勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

松岡茉優がマジ神。

繊細でわかりやすい素晴らしい演出もいろいろウマくて◎
だいち

だいちの感想・評価

3.5
絶滅危惧種、ヒト科ヒト目ヨシカ!

松岡茉優見たさに鑑賞。
愛くるしい空想の世界と、割と現実味のある視野を持つヨシカのキャラクターがいいな。奥多摩のシーンは、かわいくて笑って映画の途中なのに、リピートして観てしまった!

現代を生きる人の等身大の恋愛なのかもしれません。
なんでそこそうなるんだろうとか(^_^;)))
二のキャラクターがイマイチ好きになれず、感情移入できないとこも多かったなぁ。。

ゆったり観るにはいいですね☺
YutoTanaka

YutoTanakaの感想・評価

4.1
アクション映画でもないのに、2時間食い入るように観てしまいました。主人公の感情の揺らぎがダイレクトに伝わってきて、こっちまで苦しくなってくる。ひとえに松岡茉優さんの演技力によるところなんだと思います。

随所に散りばめられたメタファーを読み解きながら観るも良し、感情に任せたまま観るもよし。色んな観方ができる映画だなと。

このレビューはネタバレを含みます

映画史に残るラストシーンだと思います。あの原作からよくこの映画を作りあげたと思います。イキナリのミュージカル転換も素敵。
まや

まやの感想・評価

3.3
原作を読んでから鑑賞。
松岡茉優がすごいハマってた!!

原作を生かしつつの、映画ならではの演出も良かった。
主人公独特すぎて笑えるけど愛らしいし、主題歌もよかった!
あーーーーーーーーー!!!!!!!
松岡茉優さん好きだーーーーーー!!

失礼。

いや、でも好き。

これDVD買っとく勢い。


中身はあれだ
わかり手が過ぎて怖いわ。

主人公の脳内とほぼ同じ構造な私。


だけどもだ、あのラストはやだ。
キモい。


あと脇を固める俳優が豪華だったなー。



あーーーーーーーーー!!!!!!!
松岡茉優さん好きだーーーーーー!!


『二』キモいーーーー!ムリーー!!
運命なんてハナから決まってんだから勝手にふるえてろ

好きな雰囲気+松岡茉優
よきまる。
原作も読みたくなってきた
蹴りたい背中の人だし
ヒロインとレビューの高さに惹かれて観てみた。原作も読んだことがあったので、ストーリーの想像はついていたが、主人公のイタい感じは、自分にも照らし合わせて、目をそむけたくなるような感じ。二の人間ってそんなものだろというセリフに救われた。
松岡茉優の記念すべき初主演ですね

満を持しての初主演か
この若さで貫禄さえ感じる
この作品を見る前に『万引家族』の堂々とした芝居を見ているからか
この原作の世界観を監督の創意工夫と共に
脳内恋愛という表現の難しさをしっかりと
表現していた アンモナイトを登場させ
台詞で語らせるのでなく 唄わせる手法が
説明的でなく 滑稽だけど すんなりと心情を受け止めている私がいた
頭でっかちで 経験の乏しさから なかなか
行動に移せない ジレンマ 脳内なら幾らでも会話できる この脳内妄想は 夜眠りに着くまでのパラダイスなのは 経験済み
故に 現実の厳しさを味わう下りでは 彼女の絶望感がより身に沁みて辛かった
明るくもあり 情けなくもあり 愛しくもある 松岡茉優 あっぱれである

他の方の感想にもあった 実は私も 『視野見』がツボ 百年前に私が学生だった頃 似たような経験をしていた 同じ痛い思いが幾つか重なるそのお陰で懐かしい記憶を呼び覚まされたのは言うまでもない
コミカルな演出とは裏腹に
妙な現実味と孤独さが
際立って感じた。
西野カナに見てほしい。
>|