チィ

孤狼の血のチィのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.9
止まらない汗と暑苦しい髭、「あっちぃ〜〜なばかやろ〜〜」と文句たれながらボッコボッコ人を殴り、悪い顔しながらまあまあとおさめつつ捜査をする姿がこんなに似合う俳優は役所広司だけではないか。むっっさと思いながらも、普段は離れたくてしょうがない横柄さも、観終わった後には劇場との別れが惜しくて。ガミさんのためにハイライト買いにいくらでもパシられるっす!!ガミさん!ガミさん!
そして振り回される日岡も空手有段者という必殺技を隠し持ち、彼の目の光がなくなった瞬間がいちばんの恐怖で震える。松坂桃李の普段家でゴロゴロしながらデュエルする日常と、スイッチが完全に切り替わる瞬間が本当に役者として恐ろしい!

東映映画を古く懐かしいものとして扱うのではなく、白石監督流の現代への紡ぎ方が絶妙で。ハードボイルドな邦画は苦手だけどぐえってたまに目瞑るけど永遠に続いて欲しい。