KaWaKeN

勝手にふるえてろのKaWaKeNのレビュー・感想・評価

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
3.7
うまく説明できないけど、松岡茉優も渡辺大知も「映画の演技」をしていて、それがすっごい上手でした。
非常にキャラの立つ主人公ということもあって、そこに観客の想いを滑り込ませることは難しそうに思われました。
しかし、映される対象が一貫して主人公の目に届く範囲の出来事なので、等身大の視点が共有され、上手くこの課題をクリアしているようです。観客と主人公の同化まではいかなくても、少なくとも起こった出来事が主人公にどう影響しているか理屈付けることが出来ます。
おかげでヨシカの感情の起伏は痛いほど伝わってきました。
唐突なミュージカル演出などは実験的な試みでしたが、これが編集のテンポの良さとと相まって、よりポップな印象を作り出していました。
個人的には原作読んでみたいと思わせる映画は勝ちなので、この映画は勝ちです。