ヤツヅカ

孤狼の血のヤツヅカのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.3
今までオーソドックスな任侠映画を見たことないし、アウトレイジと本監督の日本で一番悪い奴らぐらいしか見たことないんだけど、これまでに見た数少ないヤクザ映画の中では一番良かった。先日見た「ラッカは静かに虐殺されている」ではドラマでなくISによって無惨にも殺された人間の本物の生首が映されていたが、孤狼の血の方が何故か生々しく痛々しかった(おかしなことを言ってるのは分かってる)。映画やドキュメンタリーってなんなんだろう?と思ってしまったね。あとは松坂桃李。湯を沸かすほどの熱い愛では普通の青年の役だったが、何故かあのとき、この人の目が怖い。と思ったのを思い出した。今回の映画で松坂桃李が覚醒したときの表情には完全にヤラれた。カッコ良すぎた。