ラプラスの魔女の作品情報・感想・評価

ラプラスの魔女2018年製作の映画)

上映日:2018年05月04日

製作国:

上映時間:116分

あらすじ

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その…

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。 もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

「ラプラスの魔女」に投稿された感想・評価

みお

みおの感想・評価

2.0
檀れいシーンの三池色と最後の豊悦シーンのカメラワークしか覚えてない。
TomTom

TomTomの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作、出だしの数ページ読み、あとは映画を観てみようと思った。
予告から気になりキャストも豪華な方ばかり(正直櫻井翔くん目当て)、ようやく鑑賞できました。引き込まれる場面もいくつもありました。竜巻のシーンもハラハラしたし、月虹もキレイでしたね。
あえて言うなら、もう少し内容を深くして欲しかった。青江教授が何故依頼されたのか、(原作にあるか分かりませんが)「あり得ません」を証明する実験なり検証なりを見せて欲しかったり。教授と中岡刑事との絡みももう少し欲しかったし、謙人が水城千佐都をどうやって事件に関わらせたのかなど、あげると止まらなくなるのでこの辺で。また櫻井くんがおじさん感があると言われてますが「青江教授をカッコよくはしたくない」とパンフレットに記載されてるのであえてそうさせられてると納得。主人公に持って来るなら逆に目立つカッコよい教授にしても良かったのでは‼️と思いました。
一度目の鑑賞で❓と思う部分を解決したい!ので、原作読んでまた観てみようと思ってます。
東野圭吾の作品は毎回面白いから今回もそれで観に行ったんやけど・・・個人的にはうーんって感じ(^_^;)みなさんのレビューとか購入したパンフレットを読みながらストーリー整理します(^_^;)それによって評価変わるかも(^_^;)
new

newの感想・評価

3.0
硫黄化水素中毒での不審な死亡事件が2件立て続けに起こる。これを解決するため警察は地球科学の専門家青江に協力を依頼する。
2つの事件の現場で青江は不思議な少女に出会う。彼女はある男を追っているという。

やはり三池クオリティか。
題材は悪くないと思うのだが…
いまいち見せ方が良くない気がする。思ったよりも推理サスペンス要素は薄くて、どちらかと言うともはやファンタジーに近いか。 
多くの方が言っているように、主人公青江の存在意義は薄く、事件に巻き込まれた一般人の域を出ない。青江の言動が事件解決に役立つこともなく、役に立った場面といえば車の運転のみ。
原作がどうなのかは知らないが、ここまでキャラクター性の薄い主人公は逆に珍しい。
kozue

kozueの感想・評価

2.7
これはミステリーなのか?という内容で、展開におもしろさが感じられなかった。あとは主人公の魅力が薄い。
かおる

かおるの感想・評価

3.0
知りたい未来と知りたくない未来がある。

未来を予知できるとしたら知りたい?
MaiKoyama

MaiKoyamaの感想・評価

3.7
原作好きなのと、福士蒼汰好きで観た!
話の展開を知ってたのですごく落ち着いて観てたけど、最後、甘粕才生が喋ってるとこのカメラワークが急に不思議な感じになったのが気になった。
fadedがとても雰囲気あっててよかった!
UT

UTの感想・評価

2.8
極々平凡な東野作品だった。東野圭吾×三池崇史だし、事前告知が中々大きかったので期待していたが、観てみると広瀬すずかわいい〜しか出てこない。
なかなかの豪華メンツなのに各役が中途半端というか、キャラを出しきれていない。
化学を知ってると楽しめるのかと思いつつも後半はなんで?が描かれないから過程仮説なしに現象が起きてるような。 しっくりこないうん。
あ~もっと面白いと思ったのに、豪華キャストが勿体無い…😭
この映画のチラシは随分早くから出ていて『愛してたって、秘密はある。』で福士蒼汰くんのスーツ姿に改めてほよよ~んとなった頃で、絶対見ようと決めていた

最後の豊川悦司と蒼汰くん父子の対決、あれから8年も経っていたのね。
どこでどう暮らしていたのか蒼汰くん、すずちゃん学校は?
喋りがずっと続いて 。。眠ぃ

殺人が起こった雪深い温泉と古い宿は鄙びた感じでよかった。どこでロケしたのかなぁ、行ってみたい!
理数系の人なら絶対楽しめる映画
特に物理好きなら

そうでないならよくわからないと思う
>|