛ぶタイヤ2018年製作の映画)

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大…

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。 それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか――。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!!!

「空飛ぶタイヤ」に投稿された感想・評価

chira

chiraの感想・評価

3.0
原作を読み、WOWOWドラマを観てからの映画鑑賞でした。
やはり、映画の時間内にでまとめるのは難しかったかなという印象。
ただし、原作もドラマ版も見ないで、映画だけ見ると楽しめると思います。
ディーンさんかっこいい、長瀬くんそれ以上にかっこいい
中小企業なめんな
happy0403

happy0403の感想・評価

3.9
メガネをかけている人とかけていない人。
そんな彼らの共通点は?

小説の映像化ならではの演出の工夫が良かったです。

オススメです。
ami

amiの感想・評価

3.6
ひとりの人間が亡くなり、ひとつの会社が倒産の危機に陥るほどの事件にも関わらず新聞の端に数行の記事が載っただけ。冒頭のそのカットが心臓を締め付けて、終盤の長瀬くんの事故現場でのひと言が、またあの小さな記事を想起させてとても良かった。
hshuto

hshutoの感想・評価

3.8
池井戸作品好きには外せない。期待以上でも無く、期待以下でもない。つまり期待通りに展開してくれる。個人的にはWOWOW 版の仲村トオルの方が好きだが、長瀬も好演だったと思う。
たくま

たくまの感想・評価

3.5
面白かった、デーンにカズオにムロが、熱い俳優がたくさん出ててとても見てて楽しいと思います、栄子も素敵です。
池井戸ムービー面白いんだけど、映画にすると詰め込んだ感がとてもあるので、やはり、日曜ドラマでみたいな。
しおり

しおりの感想・評価

3.7
日本の中小企業の現実とか、社会構造の現実とか突きつけられた感じがあってちょっと胸が痛む場面もあったけど、
でも高橋一生とか中村蒼とかいいキャラの人がいっぱいいてニヤニヤしてしまった。
長瀬くんは終始カッコよかった〜。あんな社長がよい。そして、あんな深キョンみたいな妻が欲しい。
eee

eeeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の「いい天気ですね」が重い。
深田さんが演じた母が強い。直接映像にはされてなかったけど、一件一件、クラスメイトの子供と親の顔を見て話をするって、相当メンタルやられるはず。かっこいい親子だと思う。子供もがんばった。

このレビューはネタバレを含みます

<ザックリ評価>
幸運にも大企業に牙を剥いて生き残った中小企業の物語。

<魅力>
・教養
・二転三転するシナリオ

<不満>
・特になし

<詳しい感想>
「リコール隠し」ついて、これほどお手軽に知識が身につくコンテンツは他にあるのだろうか?テーマは「大企業の闇」と物々しいが、端的に言えば取締役から末端社員に至るまでの、己の生活を守るための保身的行動。当然それは主人公にも言えるが、大企業の方が資本主義的に圧倒的優位な立場であることと、保身に走る頭数の絶対数の差により、中小企業には論理的に勝ち目は無いと一般的にはイメージされるものの、本作では、大企業側にほんの僅かでもモラルを優先に動く、いわゆる組織にとっての「不穏分子」が存在すれば、案外脆いという現実が明らかになる。尤も、内部告発する当事者としては、組織の存亡を優先に考えての行動という理屈も成り立つが、やり方としてはトドメを刺すのも辞さないレベルの荒療治と言えるだろう。

逆に言えば、そういう獅子身中の虫が居なければ、中小企業には手も足も出ない現実も突きつけられる。1億円をチラつかされた時の社長の決断は、おそらく作中最高のクライマックスだと思うし、その判断の是非は極めて意見の分かれるところだろう。まあ、そんな感じで良く出来たストーリーだと思った。演出は月並みだったけど。社長はトップとして、金髪のニーチャンは従業員として、現実に存在するのか?ってぐらい理想的だった。
まこと

まことの感想・評価

3.9
劣勢の展開が冒頭からほとんど続くうえになかなか浮上のきっかけが掴めないので、正直気が重たくなるし休日に観たとしてもどこかしんどさを感じてしまう映画

でも溜飲を下げる終盤はそのどんよりとした空気を一掃してくれる

見えないところは怖く、見えてるところはアツく
>|