勝手にふるえてろの作品情報・感想・評価

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿された感想・評価

ふるえた。

これは、完全に松岡茉優のための映画。

松岡茉優じゃなきゃ出来上がらなかったであろうし、松岡茉優以外この役考えられないし、松岡茉優可愛いし、松岡茉優素晴らしいし。


前半は 少しギャグが寒く感じたが、
後半は 声が出るか出ないか際ど目な ジワジワ系の笑いが多かった。
となりの席の人は 爆笑していた。



いるわぁ、こんな人。
うまいなぁ。
松岡茉優、ほんとハマり役。

で、こいつウザいわぁって思ってたら、いきなり大画面に映るあの可愛い顔。
ずるいわぁ。


結果、色々楽しかったし、面白かった。
C

Cの感想・評価

3.5
松岡茉優も凄いけど黒猫チェルシー渡辺大知くんも凄かった。いい役者になったな大知くん、、、!
名前は呼ばれたいよねぇ。
regency

regencyの感想・評価

2.0
オンデマンド試写で鑑賞。
恋愛成就のために周囲を顧みず猪突猛進に進むヒロイン。こうしたジャンルの作品は、ベクトルを間違えると主人公に感情移入できず、終始作品にノレなくなってしまいがち。
そういう意味で本作のヨシカは、行動は突飛なものの可愛げを残しているため、不快さは感じない。
目的のためにヒロインが行き着く先は…という展開も類型的といえるものの、後半以降でのヨシカの暴れ度合は観ていて楽しい。

ただ、登場人物の大半が感情をむき出しにする者と感情が読めない者とに極端に分かれ過ぎてて記号的というか…そういう点が良くも悪くも今の邦画を象徴している。
舞台挨拶付きの回を観に行きました。
松岡茉優ちゃんは、あまちゃんの時から気になっていて、この映画はだいぶ前から目をつけてました。
この映画を観てから、この映画のシーンが頭の中でぐるぐるしてます。もう一回観に行きたい。
黒猫チェルシーのボーカルである渡辺大知さんが歌っている、今作の主題歌「ベイビーユー」もすんごく映画の世界観に合っていて、エンディングに流れているのを聴くとジーンと感動します。
ちょこ

ちょこの感想・評価

3.7
茉優ちゃんの魅力がたくさんあふれてる作品
力強くどこか切ない歌唱シーンが素敵!
綿矢りささんの同名小説を大九明子監督が映画化した本作では、意外にも映画初主演の松岡茉優さんのキュートさを中心にその魅力が溢れている。
この作品は一人の女性が二人の男性と繰り広げるラブコメディではあるが、今流行りのキラキラしているような青春恋愛物とは一味も二味も違う。
今まで恋愛経験も無いヒロインの江藤良香(ヨシカ)はエキセントリックで、脳内で恋愛するような“中二病”に罹患したまま大人になってしまった女の子。
そんな彼女が中学時代から一途に思い続けているのがクールな同級生「イチ」なのだが、映画ではそんな初恋相手との思い出が甘酸っぱく描かれていく。
そんなある日、OLとなった彼女は同期の暑苦しい「二」に告白される。
ここから彼女の脳内彼氏とリアル彼氏という不思議な三角関係がコミカルに、ある意味、演劇仕立てで繰り広げられていく。
アンモナイトをはじめ古代の絶滅した動物を愛するヨシカは自分の殻に籠る不思議ちゃんのような女の子だが、私も学生時代にヨシカ的な部分を多く抱えて日々過ごしていた思い出がある。
思うに人は表面的には微塵も感じられないが、ヨシカ的な部分を心の何処かに持っているような気がする。
いきなりモテ期に突入して暴走し始めたヨシカだが、あるピークのポイントで失速して、夢から覚めたようにリアルな現実に彼女は直面していく。
この一連のシークエンスは切なくて心の琴線に触れる。
はたして妄想交じりの彼女の恋愛劇は何処に“着地”するのか?
映画では寛容さや温もりを持って彼女の恋の結末を描く。
本作は、一人の女性の恋愛における人としての成長をユーモアと優しさを交えて描いた映画だと思う。
ぽてち

ぽてちの感想・評価

4.0
試写会にて。
松岡茉優目当てで観に行ったけれど、今の年齢で観れてよかった!
20代の女性には突き刺さるシーンがたくさんある気がする。
処女というステータスがなくなったら自分に何も価値がなくなるような気がしたり、思ってることは山ほどあるのに世界に出すのが怖くて何も言わなかったり…。
将来の自分の姿を見ている気分でした。
そしてニが絶妙にいい!絶妙にウザったく、絶妙にイイヤツ!
試写会にて鑑賞。松岡茉優ちゃん、カワイイ!!
笑って、泣けて、満足のいく2時間でした!
参りました!m(_ _)m 期待していなかったのですが、かなり面白かったです。映画終了後の監督さんの話も作品の裏話を聞くことか出来てよかったです。
12月4日試写会 
松岡茉優のファンではありませんでしたが、この作品を観て変わりました。演技力が凄い!! 今まで主演映画がなかったのが不思議なくらい。
過去の出演作品も見直してみます!
>|