7

孤狼の血の7のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
5.0
「警察じゃけえ何をしてもええんじゃ」

きっと今年で1番熱い邦画。
韓国ヤクザばっかりで日本ヤクザはあんまり見てこなかった事に気付いた。

役所広司、松坂桃李、江口洋介などなど役者の熱量がすごくて見応えあるんですが、特に光ってたのが中村倫也!

ヤク中の下っ端役でたくさん出番がある訳じゃないのにそれぞれのシーンで1番光ってるの、最高すぎるでしょう。
登場から最後の電話ボックスまでずっとかっこいい。
特にぎゃってなったのは、江口洋介のタバコに火つけるところ。この2人のカット一生もんやで。

えげつない場面の多さは韓国ノワールっぽくもあり、でも昔の東映作品も見返したくなるきっかけの一つになって、改めて邦画の良さを実感した傑作でした!