きゃしー

ラプラスの魔女のきゃしーのレビュー・感想・評価

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)
2.5
円華をはじめとする脇役の演技力で成立しているような印象。

想像力で補えることが口に出され、説明がほしい場面では言葉が足りない。
重要なエッセンスであるはずの超常現象には神秘性が感じられないし、一つ一つの演出が独立しているようでストーリーに馴染んでいない。

映画としての良さが殆ど挙げられない。
ただ、エンタメとしてつまらないわけではなく、ドラマをスクリーンで観ている感覚でいけばそれなりに楽しめる。